« 襟裳から小樽へ(1) | トップページ | ハッピーリタイアにはほど遠い »

2009/06/29

心肥大は進行せず

2009年6月29日

旅行記の続きを期待されている方には申し訳ないのですが、今日は循環器の検診に行ってきたので、その記事を。
いつもの通り、採血から。前回(3月)からシステムは変わって、採血も番号表示になっているのですがすっかり忘れ、看護師さんに「来る度にやり方が変わっている」と言ってしまいました。この方式、本院では以前からやっているそうなのですが、分院にはやっと3月から導入したそうです。どう見ても流れは悪くなっており、今は昔ほどの「強ミノラッシュ」が無くなっているので、導入できたのでしょう。やはり名前を呼ばれることに文句を言う人もいたようです。
看護師さん「まあ文句を言うのは大抵名前を聞いても誰も知らないような人で。」
小生「やはり本院の方が有名人は多いんでしょう?」
看「いや、本院は特別室があるので、そちらに回ってもらえれば良いんです。でもこちらにも、一人で来て良いのかと思うような方が一人で来たりしますよ。」
小「私がかかっている別の病院は、偽名可になっていましたが。」
看「あ、昔やっていました。プロ野球の選手が偽名でやってきたことがあります。」
採血中は真空採血管に任せて暇なので、こんな話をやっていました。

今日はX線撮影もあります。近いに降りて場所を聞いてとことこと行ったら、何となく見覚えのある場所に来ました。かつての新館の、準備はしたものの使われなかったエントランスホールの地下です。97年の入院中に、ここは人が少ないので公衆電話を使いに、病棟からここまで来ていました。X線はごく普通、正面からと横からの撮影です。

診察の結果、特に血液検査の結果は問題なく、赤組白組とも良好。血小板数も216Kと良好です。PT-INRは1.78、1.8あたりが狙い目らしく、良いところです。今回は心エコーの結果も出ていました。印刷した紙をくれませんでしたが、逆流度は2で変わりなく、LVDs(収縮時左心室内径)は35でした。前回の心エコー、2008年4月が34でしたからほぼ変わらず、ほとんど変化無しと見て良いでしょう。小生の場合、変化無しは非常に良いことで、うまくいけば心臓の手術は無しで逃げ切れます。チラと見た所見にあちこち「石灰化」という文字が見えましたが、これが心配なのは手術をするときに弁形成がやりにくいということで、手術をしなければ特に問題はありません。先生も、X線の結果でも心臓は大きくなっておらず、このまま経過観察ということになりました。次回は3ヶ月後の9月です。

なおレニベースの日光過敏症について聞いてみましたが、ほとんど無いとのことです。薬剤師の新しい先生に聞いても、まれな例とのこと。やはりどこかで皮膚科に確認した方が良さそうです。

« 襟裳から小樽へ(1) | トップページ | ハッピーリタイアにはほど遠い »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

体調は上向きのようですね。
病院に行くと、勝手が分からずうろうろするのが良いのでしょうね。
残念ながら私はどこにでも迷わずたどり着けるベテラン患者です。今週は3日間通います。
娘達が今日帰って行きました。6才の孫息子は電車が大好きで、毎日のように近所の車庫見物に行きました。線路の上の架橋から見るのですが、なんとチビ鉄ちゃんがずらりと並び、おじいちゃんの間違いなどもしっかり訂正してくれたそうです。

meeさん、ありがとうございます。
このところシステム変更が急で、3ヶ月に1回だとまごついてしまいます。
最近は「鉄」が趣味として認められるようになり、ちび鉄ちゃんも堂々と増えたようです。昔もいましたが、変わり者扱いだったので、小さくなっていました(^_^;。

循環器検診お疲れ様です。
変わりがなくてよかったです。(^^)
名前で呼ばれますが、お仲間さん達とお茶を買いに売店に行っている時に、病院のアナウンスで呼ばれた時は、恥かしかったです。(笑 全館に私の名前が~~(笑 
甥っこも電車が好きで、小さい時は、絵本をよく買ってあげたのを思い出します。
大人になったら、きっと電車での旅を楽しむのだと思います。

memoreさん、ありがとうございます。
小生が通っている病院でも、行方不明になった人は館内呼び出しがかかりますが、全館ですからねえ。なおF病院の眼科は、「見る」ということができないという前提なので、看護師さんが名前を大声で呼んでいます。
男の子は大抵電車が好きで、二男が小さいときはよく踏切で特急を含めた「豪華3本立て」を眺めていました。

心臓、変化なくてよかったですね。
小生の場合、ARが2度といわれたのは24のとき、20年以上も前でした。

ひでほさん、ありがとうございます。
小生はMRですから手術になってもまだ楽ですが、ARは大変らしいですね。小生が逆流がわかったのは会社の検診で50歳ちょっと前でしたが、その時内科医から「若い頃心雑音がすると言われたこと無い?」と言われました。かなり古くからあったもののようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/45494340

この記事へのトラックバック一覧です: 心肥大は進行せず:

» 薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職情報 [薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職情報]
とっても高待遇な薬剤師・管理薬剤師の求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

« 襟裳から小樽へ(1) | トップページ | ハッピーリタイアにはほど遠い »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ