« 干支交代 | トップページ | 江戸最初山手七福神 »

2010/01/02

謹賀新年

2010年1月2日

皆様、明けましておめでとうございます。

去年の大晦日は、初めての経験ですが、ジルベスターコンサートに行ってきました。テレビで放映されるオーチャードホールのものではなく、ミューザ川崎です。開演も午後3時で、帰って夕食/紅白に間に合います。従って、新年カウントダウンもありません。

指揮は秋山和慶さん、演奏は東京交響楽団で、曲目は「ともかく元気の出る曲を集めました」、というもの。シュトラウスのワルツ「南国のバラ」から始まり、チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番(ピアノは小川典子さん)、後半は合唱付き(合唱団は、川崎市合唱連盟アニモ+昭和音楽大学+洗足学園音楽大学)で、近藤岳「ジルベスター2009」、ヴェルディ「アイーダ」から凱旋行進曲、マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」から間奏曲、ヴェルディ「ナブッコ」から「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」、マスネ「タイス」から瞑想曲(ヴァイオリンはコンミスの大谷康子さん)、ワーグナー「ローエングリン」から第3幕への前奏曲、同じく結婚行進曲、ワーグナー「タンホイザー」から大行進曲と、よくこれだけ集めたというものですが、派手好みの小生としては大満足のプログラムです。あまり派手なプログラムは好きではないカミさんと、ドラ息子までなぜか一緒にいました。アンコールはパイプオルガンに合唱付きの「威風堂々」とラデッキー行進曲、賑やかな大晦日でした。なおソロを弾いた大谷康子さん、ソロの時は赤いドレスでしたが、それ以外は黒いドレス(途中で早変わり)でしっかりコンミスを勤めていました。

司会者がいて曲間に指揮者やソリストへのインタビューがあったのですが、指揮の秋山さん、すごい鉄ですね。「はやぶさ、富士」の最終列車に乗り、九州まで行ったそうです。途中は先頭車に乗り、機関車を眺めていたとか。2010年の抱負として、「2009年は模型を作る時間が余り取れなかったので、もっとその時間を取りたい」と言っていらっしゃいました。

このブルートレインの先頭車と言えば、昔20系時代の「みずほ」で、上り先頭車のナハネフ22の車掌室の隣に立って牽引のED73を眺めていたことを思い出します。ナハフ20/ナハネフ22は車端が曲面ガラス張りで展望車のようになっており、しかも車掌室は半室なので、機関車の側通路を通して前が見えました。その当時は機関車は2人乗務で信号確認の度に汽笛を鳴らしており、力行の度に機器室に一斉に点く通電表示灯と、信号確認の短い汽笛は、今でもはっきりと思い出します。その点秋山さんが乗られたスハネフ14は先頭部に行けるところは貫通路しか無く、側通路が見えないのでちょっと気の毒でした。もっとも音楽家の秋山さんは、走行音を楽しんでいらっしゃったようですが。

帰宅してからは紅白はビデオに撮っておき、テレビはN響の第9から年越しのジルベスターコンサート、元旦はウイーンフィルのニューイヤーコンサートで年が明けました。

今年もこんな調子で鉄と、音楽と、それに仕事で続いて行けたら、有り難いです。

今年もよろしくお願いします。

« 干支交代 | トップページ | 江戸最初山手七福神 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
南海さんらしい、年末年始楽しまれましたね。
我が家は紅白観て暮れました。主人が、何だこれは!と聞くのですよ。
正月は駅伝見てます。
ウイーンフィルも勿論観ました。主人も大好きで、あの黄金ホールで観たいけど、ツアーで行っても二人で300万掛かるなあです。
来週あのニューイヤーコンサートそっくりを近場で観に行きます。

meeさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
紅白はビデオをボチボチ見始めました。全部見る気はなく、所々はすっ飛ばします。そう言えば30日に大学時代の仲間との忘年会で表参道に行ったのですが、テレビ番組宣伝の嵐のポスターに、女の子が群がっていました。おぢさんたちはそれこそ「なんだあれは」「嵐という奴ららしい」です。
数年前に、ウイーンフィルコンマスのキュッヒルさん率いるリングアンサンブルを聴きに行ったことがあります。人数は少ないですが、ニューイヤーコンサートの雰囲気をそのまま持ってきてくれました。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
記事を拝見して、僕もウイーンフィルの番組を録画していたことを思い出しました。あとで見てみないと。また、昨年末に民放で放送されたメンデルスゾーン生誕200年記念番組も録画していたことも思い出しました。録画が便利になったのは良いのですが、どんどんたまっていく一方ですね。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

Wちゃん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
小生もNHKスペシャルの録画をしておき、忘れてしまっていることが多々あります。時期はずれになった頃見て、「何でこのテーマ録画したんだ?」と思うこともしばしばです。これが頻繁になるとそろそろ危険信号ですが、まだ大丈夫でしょう。ライスボウルの録画でハードディスクの残りが危なくなってきました。

ひでほさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ひでほさんのフットワークの良さは、いつも感心しています。今年がひでひほさんにとって、良い年になりますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 干支交代 | トップページ | 江戸最初山手七福神 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ