« 襟裳から小樽へ(9) | トップページ | エコポイント »

2009/07/25

襟裳から小樽へ(10)

2009年6月22日(月)

今日が今回の北海道旅行日の最終日、帰る日でもある。カミさんは北斗星なので札幌夕方の発車だが、小生は午後の飛行機が撮れずに13時という早い時間なので、もう朝からすぐに出発である。小樽の天気は曇、札幌は雨のようで、カミさんはいろいろ迷った末に、小樽の水族館に向けて出発した。Dscf2387a


さて小生の方は、まず手宮線の跡地をじっくり見る。横浜の汽車道と違って昔の線路をそのまま残してあるため、古い木の枕木がそのまま残っている。この枕木にある鋭い刃物で付けたような傷、これは防腐剤をしみ込ませるために、わざと付けてあるのだ。昔三角の中学校の通学路のそばに枕木と電柱の防腐工場があり、そこで作業を見ていたので、工程はよくわかる。Dscf2389a

昔の線路をそのまま残してあると思っていたが、大通り(中央通り)の踏切部分は、線路の方を切り下げて道路を直線にしてある。そうしてまでも踏切を残して、手宮線の跡地を保存してあるのだ。Dscf2393a


今お祭りの真っ最中の竜宮神社に行ってみる。敷地は狭いが、榎本武揚の立派な銅像があった。蝦夷地は榎本武揚の夢の大地であったらしい。Dscf2395a


千歳空港行きのエアポートは、Uシートを奮発する。奮発と言っても300円なので、湘南新宿ラインのグリーン車に比べれば、ずいぶん安い。駅に入る前にロッテリアでコーヒーを買ったら、カードのポイントでまかなえるとのこと、ポイントだけで買って現金を払わないと、何か得したような気分になる。Dscf2396a

Uシート連結のエアポートは721系でサハ721-3200は全室Uシート、車掌室付で車掌室には専用のドアもある。車掌は編成最後尾ではなくここに乗務し、ドア操作も行う。専用のドアがあるので、ドア操作時車掌はホームに降りるが、最近のJR北海道の新車はこのドアを廃止し始めているようだ。キハ281系は車掌用ドアがあるが、キハ283系にはない。やがてJR東のように、窓から顔だけ出してドア操作をするようになるのだろうか。Dscf2398a


小樽からのエアポートは札幌で方向反転をせず、そのまま千歳空港に向かう。天気は次第に雨模様になり、千歳空港ではかなり強い雨になった。しかし飛行機の発着には影響はなく、B747-400は時刻通りに羽田空港に到着した。出発時の小樽の気温は19℃、東京の気温は27℃であった。東京は雨であったが自宅のあたりは幸い降っておらず、無事傘を差さずに自宅に到着した。

(完)

« 襟裳から小樽へ(9) | トップページ | エコポイント »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大作北海道旅行、楽しませて頂きました。
私の行っていた高校では、文化祭の夜、枕木を積んでファイアーストンがありました。
今は続いてるかどうか分かりませんが、枕木は無いですね。
東京だけ梅雨明けみたいな変な天気、蒸し暑いですね。

meeさん、ありがとうございます。
長文を最後までお読み頂き、ありがとうございました。洞爺湖と小樽が予想以上に良かったので、ついつい長くなってしまいました。
枕木と言えば、古枕木で作った鉛筆(試作品)というのを持っています。古枕木とは言え防腐剤のにおいが強く、失敗作だったようです。
明日(26日)は暑くなりそうですね。

詳細旅行記、楽しくまた役に立ちます。
また小樽行きたくなりました。って秋に行くんですが、お昼の短時間だけ寄るという感じにしかなりません。温泉目当てです。食事量が今の私には多すぎるんですけどねぇ。
南海さん書かれているように、千歳から便利だからまた行けますね。
Uシートってグリーン車みたいのですか(^_^;)

miyaさん、ありがとうございます。
長文を最後までお読み頂き、ありがとうございました。秋に小樽に行かれますか。小生は今度は冬に行ってみたいです。
JR北のUシート、普通車の指定席で、シートはJR東の各停グリーン車より良いですね。指定席なので切符を持っていれば確実に座れ、また空いていれば車内でも買えます。

修学旅行以来、北海道に行っていないので、北海道は浦島状態・・・参考になりました。

ひでほさん、ありがとうございます。
小生は九州だったので、修学旅行は逆に東京に来ました。座席車で車中2泊です。
北海道は3年に1回ずつ位行っており、かなりあちこち行きました。そろそろ、再訪コースも考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 襟裳から小樽へ(10):

» 神奈川 レジャー [神奈川 レジャー]
"東京ジョイポリスにある主なアトラクションですが、「スピンバレット」と呼ばれる回転走行型のジェットコースターがあります。室内ならではの楽しみを満喫できます。関東のレジャースポットとして「東京ジョイポリス」と言う場所があります。 [続きを読む]

« 襟裳から小樽へ(9) | トップページ | エコポイント »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ