« 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(1) | トップページ | 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(2) »

2010/03/12

心エコーの結果は逆流度2のまま

2010年3月12日

一昨日心エコーの検査に行ってきました。ほぼ1年ぶりです。診察は29日なのでまだ先ですが、技師さんが数値を読み上げるのを聞いていて、逆流は2度のままだということがわかりました。心房や心室の寸法までは(数字は聞こえたものの、どこの寸法かは不明)分かりません。どちらにしろ、小生の場合は問題があれば逆流が増えますので、問題は無さそうです。

検査後蒲田のアプリコホールに行って、宮本文昭氏の指揮を見て、じゃない、聞いてきました。オーケストラは都響です。グリーグのピアノ協奏曲とブラームスの2番、指揮ぶりはうまいとは思えないのですが、オーケストラは良く鳴っていました。楽隊を乗せて良い演奏をさせるのなら、それはそれで立派な指揮技術です。鳴らしていたのは、コンマスの矢部さんの方かも知れませんが。ホルンの西條さんが、見事でした。

« 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(1) | トップページ | 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(2) »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

心エコーお疲れ様です。問題はなさそうで良かったです。(^^)技師さんが数値を読み上げるのですね。私のほうの技師さんは黙々と
検査します。私も来月、心エコーですが、
最近は、画面が2台あるので、1台は患者さんも見える角度にあるので、おかげさまで、目のやり場に助かります。(笑)

memoreさん、ありがとうございます。
前回もそうだったのですが、いつも2人組です。片方が技師さんで、片方が判読医かも知れません。そのため読み上げているわけです。ディスプレイは2台ですが、それぞれ使われており、しかもディスプレイと反対向きに寝かされるので、全く見えません(^_^;。

ご無沙汰でした。
さむーい当地もやっと雪解けでほっとしています。
今回は今までで一番体調良く過ごしていたのですが、足元がもつれて見事に尻餅をついてしまいました。医者に行ってレントゲンを撮り骨は無事で、筋肉痛のみでした。
その骨の写真をほしいと頼んだら、CDをくれました。
どこに行くにも、娘の車ですが、娘の英語が上達して、パッと翻訳してくれます。それで私は日本語脳で暮らしています。

meeさん、ありがとうございます。
九州から帰ったら東京の寒さにびっくりしています。今日(13日)は暖かくなりました。お嬢様の英語のおかげで日本語脳で生活できるとは、これは娘様々ですね。
米国だと医療機関に要求して何でもやってくれるものの、それは全部料金に跳ね返ってくるのではないですか?

心エコーの結果良くてよかったですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
詳しい結果を聞くのは月末ですが、少なくとも悪くはなっていませんでした。
先日のクラブのOB会の定例会のとき、3ヶ月前に大動脈弁を人工弁に変えた後輩(確か、7期下)がいました。今はリハビリ中だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/47793503

この記事へのトラックバック一覧です: 心エコーの結果は逆流度2のまま:

« 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(1) | トップページ | 500系のぞみと北九州ローカル私鉄(2) »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ