« 襟裳から小樽へ(5) | トップページ | 襟裳から小樽へ(6) »

2009/07/14

足底腱膜炎

2009年7月14日

3週間位前に、かかとに激痛が走りました。まっすぐ立ってかかとをおろすと、痛いという状態です。この激痛は1日ほどで治まりましたが、かかとに体重をかけると痛いという状態は、ずっと続いていました。そうしたら、カミさんが新聞の医療欄に同じ症状を見つけました。足底腱膜炎という名前です。今は単にちょっと痛いという状態ですが、心配になって整形外科に行ってきました。

整形外科に行くのも、久しぶりです。小生のホームページの昔の記事にMAC狂いの整形外科医として登場する整形外科です。ここに顔を出すのも久しぶりで、診察券が新しくなっていて作り替えました。この整形外科も今年の6月で開業10周年になったとか。小生の診察券の番号は3桁ですが、今は2万台まで行っているそうです。会計の時にも、この3桁が話題になりました。

レントゲンを撮ってみてもらったところ、やはり足底の腱が炎症を起こしているそうです。早い話が足底腱膜炎ですね。原因は硬い靴での長時間歩行、立ちっぱなしなど。対策はまあ対症療法で、湿布と、土踏まずにインナーソールを入れるのが良いそうです。これは早速帰りに薬屋に寄ってみましたがなぜか女性用しか無く、次の休みの日にでも東○ハンズに行ってみます。

北海道旅行はスニーカーでしたが、小生は日頃革靴にクッションソールを入れているので、どちらが良かったか不明なところがあります。休みはこのスニーカー用のソールも探してきます。

« 襟裳から小樽へ(5) | トップページ | 襟裳から小樽へ(6) »

整形外科関係」カテゴリの記事

コメント

整形外科通院お疲れ様です。重篤でなくてよかったです。
お医者さんはMAC使いが多いですね。小生の整形の主治医もMAC狂いです。
影響受けて小生もカラクラ、初代i-mac、Mac mini(intel)なんぞを使っています。

踵が痛いの辛いですね。
私も踵骨棘になった事があります。
踵の骨がとげみたいで歩くと痛みました。
治療法は踵が抜けてるソールを敷くぐらいでした。二年ほどでいつの間にか直りました。
このところ整形外科に通って感じたのは、医者は切った貼ったが好きで、骨にしか興味が無い事ですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
ステロイドの大量投与/服用を1年以上続けたため、骨の状態も心配でしたが、骨は何ともなく、丈夫なかかとの骨と言われました。
この整形外科、開業したときから院内LANで、先生のところにあるG4をサーバーにしてリハビリルームと会計のi-Macが繋がっていました。ところがレントゲン写真を取り込むソフトがWindows対応しかなく、先生は泣く泣く自分のマシンをWINに取り替えたといういきさつがあります。

meeさん、ありがとうございます。
やはり自然と治るものですね。
整形外科の先生、レントゲンを見るか、後はあちこち押さえて骨の状態を見るか、ですね。この先生専門は脳外科なのですが、多分脳外科の患者は開業して数えるくらいしか行っていないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足底腱膜炎:

» 結膜炎 [結膜炎]
結膜炎についてコンテンツを作成しております。よろしくお願いします。 [続きを読む]

« 襟裳から小樽へ(5) | トップページ | 襟裳から小樽へ(6) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ