« コンタクトが1年持った | トップページ | 「大人の休日」撮影旅行記(1) »

2009/09/19

スペーシアでの出張

2009年9月19日

一昨日、栃木に出張に行く用事がありました。横浜方面から栃木に行くには、オーソドックスだと湘南新宿ラインで小山に出てそこから両毛線ですが、せっかくですので東武で行くことにしました。浅草を午後に出発する鬼怒川温泉行きの特急は、特急料金が割引になるのがあるからです。

ますますこの際で、浅草までも一切JRを使いません。京浜急行から都営地下鉄です。ちょうど来た快速特急泉岳寺行きは2100系、たまたま乗った車両はM車で、ドレミファインバーターの音を楽しみました。泉岳寺で京成の車両に乗り換えて浅草へ、都営の浅草と東武の浅草は、結構離れています。しかし外を歩いたおかげで、東武の立派な浅草ターミナルを見ることができました。09091701a


東武の浅草駅は、最近は多くの人が北千住から乗るためもあって、日光への特急の始発駅にしては手狭です。ホームも無理して作ってあるため、かなりカーブしています。しかし風格はあり、デパートに直結しているのは便利です。このデパート直結型のターミナルは東武が元祖だそうで、その後新宿の小田急、京王、渋谷の東急などが作られています。皇后陛下のご実家の本家、正田醤油の広告看板もありました。

浅草駅では特急は専用ホームからで、入口にはちゃんと係員がいます。100系スペーシアはさすがDRCの後継車だけあって社内設備は良く、ゆったりとしたハイバックシートにフットレスト付、テーブルは4人向かい合わせを考慮して窓側取り付けです。プラグドアのため遮音性もよく、揺れません。ただ高速で飛ばす区間は少ないようです。観光特急だけあって浅草から8人のグループが賑やかです。小生より5歳位年上の男性グループで、最近はこういう世代が暇になり、あちこちで見かけます。ゆったりと栃木まで行けました。09091704a


帰りは新宿行きの特急もありましたがこれは特急料金が高く、6050系にも乗ってみたかったので、区間快速にしました。東武は特急の次に早いのは快速で、急行はその次なので注意が必要です。がら空きだろうと思ったら、何と満員。日光や会津発なので、格好を見たら日光や会津からの客です。外人さんの団体もいました。特急料金の節約でしょう。社内は4人がけのボックスシート、昔の「汽車」の雰囲気です。長距離なのにトイレが付いていないと思ったら、付いている車両もあるようです。しかし長時間乗るのには疲れますね。そのためほぼ1時間ごとに途中下車し、急行などを乗り継いで3時間かけて家まで帰りました。なお仕事はしっかりやってきています。

« コンタクトが1年持った | トップページ | 「大人の休日」撮影旅行記(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

栃木出張お疲れ様です。

タイムリーに・・昨日のアドマチ(TV東京21:00)は栃木特集で、川沿いの蔵の風景とか、風情のある街並みが紹介されていました。
栃木名物(かんぴょう入りラーメン、じゃがいものはいったやきそば)はおいしそうでした。
栃木の思い出は5050系最期のときに駅構内で撮影しただけだし、TVを観てから街中散策に行ってみたいと思いました。
きっとあの番組、南海さんもごらんになられたら・・・出張以外に栃木に行きたいと思われると思いました。

ひでほさん、ありがとうございます。
出発前にカミさんが、「栃木だったらここへ行って、それからあそこへ、、」と観光案内です。少し早めに行って街を歩いてみる手もありましたが、やはり仕事、特に初対面のところに行く前に観光を入れると集中力というか気合いがそがれてしまうので、止めました。ただタクシーからチラと見ただけでも、もう一度来る価値がありそうでした。

こんにちは。

昨日は久しぶりにお会いできてうれしかったです。それに、前にお会いした時よりも、ずっとお元気そうで、何よりでした。

M車のドレミファインバーター音ってなんだろう? と 楠さんに尋ねてみました。
そしたら、「うぅ~んっ」とサイレンのように唸って見せてくれたのですが、この音がド~レミファ~に聞こえるから、ドレミファイン音というのでしょうか。

ときどき楠さんは、眉唾なことを言ってわたしを騙すので(笑)お聞きしてみました。

Sisiyさん、ありがとうございます。
お会いできて、うれしかったです。「以前より元気そう」と、他の人からも言われています。心臓の逆流度が少し少なくなったくらいですが、目の左右バランスが少し良くなってきているので、その影響かもしれません。
ドレミファインバータ、日本では数少ないシーメンス製のインバータで、起動時に周波数が音階で上がります。朝日新聞の記事を元に周波数を計算してみたら、変ロ長調でソラシドレミファソと上がっているようです。詳しくはこちらの記事で、http://nankaiponkichi.cocolog-nifty.com/weblog/2008/06/post_0764.html
リンクが効かないときは、バックナンバーで2008年6月7日を見てください。

わあ、さっそくありがとうございました。変ロ調なんですね! キーボードでならしてみます。

いつの間にかデジタル一眼とレンズを担いで旅するようになってしまいました。
(実際には楠さんがバッグ担いでくれてるのですが)
NikonのD60に、シグマの55-200mmつけたりしてますが、一番使うのが35mmの単焦点で、もっぱらこればっかりです。軽いし夜の室内でもフラッシュなしで使えるのがいいです。

というわけで、今度、撮影旅行一緒に行けたら楽しそうですね、というお話でした(笑)

鉄分の濃い写真が沢山で、楽しかったです。

何で変ロ長調なのかと考えたんですが、多分設計者がクラリネットを鳴らしてそこで周波数を決めたのだと思います。オーボエかフルートだったらハ長調になったはずです。
単焦点レンズはなかなか使い勝手が良いと聞いているのですが、ダブルズームキットのレンズそのままですね。(小生のはCANON EOS-Kiss X2です)
最近は撮影に行っても鉄分は半日で、後の半日は一般観光をやっています。もっぱら景色の良いところに行っているので、今度ご一緒しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペーシアでの出張:

« コンタクトが1年持った | トップページ | 「大人の休日」撮影旅行記(1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ