« 京葉線の変電所火災 | トップページ | 遠近両用コンタクトレンズ »

2009/08/02

エヴァンゲリヲン「破」

2009年8月2日

先日エヴァンゲリヲン新劇場版破を見てきました。これから見ようという方もいらっしゃるでしょうからネタバレの話は止めておきますが、多少びっくりです。新劇場版の「序」はストーリー自体はテレビ版や(旧)劇場版と全く同じだったのですが、「破」になると登場人物も増え、ストーリー自体が変わっています。全体の流れは同じなのですが、「誰がどうした」の「誰」が変わっていたり、「どうした」にも変化があったり。そういえばテレビ版では3佐だった葛城ミサトが、1佐になっていましたね。3作目はもっと変わるでしょう、何しろ「急」ではなく、「Q」なのですから。

鉄の話で言うと、複線のモノレールのポイント、通常の鉄道だったらダブルクロスになるところの画が見事です。コンテナ列車の複線(単線並列?)併走シーンの先頭の機関車は、しっかりは見損ないましたがEH-200タイプだったような気がします。圧巻は電車内のシーン、画ではなく、音です。エヴァに出てくる電車はモノレールのくせに音は吊り掛け電車の音なのですが、箱根登山鉄道の旧型車の吊り掛けモーターの音を、かなり長時間聞かせてくれます。

最後のテロップで、作画車やCG担当者の名前をずっと挙げた後に声優を配役ではなく「声ノ出演」としてひとまとめに紹介。声優さんは怒るやり方ですが、声優に俳優並みの注目が集まることへの庵野総監督の抵抗でしょうか。「作画が優先する」という意地かもしれません。

« 京葉線の変電所火災 | トップページ | 遠近両用コンタクトレンズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリヲン「破」:

« 京葉線の変電所火災 | トップページ | 遠近両用コンタクトレンズ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ