« 契約更改 | トップページ | 貨車の軸重 »

2010/06/05

意外と音が良い、音楽テープ

2010年6月5日

小生は昔熊本にいた頃は車に乗ることが多かったので、カーステレオ用に音楽テープをかなり持っていました。「ジェットストリーム」のような曲と、アイドル系です。先日荷物を整理していたら、その頃のテープが出てきたので聞いてみました。ところが、音が良いんです!ほとんど劣化しておらず、とても25年以上前のものとは思えません。これはエアチェック(死語だなあ)したテープではなく、きちんと売られているテープ、それもビクターやソニーといった一流どころのものということと、聞くときに行ったり来たりせず必ず最初から最後まで聞いていたため、テープそのものが痛んでいないせいだと思います。

しかし、音楽テープがこんなに音が良いというのは、再発見です。特に日本フィルをバックに岩崎宏美が歌う「シンフォニー」というテープ、細かい音では指揮者登場のときに弦楽器奏者が拍手代わりに楽器を軽くたたく音まできれいに再現されており、演奏は高音から低音まできれいで、実に聴き応えがあります。余談ですが歌の伴奏をするときビッグバンド+弦とフルオーケストラとの音の差は、フルオーケストラの方が低音の幅が広いですね。

さて今これだけ音が良くても、テープもいずれ劣化して聴けなくなります。特に25年以上経っているので、手を打つなら今のうちです。そこで、外部入力のアナログ音源をデジタル化できるソフトを買ってきました。ついでにこれは音のクリーニングができるので、ノイズも消せそうです。それでテープをハードディスクに格納したら、なんと750MBもありました。これは圧縮しない元ファイルですが、これをMP3にすると68MBまで小さくなります。圧縮すると便利は便利ですが、かなり音は悪くなりますね。なおCDにも焼いてみましたが、元ファイルに比べてはっきり音は悪くなっています。CDも圧縮をかけているので、その影響が出ているようです。

« 契約更改 | トップページ | 貨車の軸重 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と音が良い、音楽テープ:

« 契約更改 | トップページ | 貨車の軸重 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ