« 「大人の休日」道南撮影記(3) | トップページ | ポメラ »

2010/07/24

[大人の休日」道南撮影記(4)

2010年6月27日(日)

ふと目が醒める。真っ暗だ。時計を見ると、3時半。普通だとまた一眠りするのだが、今日は4時半出発なので、起きる。4時に目覚ましをかけておいたが、「早い」という緊張感で、早めに起きてしまったようだ。車の中で食べる予定だった朝食のサンドイッチを、食べる。しかしあまりにも早いので、ワーファリンは止めておく。ワーファリンは途中でビスケットでも食べて、飲もう。水は新しいものを買ってある。Img_14021a


4時20分にロビーに降りチェックアウトをすませる。置いてある新聞を見たら、「道内猛暑」の大見出し。昨日は相当暑かったようだ。すぐにAが来た。今日は全員帰るがバラバラで、小生が一番早い。そのため行動範囲は、大沼までにする。Img_14201a


5時すぎに大沼到着。もう明るい。まずDF200牽引の貨物列車で腕ならし。さすがに高速シャッターは切れない。運用が変わり、函館本線のこの区間からは、貨物用のDD51が姿を消してしまった。6時、「トワイライトエクスプレス」がやってくる。DD51重連は、さすがに迫力だ。Aが、「画面が真っ暗になった」と言っている。ヘッドライトを点けた列車を正面から捉えるとき、ニコンはヘッドライトに絞りを合わせてしまうようだ。キャノンはそういうことはない。最もAはすべてRAWも撮っているので、後で現像すればきちんと取れているはずだ。ちなみに、AとZはニコンで、小生だけがキャノンである。Img_14281a


ここで車に帰り、ビスケット(「朝食用」として売っているやつ)を食べてワーファリンを飲む。ワーファリンは飲み忘れや飲み過ぎに注意が必要な薬だが、朝だけなので、楽だ。AとZはずっと同じ場所だが、小生は画面に大沼を入れたいので、少し大沼公園寄りに移動する。Img_14321a


今日の大沼は山の映り込みと風紋とで、なかなかきれいだ。そろそろ同業者がやってくる。次は「北斗星」、大沼とDD51を入れてうまくいったと思ったが、拡大してみたら見事にぶれていた。1/320で切ったが、近くで撮るときには遅すぎたようだ。だんだんデジカメに慣れてくる。Img_14381a


デジカメ慣れというと、小生はずっと手持ちであるが、前回の只見線のときからカメラの持ち方を変えた。それまではレンズシャッターの癖で左手で本体を支えて右手は軽く握っていたが、一眼レフはどうしても衝動が大きいという話になり(言った男は「軽いカメラはダメだ」と言っていたが)、それから右手でもしっかりグリップするようにした。小生は左目でファインダーを覗くので、右手でしっかりグリップすると右目(の眼鏡)とぶつかるのだが、何とかグリップしている。それ以降の写真は、自分ではシャープになったと思っているのだが、どうなのだろう。「構図が悪いから、何やっても同じだ。」と言う声が聞こえてくるようだが(^_^;。Img_14831a


下り列車が一段落したので、駒ヶ岳が見えるポイントに移動。薄雲がかかって、空の色がもう一つだ。春や秋に写真を撮るようになると、青い空になかなかお目にかかれないことを痛感する。天候によって場所を変えるような融通性も、必要だろう。下りは一段落したと思って貨物を1本パスしたら、何とDD51、それも朱色の重連だった。今回逃がした2匹目の魚、やはり大きい。通常運用ではDD51は入ってこないが、変運用があるということだ。

少し早いが函館に戻り、昼食にする。今までの食事がひどかったので、海鮮丼にビール付き、言わば打ち上げである。Aがレンタカーの精算をして、ガソリン代込みで小生が4444円、他の二人が6666円となった。どういう計算なのか分からないが、意外と安く上がった。
「白鳥」20号は485系、今回はつくづく485系に縁がある。乗り込んだときにカメラはしまい込んでいたら、蟹田でEH500のコンテナ列車をED79重連のコンテナ列車が追い抜くという場面に出くわした。13時5分である。ダイヤ改正前に再訪する機会があるかどうかだ。収穫も多かったが、逃がした魚も多かった旅であった。

(完)

« 「大人の休日」道南撮影記(3) | トップページ | ポメラ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいですね、撮ることが目的なのは。
先日の余部橋りょうは、バス・ツァーに乗ったので、スケジュールに追われました。
香住から浜坂まで乗車、浜坂から餘部の集落に戻ってくるというルートでした。
浜坂でバスに乗ったとき、数が足りないことが判明、無断で余部で降りたおじさんがいたのです。
おじさんに倣えばよかったと、思いつくのが遅すぎました。

前に見せていただいた写真と比べて・・・山が見える関係か?こちらのほうがいいですね。いいロケーションの撮影地ですね。

「大人の休日」撮影記、楽しませて頂きました。
どの写真も絵葉書になりますね。
鉄ちゃん撮影隊の気力体力にはビックリです。

楠の末裔さん、ありがとうございます。
バスツアーの旅行記、かなり強行軍だと思いながら読ませてもらいました。ただ餘部の集落まで降りるツアーは、なかなかないですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
今回の旅行記の写真は時間があったので、色々選んでトリミングしています。また原則RAWから現像しました。ソフトの関係でしょうけど、カメラで直にJPGにした写真より、RAWから現像した写真の方が、きれいですね。しかし写真は場所と構図ですね。つくづく感じました。

meeさん、ありがとうございます。
小生は運転せずに乗っかっていただけですが、AとZ(特に車の中で2泊したA)の元気さには、驚きました。本当は翌週も行く計画だったそうですが、天気が悪いのと疲れが残っているので、さすがに止めたそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [大人の休日」道南撮影記(4):

« 「大人の休日」道南撮影記(3) | トップページ | ポメラ »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ