« 貨車の軸重 | トップページ | 使い捨てコンタクトレンズ »

2010/06/09

RAILWAYS

2010年6月9日

RAILWAYS、見てきました。昨年秋に行った出雲+電車+中井貴一となれば、見逃すわけにはいきません。
ところで、小生は中井貴一に似ていると時々言われます。特に最近、中井貴一が歳を取ってきたら、よけいに似てきました。「風のガーデン」を放映していたときは、ファミレスで食事をしているときに隣のテーブルのおばさん達がこっちを見ながら、「本物?」「本物がこんな所にいるわけないわよ。」とひそひそ言っているのが聞こえました(何が本物じゃ!)。しかし二人の写真を並べると、似ていません。これは小生が13歳年上のせいもあり、並べると年齢がはっきり出るからだと思います。ただ同系統の顔なので、後10年後には、中井貴一が現在の小生のような顔になる可能性は、十分にあります。今でも、どうかしたときには、自分でも似ていると思います。まあ、どうせならお父さんの方に似ていたら良かったのですが(笑)。

閑話休題。RAILWAYSは面白かったです。ストーリーもともかく、出雲で見たことのあるところがいっぱい出てきて、「あそこ、あそこ!」と言った状態。その上に京王線も含め電車はいろいろな車種がふんだんに出てきます。運転士の実務教育は京王電鉄に依頼しているそうで(多分、実際もそうです)、そのため京王の研修センターも出てきます。映画評では景色がきれいとありましたが、音が良いです。ふんだんに出てくる電車の音が、全部そのもの音です。特にデハニ50の吊り掛けモーターの音は、圧巻でした。09112116a


小生は一番なりたかったのは機関士(運転士ではありません)で、その次がトラックの運転手でした。機関士にはなれませんでしたが、トラックの運転手は3年間やりました。今も好きなことをやっていますので、まあ良いでしょう。

« 貨車の軸重 | トップページ | 使い捨てコンタクトレンズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

孫は日本に帰国したら、お祖父ちゃんの家に住みたいそうです。どうしてかって言うと、電車の車庫が近いからですって。

記事をお待ちしておりました。(^^)
電車の魅力を感じられる映画ですよね。
新幹線は時速も性能もすごいのですが、
一畑電車に乗ると癒される感じがします。
トラックの運転手、南海さんもたくましいです。

meeさん、ありがとうございます。
電車の車庫に近かったら、小生も住みたいです(笑)。内の二男がまだ幼稚園に入る前、西武の沿線に住んでいましたが、レッドアローが通る時間になるといつもカミさんを引っ張って踏切に電車を見に行っていました。急行の上り下りと合わせて、豪華3本立てです。

memoreさん、ありがとうございます。
出雲に行ったときに一畑電車に乗るつもりだったのですが、時間が合わずに、乗らずじまいになってしまいました。JRの松江から一畑の松江まで、あんなに遠いとは思いませんでした。なおデハニ50はすでに営業運転から撤退していますが、イベント的に日取りを決めて運転すると、全国からファンが集まると思います。
小生フォークリフトの免許も持っているので、体力に自信のある頃は、失業したら運送屋で働くつもりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RAILWAYS:

« 貨車の軸重 | トップページ | 使い捨てコンタクトレンズ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ