« エヴァンゲリヲン「破」 | トップページ | 足底腱膜炎、その後 »

2009/08/05

遠近両用コンタクトレンズ

2009年8月5日

先日デパートの中の眼鏡売り場(と言うより、店を出している眼鏡屋さん)の前を通ったら、遠近両用コンタクトを宣伝するPOPがあったので、釣られてチラシを数枚もらってきました。以前遠近両用眼内レンズの治験の案内をF病院で見たことがあったのですが、コンタクト自体はすでに実用化されているんですね。

遠近両用コンタクトレンズの原理は、何やら難しい理屈を見たことがありますが、簡単に言えば人間ははっきりした画像とぼけた画像を一緒に見ると、はっきりした画像しか見ないという脳の性質によるものだそうです。つまり二重焦点レンズの場合は、目にはぼけた画像とピントのあった画像が飛び込んできますが、脳はその中のピントのあった画像のみを選択してぼけた画像は無視すると言うことですね。視覚は目ではなく脳で決まり、カメラよりもその後の画像処理機能の方が重要と言うことです。

具体的にはどうなっているかというと、3社のチラシをもらってきましたが、
旭化成(ソフト):中心部が近用、周辺部が遠用。
HOYA(ハード):中心部が遠用、周辺部が近用、中間部もある累進焦点型。
ボシュロム(ソフト):中心部が近用、周辺部が遠用、中間部もある累進焦点型。

遠近両用眼鏡は上から下に行くにつれて焦点距離が変わっていますが、コンタクトレンズは中心部から外側に向けて焦点距離を変えてあるのですね。近用を中心に持ってくるか周辺に持ってくるか2タイプがありますが、それぞれ理屈があるのでしょう。明るくすると瞳孔が小さくなり周辺部の光が見えなくなりますから、小生は中心部が近用の方が良いような気がします。

いきなりコンタクトは大変ですが、小生の場合すでに右目はソフトを使っているので手入れは一緒にできるので、その手間は省けます。現在は眼鏡は遠近に中近、それにハンダ付けなど細かい作業をするときには近近まで3つを使い分けているので、コンタクトの累進焦点がどこまで付いてくるかわからないのですが、ちょっと興味はあります。

« エヴァンゲリヲン「破」 | トップページ | 足底腱膜炎、その後 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

主人は黄斑変性症で、進行が抑えられるだろう注射を受ける事になりました。月一で3回以上だそうです。
私も、PCやったり、本読んだり、ビデオ見たりで目が霞んできます。
二人そろって、仲良くカレイ一直線です。

meeさん、ありがとうございます。
ご主人の黄斑変性症は注射になりましたか。月一なら、まあ良いですね。
中近もそうですが、遠近両用眼鏡はパソコン画面や読書は真っ正面ではなく下向きのため、最近活字の読書は近近を使っています。カメラの交換レンズは増えないのに、目の交換レンズはどんどん増えています(笑)。
カレイは華麗に!

先日、眼頭が痒くて、かいた後、そのままお昼寝して、起きたら、目に違和感で、鏡を見ると、白目部分が透明に膨らんでいて、目が半分しか開けられない状態になり、眼科へ。かいたから炎症を起こし、水が溜まってしまったとの事です。目に異常が起きると、ビックリしますね。自然にすぐ治ると言われ、状態が酷いので、抗生剤目薬と炎症止め目薬が出ました。遠近両用コンタクトレンズは、便利そうですね。(^^)

memoreさん、ありがとうございます。
子供の頃「汚い手で目をこするな!」とよく言われていましたが、やっぱりこすったりかいたりするのは、禁物ですね。自然に治る状態で良かったです。なお水ではなく白目のところが出血すると、これも自然と引きますが、しばらくは不気味ですよ~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠近両用コンタクトレンズ:

« エヴァンゲリヲン「破」 | トップページ | 足底腱膜炎、その後 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ