« 信州桜紀行(4) | トップページ | 動き回った連休 »

2010/05/03

秘密の地下鉄?

2010年5月3日

秋葉俊著「帝都東京・隠された地下網の秘密」(1,2)には、公表されていない秘密の地下鉄の話がいろいろ出てきます。溜池山王駅からサントリーホールに向かう地下道は、障害物を避けて突然下がります。この障害物、銀座線とは位置が違うのに複線の線路の幅くらいあり、しかも時々列車の走行音まで聞こえるので、何やら怪しく思っていました。しかも場所はこの本に「曰くあり」と書かれている溜池山王です。10050301


今日は天気も良く時間が余ったので、この障害物から出口までを補足で計り、地上の位置を推定してみました。するとちょうどアメリカ大使館の前を通っている道路(榎坂通り?)に当たります。この道路、道路の端から中央まで、マンホールだらけです。どうやらこの道路の下に大型の共同溝が埋まっており、サントリーホールへ抜ける地下道の不自然な階段はこの共同溝を避けたもののようです。なおサントリーホールへ抜ける地下道は南北線の真上なので、南北線の走行音が響くようです。

残念ながら、ここは秘密の地下鉄ではありませんでした。

« 信州桜紀行(4) | トップページ | 動き回った連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アメリカ大使館前の共同溝、なにか秘密がありそうですね。

meeさん、ありがとうございます。
ひょっとするとこの共同溝も、秘密の通信線が仕込まれているかも知れません。共同溝はその位置が公表されていませんので、秘密を仕込むにはもってこいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘密の地下鉄?:

« 信州桜紀行(4) | トップページ | 動き回った連休 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ