« 襟裳から小樽へ(2) | トップページ | 襟裳から小樽へ(4) »

2009/07/06

襟裳から小樽へ(3)

2009年6月19日(金)

天気曇、寒い。朝持参した体温計で測ってみると、平熱。小生には「鉄」が一番の薬か(^_^;。
これまで北海道には何回か来たが、函館と札幌の間はずっと素通りだった。今回はそのあたりも埋めて見ようということになった。まずは大沼、早速周遊券を活用し、大沼公園まで特急「スーパー北斗」で行く。キハ281系。北海道のキハ281系は、いつ乗っても感動するくらい速い。Dscf2164a


大沼に着く前に左手車窓に湖が広がっているが、実はこれは大沼ではなく、小沼である。遥か40年前、氷結した小沼の横を走るC62を撮ったことがある。Dscf2165a
大沼に来るのは小生はそれ以来、カミさんは初めてである。小生も大沼公園では初めて降りる。駅の正面にステンドグラスがはめ込まれている。大沼に着き、せっかくだからと遊覧船に乗る。「船内は暖房が効いています」というのを呼び込みにしているくらい気温が低い。Dscf2172a
臨時便が出たのでそれに乗るが、乗客は二人だけであった。「沼」と言うだけ水深が浅いこともあり、水は汚い。大沼から小沼に入ると、波が静かと言うより、ほとんど波がない。これだけ湖の表情が違うのも、面白い。Dscf2171a


遊覧船を下り、沼の周りを少し歩く。「千の風になって」が誕生したのはこの地らしく、名曲誕生の記念碑がある。小沼近くの森では、ウグイスが鳴いている。小さな沼には睡蓮があるが、睡蓮には少し早かったようだ。結局2時間以上、大沼でのんびりした。だんだん日頃のストレスが抜けていく。Dscf2174a

Dscf2176a

大沼公園から次の洞爺までも特急「スーパー北斗」、それでも1時間以上かかる。今度はキハ283系、今日はいろいろ楽しめる。キハ283はキハ281よりパワーが上がっているが、その分かどうか力行時の振動が大きく、キハ281の方が乗り心地がよい。洞爺に着いたが洞爺湖までのバスは1時間に1本、しばらく待つことになる。Dscf2178a


(つづく)

« 襟裳から小樽へ(2) | トップページ | 襟裳から小樽へ(4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大沼公園は車窓からしか見たことがないです。さすがに沼ですね、静かでそして密やかな感じがします。
以前からお聞きしたかったのですが、南海さんの奥様は鉄子さんですか、キハ251なんて聞くと「あああれね」ってお分かりになるのでしょうか。

学生時代、大沼公園にあった紫水荘YHに泊まりました。

上野発の夜行列車と青函連絡船で朝函館着、函館でうろうろしたあと大沼へ。
駅は、こんなにきれいじゃなかった。
大沼では、ボート漕いだりした記憶があります。

いま、紫水荘YHは無いようです。

定年を迎えられおめでとうございます。そしてお疲れさまでした。といってもまだまだお忙しいのですね。我が家の夫には「庭の敷石(小さくてガタガタしています)をちゃんとバランス取れて渡れるうちはお勤めを続けて下さいね」とお願いしてありますが、南海さんもバランス感覚抜群の感じが致しますから、まだまだ頑張って下さいませ。
6月の北海道は昔から行きたかったのですが、結構寒そうですね。

キハ82の特急の時代から北海道に行っていないので、いろいろ参考になりました。
そういえば、今週土曜19時からの土曜スペシャルは北海道のローカル線の旅特集だそうです。取り急ぎお知らせします。

6月に行ったハネムーン北海道は、想像以上に寒かったのを覚えています。ひっそりとした佇まいの大沼公園は落ち着く感じがしますね。下の写真の緑もきれいですね。♪

meeさん、ありがとうございます。
出張から帰ってきたらパソコンがトラぶり、遅くなりました。
カミさんは「鉄」気は全くありません。岡山に行ったときにN700系を取って、後で「言われてみたら、本を読んでるときに揺れなかった」という程度です。車体の塗色の違いだけ、おもしろがっています。

楠の末裔さん、ありがとうございます。
小生も昔来たのは大沼公園ではなく大沼でしたが(その当時、大沼公園回りの別線があったかどうか)、すすけた駅でした。まあ10年一昔と言いますが、4昔(笑)ですからねえ。

chokoさん、ありがとうございます。お久しぶりです。
小生の計画では2年間はフルタイム、3年目くらいから少しずつ出勤する日を減らそうと思っていますが、どうなることやらです。小生の場合鞄を持って階段を上るのが怪しくなってきたら、引退時期でしょうね。
北海道、6月は少し寒いです。7月になってからの方が良いですが、逆に運が悪いと30℃を超えます。

ひでほさん、ありがとうございます。
テレビの情報、ありがとうございます。パソコンがトラブって全く動かなくなり、小生は録画もパソコンでやっているので、一時はどうなることかと思いました。
小生は逆に北海道のキハ82は見ていませんね。九州と山陽ばかりです。

memoreさん、ありがとうございます。
chokoさんのところも書きましたが、6月は寒いですね。小生の新婚旅行は5月中旬でしたが南紀だったので、もう暑かったです。
北海道の緑は少し黄緑がかっていて、とてもきれいです。それと下草が少ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 襟裳から小樽へ(3):

« 襟裳から小樽へ(2) | トップページ | 襟裳から小樽へ(4) »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ