« RAILWAYS | トップページ | 「はやぶさ」帰還 »

2010/06/13

使い捨てコンタクトレンズ

2010年6月13日

先日クラブのOB会の懇親会があり、隣に座った後輩と病気の話になりました。彼は一度がんセンターに入院したことがあり、目も小生と同じ右目の手術をしています。眼鏡をかけていますが、右目はそれにコンタクトを併用しているそうです。網膜の手術のときに網膜の位置が変わり、左目とアンバランスになってしまったんですね。ただその右目も、そろそろ白内障の手術をすると言っていました。

その彼のコンタクトですが、ワンデータイプで1個100円と言っていました。使い捨てコンタクトもずいぶん安くなったと思ったのですが、毎日100円で年間36,500円になります。小生のコンタクトが寿命ほぼ1年で1個22,000円ですが、洗浄剤が年間約15,000円かかっています。合わせると37,000円で、まあ似たような金額ですね。

ただ差が付くのは、なくしたときの被害です。どこかで落っことしたとき、彼のは100円の被害ですみますが、小生は22,000円の損害で、2年に1回紛失するとすると、単価は1.5倍に跳ね上がっていまいます。長寿命になると事故死する確率が高くなるように、別の要因で寿命を全うできないことが増えてきます。LED電球は白熱電球の40倍の寿命があるのだから、価格も40倍で良いと言った電機会社の社長がいましたが、事故で損傷する可能性を全く無視した発言ですね。コンタクトは、やはり使い捨ての方が、経済的にも有利な時代になってきました。どこかのメーカーで、度数17度のコンタクトを使い捨てで作ってくれないかな。

追記です。明らかに宣伝を目的としたコメントやトラックバック、またレーシックの宣伝が目的のコメントやトラックバックは、気がつき次第削除させていただきます。

« RAILWAYS | トップページ | 「はやぶさ」帰還 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使い捨てコンタクトレンズ:

« RAILWAYS | トップページ | 「はやぶさ」帰還 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ