« 大沼にいます | トップページ | コンタクトが1年持った »

2009/09/13

戦争中の義父

2009年9月13日

先週の日曜日に北海道から出張先に直行し、月曜日は何食わぬ顔で仕事は終わりました。ところがこの週、お客さんとの技術打ち合わせが2回(別のお客さんです)も入り、すごくハードな週でした。
昨日は高校の同窓会があり、今日やっとゆっくりできたところです。ちなみに高校の同窓会は「東京支部」同窓会で、会場も東京です。忙しかったの北海道の写真も整理せずにそのまま、旅行記はそのうちに書きます。

さて今日カミさんとその高校の話から、小生は中学受験をやっていないので受験用算数はできないという話になり、義父(カミさんの父親)も理系だったという話になりました。ところが話しているうちに、義父の経歴がカミさんの認識していた父親像とだんだん食い違ってきて、最後はインターネットで調べることになってしまいました。

カミさんの認識も、小生が聞いた話も、義父は結核を病んだために戦争に行かなかったという話でした。いわゆる丙種合格です。ところがどうも違っていました。

義父は茅場製作所(現在のカヤバ工業)で飛行機の脚の設計をしていたそうです。飛行機の脚は専門メーカーに任されていたはずなので、その当時だったら陸軍機では疾風、海軍機では紫電改あたりの設計に参加したのでしょうか。丙種合格で戦争に行かなかったのではなく、重要兵器の設計者だったので国内に留め置かれたのでしょう。すでに軍属扱いだったかもしれません。その後岐阜工場の立ち上げに参加し、そこで身体をこわして退職または休職となったようです。

義父が元気なときにこの話を知っていれば、もっと詳細に飛行機の機種やら設計ポイントなども聞いてみたかったです。親父のノモンハン同様、聞きたいときには親はなし、です。

« 大沼にいます | トップページ | コンタクトが1年持った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦争中の義父:

« 大沼にいます | トップページ | コンタクトが1年持った »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ