« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/29

だいこんの花

2009年11月29日

森重久弥さんが亡くなって追悼番組がいくつか放送されていますが、その中で旅行中に放送されビデオに撮っておいた「だいこんの花」を見ました。珍しく小生とカミさんの興味が一致しました。この「だいこんの花」、シリーズで何回か放送されたと記憶していますが、その中の第1回です。放送されたのが1970年で、小生は(当然カミさんも)大学4年でした。

話の筋より、服装や髪型が懐かしかったです。ミニスカートで、内巻きの髪型、「私もあんなだったなあ」とカミさんが言っていましたが、みんなそうでした。ちなみにミニスカートが一般に広まったのは1968年からで、それこそある日突然というような感じで一斉にミニになっています。しかしあの頃は服がカラフルでしたね。何で今は男も女も真っ黒なんでしょう。

出演者では、カミさんは竹脇無我(2,3歳年上のはず)と一緒にテレビに出たことがあるので懐かしく(休憩時間には、竹脇無我がカミさんを背もたれにしていたそうです。ちなみにカミさんは、普通の大学生でした)、小生は川口晶が好みだったので、これも懐かしく見ました。どうも小生の好みはタヌキ顔のようで、天地真理、桜田淳子、中村紘子、森田美由紀アナウンサー(NHK)と、みんなタヌキ顔です(^_^;。この川口晶がどうなっているか気になり調べたところ、今は何と陶芸家でした。

森重久弥が巡洋艦の艦長だったという想定ですが、現役当時40歳として1970年頃は65から70歳、息子が戦後の40歳過ぎに生まれたとしてちょうど計算が合います。その当時は気がつきませんでしたが、今は無理のない設定だったとわかる歳になりました。「もう戦後は終わった」と経済白書が宣言したのが1956年、1970年と言えばそれから14年も経ち高度経済成長まっただ中ですが、実際に戦争に行った方がまだ沢山いて、今から見れば終戦にかなり近かったのが分かります。

2009/11/23

山陰から帰ってきました

2009年11月23日

昨日、山陰から帰ってきました。姫路まで新幹線で行き、そこから智頭急行のスーパーはくとで鳥取へ、砂丘を見て松江に行き、宍道湖、松江城、足立美術館(これは安来から)、と見て出雲大社へ。そして伯備線経由(やくも)で岡山へ。ドラ息子(ポスドクで就職活動中)と会ってちょっと後楽園を見て、帰って来ました。定年の時のもらった旅行券による旅行で、全行程4泊5日です。鳥取、島根の両県は学生時代に各停で通過したことはありましたが、きちんと訪問するのは初めてです。

初日は雨だったのですが、後は曇か晴れ、助かりました。寒い日が多かったのですが、その間東京はもっと寒かったようです。09111950a


明日から会社ですが、帰って来てメールを開けたらスケジュール変更が入っており、何やらバタバタした一週間になりそうです。そのためいつも書いている旅行記も、少し後になりそうです。写真は宍道湖の夕日です。

2009/11/18

山陰方面に出かけてきます

2009年11月18日

明日と言うより日付が変わったので今日から連休にかけて、山陰方面に旅行に行ってきます。今度は出雲大社まで、大社線が廃止されたのが残念ですが、大社駅は見てきます。あいにく天気が悪いようです。宍道湖の夕日は無理だな。

2009/11/15

シングルアームパンタグラフ

2009年11月15日

以前Wちゃんのブログでも紹介がありましたが、最近横浜線の電車のパンタグラフがシングルアーム型にどんどん置き換えられています。一昨日現在で、全28編成のうち9編成が置き換えられています。

元々横浜線の205系に付いていたパンタグラフはPS16系のもので、これは1957年の「こだま」型151系(当時はモハ20系)が営業運転するときに使われ出したもので、高速でも集電特性がよいようにがっちりした構造になっています。形態的にはパイプの組み立てで、下枠のM字型になった補強が特徴になっています。その後集電特性を改良したPS21が登場していますが、形態的には同じです。205系がPS16なのかPS21なのかは確認していませんが、時期的におそらくPS21だと思います。Ps16


このPS16系はがっちりしているのですが、がっちりしているが故に空気抵抗は大きく、新幹線0系開発の時には下枠交差式のパンタグラフが開発されました。この下枠交差式のパンタグラフは軽量なのに集電特性はよいのでもっと採用されても良いと思ったのですが、なぜか在来線は関西や交流区間が多く、JR東日本の東京近郊ではほとんど見かけません。Ps204


最近増えてきたのがシングルアームパンタグラフで、元々はヨーロッパで各国に合わせた多数のパンタグラフを装備する国際列車用として出てきたものです。設置面積が少ないので、交直流車など屋上機器の多い電車には有利ですが、その構造上方向性があり、小生が試算したところ、押し上げ力が進行方向により±15%くらい変わります。そのため以前は1両あたり2個ずつ向きを変えて使われることが多かったのですが、最近は1個使用が増えてきました。パンタグラフが改良されて方向性が少なくなったのか、15%位は問題ないことがわかったのかは、不明です。Ps33


シングルアームパンタグラフの特徴に設置面積が少ないことがありますが、パンタグラフ自体の上からの投影面積も少ないので着雪面積が少なく、雪に強いこともあります。2001年だったと思いますが東京近郊にベタ雪が降り、特にJRでは雪の重みでパンタグラフの押し上げ力が下がって集電不良の火花で架線を焼き切り、多くの電車が立ち往生したことがありました。ここで「JR」と断り書きをしたのは、他の私鉄では停車中にパンタグラフの雪を落とすなどの対策をしたのに、JRは何もやらなかったからです。JR東日本は「物にお金はかけても、人はかけない」という考え方が徹底しており、取った対策がパンタグラフのシングルアーム化でした。中央線など雪の多い線から対策が進んできており、これが横浜線にまで来たのでしょう。なお東急は「大井町線は雪落としの場所がないので、シングルアームパンタグラフ化を行います。」と公表した上で、転属車をシングルアームに取り替えています。

2009/11/09

眼科は大学病院を卒業

2009年11月9日

半年ぶりに眼科の診察に行ってきました。しばらく行かない間に眼科は引っ越しており、近くですが系列の「リハビリテーション病院」に同居していました。元々の病院で他の科が拡張したとも思えないので、医療制度の変更でリハビリ期間が短縮されてしまったため、リハビリテーション病院の入院患者が少なくなったのではないかと思っています。

さて全く初めての病院、入口を入ると「ここはG階です」との表示があります。眼科外来は1階で、一つ上の階になります。エレベータに乗るとG階の下にはB階があり、まるでイギリス英語のグランドフロアです。
1階に上がると、診察室が皆個室になっていました。これはまあ今の流れから言えば当然で、従来のカーテンで仕切っただけの診察台が珍しかったのかもしれません。眼科の患者は多いので、待合室に椅子はふんだんに用意してあります。以前は向かいにあった形成外科の待合所も、かなり眼科が占領していました。
診察受付や検査のスタッフは皆昔と同じ、全員引っ越してきたようです。お疲れ様です。

診察の前に検査に呼ばれますが、検査室に患者専用の手洗い場ができていました。小生のような、コンタクトを外す人のためだそうです。以前はスタッフの手洗い場を借りていました。
視力自体は以前より悪く、0.05くらいです。場所が変わって壁が白いので、目標がつかみにくくなってCの字を探せなくなったのも一因です。しかし診察では以前と膜も変わっていないということなので、見方だけでしょう。

さてその診察ですが、もう完全に安定というか固定しているので、1年に1回でも良いだろうということになりました。しかしその後S先生しばらく考え、
「もうここ(大学病院)に来なくても、近所の眼科でも良いですけど。」との発言。
「では最初にここを紹介してくれたところで。」
「あ、○○眼科ですね。紹介状を書いておきます。2千円くらいかかりますけど。郵送します。」ということで、次回は近所の眼科に見てもらうことになりました。近所の眼科は時間ができたときに行けばいいので、気楽です。
「何か異常があったら、すぐこちらに来て下さい。」とのこと、異常があったら駆けつけます。S先生、最後に緑内障の傾向がないかもじっくり見ましたが、元々眼圧は低めですので、その傾向はないようです。

会計で他の人の話を聞いていると、1年以上間隔が開くと初診扱いになるそうです。そのために1年に1回だと色々面倒なのでしょう。明細を見たらその2千円の文書料は入っていないので、S先生は郵送と言いましたが現金を持って取りに行くことになると思います。

会計の時に次の予約について確認されます。
「次の予約が入っていませんけど。」
「卒業だそうです。」
「まあ、おめでとうございます。」
と、2005年10月からずっとお世話になったF病院も、これで卒業です。

2009/11/08

荷下ろし鬱

2009年11月8日

「荷下ろし鬱」という言葉を初めて聞きました。「空の巣症候群」のサラリーマン版というか、定年になったサラリーマンが陥りやすい鬱だそうです。確かに仕事も一区切り付き、子供も独立し、マイホームのローンも払い終わって定年になったら「肩の荷が下りた」ということになるのでしょうが、逆に自分のこれからの存在意義が見つけられなくなるのでしょう。

さて小生の場合、「几帳面、真面目、A型」と鬱になりやすい要素は全部揃っています(^_^;。しかし今のところ幸か不幸か担当している仕事は一段落付くどころか先行き不透明、ドラ息子(その2)はポスドクで就職活動中、ローンの組めない身体故にマイホームは持てず、で肩の荷は全く下りていません。とは言ってもあと4年もすれば強制的に肩の荷を降ろさせられるわけですので、その時が一番危険かもしれません。

今のところ、早いところ荷物を降ろして遊ぼうと思っているのですが、果たして本当に荷物を降ろしたときにどうなっているのか、です。少なくとも、荷物は遊べる体力が残っているうちに降ろしたいです。

2009/11/03

モバイルSuica

2009年11月3日

ウィルコムのWZERO-3 ESの役にたたなさに業を煮やし、とうとう解約しました。順序から言うと逆なのですが、ヨ○バシカメラで「1円ケータイ」なるものを見かけ、それを買ってしまいました。
この役にたたなさ、解約の電話くらいESでしようと思ったのに、固まっていて使えませんでした。

小生は12,3年前から携帯はずっと使っており、もう5代目になるのですが、実はこれは会社の携帯で、自分のものではありません。従って電話とメール、あるいはiモードの無料ニュースくらいは見えられても、それ以上のことは何もやっていません。昔はノートパソコンを繋いでモデム代わりに使っていたのですが、最近はそれもなくなりました。

買ったのはAUです。小生の田舎は電波状態の悪いところで、携帯が繋がらないところがあちこちにあります。その中ではAUが一番繋がる場所が広く、最近田舎に行くことが多くなったので、それを考えてAUにしました。ウィルコムはおサイフケータイなどは使えなかったので、今度初めて自分の携帯で使うことになります。ところが今までずっとdocomoを使っていたので、まずキー操作に手間取りました。携帯は東芝のですが、このマニュアルも分かりづらく、悪戦苦闘しています。マナーモードに入るのにサイドキーとは、これもびっくりです。

モバイルSuicaにするとグリーン券を乗車後購入しても事前購入価格になるので、早速設定しました。と言うより、設定しようと思いました。小生はVIEWカードを使っているので、モバイルSuicaの年会費が無料です。ところがなまじJR-EASTのIDを持っていたためパソコンで色々確認しながらでないと先へ進みません。テレビを見ながらながらで始めたのです途中でパソコンの前に引っ越し、設定し終わった時にはスポーツニュースが半分終わっていました(;_;)。ポイントクラブにもついでに加入し、それに普通のカードも合体させたら、その途中でまた何やら別のものの会員にさせられたようです。

今日現在で、一応モバイルSuicaは使えるようになっています。携帯の中で見てみると、アプリは常時起動しっ放しになっています。docomoを使っている同僚は、アプリは使うときだけ起動するとのことです。このままではバッテリーの消耗が早そうですが、回りにAU使いがいないため、これで正しいのかどうかが全く分かりません。AUでモバイルSuicaを使っている方、教えてください。

2009/11/01

板谷峠に紅葉見物

2009年11月1日

天気がよいので、板谷峠まで出かけてきました。紅葉が良いシーズンだと思ったからです。
庭坂で山にかかるところの写真も撮りたかったので、福島まで「つばさ」で行って庭坂へ。つばさの指定席の販売状況を見たら満席だったのに、自由席は上野を過ぎても40%くらいの乗車率でした。福島から庭坂までは奥羽本線の各停で2駅ですが、福島-米沢間の各停は2,3時間に1本しかありません。そのために庭坂までは路線バスです。こちらも1時間に1本くらいですが、それでも鉄道の3倍走っています。Img_0899a
ところが郡山までは良い天気だったのに、福島はどんより曇っています。庭坂でもガスがかかったようになり、見通しが利きません。一応撮るには撮って、各停で今度は大沢へ。福島行きのホームの案内には、「福島、上野方面」という案内表示板が残っています。

板谷峠で紅葉の中を走る列車を撮るのに、一番良いのは赤岩-板谷間で川の対岸から撮ることです。ところがここは橋がありません。向かい側の山も地図で見るとわずかに林道らしきものもあるにはあるのですが、それこそ登山の装備でもしないとは入れそうもありません。40年くらい前に対岸から撮った写真を見たことがあるのですが、おそらく現在は入れないでしょう。どこでもそうですが、40年くらい前に山から見通せたところは現在は木が生い茂って、立ち入ることも難しくなっているようです。Img_0930b


大沢の駅はスノーシェッドにすっぽり覆われています。と言うより、スノーシェッドに覆われたかつてのポイント部分にホームが作られています。出口はそこから現在は保線用となっている線路沿いをずっと歩いたところにあります。そこはかつてのホームもそのままですが駅舎はなく、トイレすらありません。板谷、峠と乗降客があり、峠ではハイキングらしいかなりの客が降りたのですが、大沢で降りたのは小生一人でした。Img_0942a

奥羽本線自体は駅を出てもずっとスノーシェッドが続いており、しばらく歩かないと線路は見えません。一旦川沿いまで出て地図で狙いを付けたところに来ると、思っていたとおりの場所に出ました。バックの山は紅葉で、その前を列車が走る構図です。ところが肉眼では無意識にスポットを絞りながら見ているのですが、カメラを通してみると紅葉の広がりが足りません。やはり紅葉の中を走る列車を撮ろうと思ったら、もう少し距離を取らないとだめなようです。しかも山は日が暮れるのが早く、着いた頃にはもう日がかげり始めました。日がかげると赤や黄色はきれいな色が出ません。やはり山の中には午前中に来ないとダメですねImg_0947a

連休の土曜日なのに今日は臨時列車が少なく、そのため1本だけ残っている400系は走ってこず、そんなこんなで満足できる写真は撮れなかったのですが、紅葉はきれいでした。帰りはアップグレード券で乗ったグリーン車で、ゆったりと帰りました。行きも帰りも新車ではなく昔からいるE3系1000番だったのが残念ですが、快適でした。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ