« 今年も写真展に出品します | トップページ | 大人の休日切符 »

2009/08/30

老師社員的日常

2009年8月30日

シニアマネージャーなる訳の分からない肩書き付の「シニア社員」なる身分になって、2ヶ月が経ちました。同世代の方は非常に多いので、どういう日常なのか、ご参考まで。

7月1日
昨日は群馬に出張であったが、形としては昨日で定年退職したことになる。今日からは身分は「シニア社員」であるが、今のところ何も変わらない。勤務は週5日の定時間、いわゆるフルタイムだが、今までと同じと言うことである。会社で変わったことと言えば、席が管理職の指定席である机の列の端面部(テーブルの「お誕生日席」と言った方が、わかりやすいだろうか)から「その他大勢」の位置に移動したくらいである。

7月○日
部長から、「就業管理を従来通りやってくれ」と依頼される。昨日からグループリーダーは交代したのだが、新グループリーダーは課長代理で、社内データで管理職権限が必要なところへアクセスできない。退職後再雇用でも元部長には権限がそのまま残されているので、現役の課長代理よりこの場合は権限が上という変なことになっている。この場合の就業管理はグループ内だけで最終的には所属長である部長の責任となるので、人事部は「部内のことまで干渉しません」という態度である。さすがは「ひとごと」部。

7月○日
出張旅費精算書を提出したところ、事務グループのチェックではねられる。手当の問題で、小生は就業規則の「嘱託」欄に「定年後再雇用された社員の手当は、定年前在職中の職位に準ずる」という項目があったので部長相当で出したところ、別のところに「シニア社員は「その他」とする」と書かれていると指摘があったのだ。「その他」は最低ランクで、当然グリーン車に乗る権利はない。たまたま課長に昇格したばかりの後輩と一緒だったので、「上司随行、A課長」として湘南新宿ラインのグリーン車代を付けて再提出したら、部長から「これはあんまりだ。部長承認ということでグリーン車代を請求してくれ。」と言われた。確かに元部長のプライドにこだわる人だったら、こういう出し方はしないだろう。小生は「老いては子に従え」と思っていたのだが、結果的には楽になった。

7月○日
ほぼ半月遅れで会社のメールアドレスが新しくなり、社内メールのアドレス帳から小生の肩書きが取れる。すると社内での呼び出しが今まで「南海部長」だったものが「南海さん」に変わる。みんな社内メールを見て呼んでいるのか?

7月○日
7月分の給料明細書が来る。給料は減ったのに住民税や保険料は変わらないから、手取りの減り方は甚だしい。と言って小生の生活は全く変わっていないから、今小遣いを減らされても困る。小遣いはしばらくそのままになったが、いずれ減らさないと家計が成り立たなくなるだろう。

7月○日
本屋で鉄道ファンを買ったときに、「SL甲組の肖像」第4巻を見つけ、衝動買いをしてしまう。ところが今度は千住真理子の新著を見つけ、これも衝動買いをしてしまう。場所もない金もない状態では本を買うのを絞らなければいけないのだが、ゆっくり図書館に行く時間など無いし、最近は新刊は見つけたときに買っておかないとすぐ姿を消すので、ついついその場で買ってしまう。週3日勤務くらいになったら、考えよう。

8月○日
新規事業関係の仕事で、新しいお客さんのところへ行く。正確に言うと、お客さんになってくれるかもしれない、会社である。雑談になりシニアマネージャーという肩書きについて質問が来る。「相撲で言えば、年寄りです。」と言ったら、「一番えらい人ですね。」と言われてしまった。小生は昔は子供っぽかったが現在もそれを引きずっているようで、詳しく説明しないと60歳で定年退職したことを理解してもらえない。若く見られるのは得にならないということはわかっているが、こればかりはどうしようもない。

8月○日
電気回路の疑問点について、同僚から紹介を受けた元産○研の方に質問していたが、直接話した方が早いというので、つくばまで行く。産○研まで行って色々話を聞くが、小生がちょっと話したことでたちまちに問題を理解され、その理解力の早さに驚く。休日に家でその方に教わってやり方でデータ整理をしてみると、今まで見えなかったことが少し見えてくる。こうなると、仕事ではなく楽しみでやっているようなものだ。給料が安くても、へばりついていよう。

« 今年も写真展に出品します | トップページ | 大人の休日切符 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

興味深く拝読しました。好きなことが出来るのは一番ですよね。
産○研もいろんな人材がいらっしゃるようですね。久しぶりにHPを見たら、ニュースに見覚えのある方のお名前が…(^_^)

ところで、民主大勝ちですが、高速道路無料化等はやはり反対の方もいらっしゃいますね。真剣に撤回を求めることは出来ないですかね。

今日は台風ですが、帰りの足が影響受けませんように。

miyaさん、ありがとうございます。
今日は会社は定時が終わったらすぐに引き上げました。横浜は少し荒れ始めていたのですが、そこから山の方に走った我が家のあたりは全く風もなく、穏やかなものでした。最近は電車をすぐに止めるので、早めに引き上げないと危険です。
産○研の方々、おそらく採算性や市場性などの話になると弱いのではないかと思いますが、純技術論になると、さすがですね。TXに乗れて、勉強になって、言うこと無しです。
民主党の前原元代表あたりが、高速道路無料化に反対のようです。このあたりに陳情して反対意見を広めるしかないでしょうねえ。

定年までの永年勤続おつかれさまでした。そしてシニアマネージャーとしての活躍、またまたおつかれさまです。
小生は20年勤務した会社を健康上の理由で数年前にリタイヤしたので、仕事が充実されているご様子の南海さんがちょっとうらやましいです。
仕事ではなく楽しみというスタンス、いいですね。

こんにちは、feltsenseです。
南海さんが今の状況を前向きに受けとめ、日常を楽しんでいらっしゃる様子が伝わってきます。
私はどうも日常をネガティブに捉える癖があって困っています。南海さんを見習わなくてはと、少しずつ色々なことに挑戦中です。
たとえば、せめて主人のラウンドに付き合えるぐらいになることを目標にして、ゴルフのレッスンに通ったりしています。暫くぶりにピアノを弾いてみたら、すごくヘタになっていてガッカリしましたが、弾く楽しさも味わうことが出来ました。

業務連絡
9/6 日曜 テレビ朝日19:00から19:58の「大人のソナタ」は新幹線ネタのようです。
---------------------
「あなたの知らない新幹線」女性運転手に密着 新幹線工場に潜入 車体は・・
---------------------
情報源 ザ・テレビジョン

ひでほさん、ありがとうございます。
小生は入社したての頃1年半の休職経験がありますが、後は何とか続いています。もっとも、途中で会社を変わっていますが。心臓の手術の予定で社長まで長期休暇の話が伝わっていたのですが、流れてしまいました。今のR&Dは半分趣味でやっているようなもので、恵まれています。
業務連絡了解しました。いつもありがとうございます。

「ひとごと」部のところでは思わずニヤニヤしてしまいました。いずこも同じ、ですねー。毎日通っているあのあたりで南海さんがこのように楽しげに?すごされていると思うと、なんとなく心がなごんでしまいます。(すみません。m(__)m)

feltsenseさん、ありがとうございます。
1980年頃ゴルフに手を出しましたが、仕事が変わったらそれからやらなくなり、結局やったのは数年です。子供が小さい頃は一緒にピアノを弾いたりもしましたが、やはり本当に好きでないと続きませんね。今は数十年ぶりにカメラ(鉄道写真)にこり始めました。今すべてが小康状態でこれがいつまで続くか分からないので、今のうちに少し遊んでおこうと思っています。
なお小生が若く見られるという話、昔からそうで、大学生時代にパチンコ屋で補導されたことがあります。子供と間違えられて投票用紙を渡されなかった21歳の女性の話、同情を禁じ得ません。

Wちゃん、ありがとうございます。
今は通勤経路が同じ方向なんですね。その駅近くで、昔は3階の不夜城と言われるくらい遅くまで仕事をする職場でしたが、山形に行って帰ってきた後は、そこそこの時間に上がっています。そこで「趣味の工作」をやって、楽しんでいます(笑)。
「ひとごと」部はうちの会社の専売特許と思っていたのですが、Wちゃんのところもですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老師社員的日常:

« 今年も写真展に出品します | トップページ | 大人の休日切符 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ