« エコポイント | トップページ | 京葉線の変電所火災 »

2009/07/31

治療終了4年後の検査結果

2009年7月31日

久しぶりに、肝臓の診察に行ってきました。駅で偶然にバスに間に合い、病院に8時半前に着きました。バスの本数が減り朝のラッシュ時も20分おきになったので、1本外すと20分遅れます。採血は3週間前に済ませたので、診察室前で本を読みながらのんびり待ちます。基本的に診察開始は朝9時ですが、早い先生は9時前から診察を開始します。ところが肝臓はなかなか始まらず、10分ほど過ぎたところでぱたぱたと走ってくる先生、あれY先生だ。「STAFF ONLY」の入口から飛び込み、すぐに診察開始です。

順番は早いので、すぐに呼ばれます。結果は、
GOT=23,GPT=14,血小板数=20万と、良好です。ウイルスも、「検出せず」。治療終了後約4年ですが、順調に経過しているようです。γ-GTも13と、飲み過ぎてもいないようです。

Y先生(ばんばんさんの表現では、Y女医)、てきぱきと進め、次回の診察(来年の1月)と同時に、エコーの予約も入れました。エコーは診察の当日でも良く(知らなかった!)、朝8時40分からエコー、9時から診察という、すごいスケジュールです。一番寒い時期、そこでの朝食抜きは、もっと寒いだろうなあ。

Y先生、「肝臓以外の他の診察を受けていますか?」と聞いてきました。どうやら総合診察と言うか、人間ドック的なことを聞いてきたようで、会社の検診を受けているのなら良いでしょう、ということでした。そろそろ年齢的にどこが悪くなっても不思議はなく、その状態で定年になって会社の検診も受けなくなったら、本当に危なくなるところです。小生はまだ会社にいるので検診がありますが、本当に引退した後は何か考えなければいけません。収入はないので、市の無料検診などを利用することになるでしょう。

4年目ではなく、4年後ですね。訂正しました。

« エコポイント | トップページ | 京葉線の変電所火災 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

順調で何よりです。
最近は、至急扱いじゃなくてもPCにエコー画像が飛んでくるので、私も当日に結果をきいています。
退職後2年間は、今所属の健保の任意継続ができるのではないですか。すぐ国保に移ると高いですよ~。収入減ってから国保移行すれば安くなりますが。それとその2年間は健保組合関係から健診も受けられるのでは? 多少支払うかもしれませんが。

miyaさん、ありがとうございます。
体調は良く、心配はしていなかったのですが、やっぱり結果を聞くとほっとしますね。心エコーは、確か当日はダメでした。
なるほど。完全引退後もしばらくは任意継続の方が良いんですね。小生のいるところの健康保険組合は、指定医療機関の人間ドックはすごく安くなっていたのですが、その割引が今もあるかどうかは確認していません。あれば最後の機会に行ってみます。

さすが落ち着いた日常生活を送られている南海さん、GPTが10台というのが素晴らしいです。再発も無く、良かったです。大丈夫だろうなあと思いつつも不安なお気持ち、同じ患者(元患者を希望)として痛いほどよく分かります。

退職後にあらわれてくる問題の一つとして、人間ドックや健康診断をどうするのかということが出てくるのですね。これは僕も気をつけなければ。

補足しますと、南海さんの場合は、定年後の再雇用なので、完全引退時の標準月額報酬も定年で辞める場合よりも下がっていると思いますから、それにより任意継続時の保険料も下がるとは思います。任継は、会社で負担してくれた分も自腹になりますからかなりの金額ですが、上限額があります。国保は前年の収入(給与賞与 + 60才以上は厚生年金報酬比例分もあればそれも)によりますし、また算定方法も市町村によって多少違いますから、任継と国保、どちらが負担額が少ないか、前年の収入がわかった時点で退職前に具体額を一度確認されるといいと思います。65才以上だと介護保険料も変わりますし(これからどうなるかも分かりませんしね)。
なお保険が変わった日は、保険証の発行が遅かったりする時もあるので医療機関での扱いがいったん自費になったり面倒です。任継に変わるのはまだいいのですが、国保へ切り替えの日から数日は予約は入れない方が無難かも。
って、随分先の話です(笑)。

Wちゃん、ありがとうございます。
前回の検査ではどうでも良いところでかすったような「H」があったのですが、今回はそれもなく、検査表は久しぶりの何も無しです。
以前は著効後5年経ったら無罪放免だったのですが、今は10年後に延びました。ところが小生は10年後だと65歳を超えていますので、どこにガンができても不思議でない年代です。人間ドックの必要性が増しますね。

miyaさん、詳しい解説ありがとうございます。
以前に健保組合に確認したことがあったのですが、組合独自の高額医療費の上乗せ分、これは任意継続でも差はないそうです。手術する可能性があったらぎりぎりまで任意継続を続けた方が得なようですが、そうでなかったら国保の方が得な場合もありそうですね。
あの介護保険料がくせ者ですが、小生が65歳になる頃には、また変わっている可能性が大ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治療終了4年後の検査結果:

« エコポイント | トップページ | 京葉線の変電所火災 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ