« 粉瘤 | トップページ | 「大人の休日」道南撮影記(1) »

2010/07/11

安物の眼鏡、その2

2010年7月11日

先日中近の安物の眼鏡を買いましたが、外をあること気にかけている遠近の眼鏡も、最近度が合わなくなってきました。そこでこちらもまた、安物を作ることにしました。ただ安物と言ってもレンズはピンキリで、小生の遠近のような両面非球面は、レンズだけでも5万円近くします。当然レンズも安くすれば色々あるのですが、両面非球面は視界の隅で物を見ながら顔を動かしても像がぶれず、「めまい」が持病の小生は手放せなくなっています。色々考えて、高いレンズを使って効果がある間は、高いレンズを買うことにしました。緑内障など他の病気で目が悪くなったら高いレンズを使っても効果はなく、また俗に「遠近」と呼ばれる累進焦点のレンズも、老眼の進み具合からそろそろ限界に近づいているからです。ちなみにもう少し老眼の度が進むと昔あった「境目のある」遠近両用眼鏡になるようです。以前うちの会社の元常務がこの境目のある眼鏡をかけられていて、不思議に思ったことがあったのですが、なぞが解けました。10071101a


さて今度の眼鏡ですが、最近の流行に逆らって、少し大きめにしました。そして、全体に枠があるものにしました。これは見かけより実用を優先させたもので、特に最近カメラのファインダーを覗くことが多くあちこちぶつけることが増え、また夏になると眼鏡の上からオーバーグラスをかけるようになったからです。フレームレスや上だけフレームはどうしても無理な力に弱く、今回は強度優先ですね。フレームは5千円、レンズが5万円という、アンバランスな眼鏡です。

さて大きめの眼鏡は有効視界が広く良いのですが、近くを見るときには広い分だけ視線の移動量が多いことに気がつきました。なかなかうまくいかないものです。

« 粉瘤 | トップページ | 「大人の休日」道南撮影記(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安物の眼鏡、その2:

« 粉瘤 | トップページ | 「大人の休日」道南撮影記(1) »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ