« 心エコーと阿修羅展 | トップページ | ひかりONEギガ得プラン »

2009/04/25

金聖響氏とピリオド奏法

2009年4月25日

神奈川フィルを聞きに、みなとみらいホールまで行ってきました。金聖響氏の常任指揮者就任記念コンサートでもあります。早めに着いたら、何と指揮者のプレトークがありました。曲目解説ではなく、演奏スタイルのこだわりの話。ピリオド奏法という、現代の楽器を使って作曲された当時の響きを出そうとする奏法の話や、新調したバロックティンパニーの話、さらには第二ヴァイオリンを対向配列にすると逆向きになり聞こえにくくなるので2名増員した話など、かなり音へのこだわりが見えます。ここまで細かいところにこだわるのはA型かな、と余計なことを考えたりもしましたが。

小生は古楽奏法というのがあまり好きではありません。現代のオーケストラは作曲された当時と違って大ホールで演奏し、また人数もずっと増えているので、現代の演奏法の方が適していると思っているからです。今日の曲目はハイドンの交響曲「時計」と、ベートーベンの交響曲「英雄」、最初のハイドンは、弦にほとんどビブラートがかかっていませんが、これは違和感はありません。良い演奏と思いました。

しかし「英雄」はどうにもいけませんでした。弦はともかく、管楽器にまで当時の奏法を再現していたからです。特にホルンに、高音域で当時と同じゲシュトップ奏法をさせていました。ゲシュトップ奏法で高音を出すと音質が変わり、言わば裏声のような感じになります。第2楽章後半と第3楽章でホルンの聞かせどころ(と小生が思っている)ところがありますが、そこでこのゲシュトップ奏法をやられると「せっかく良いところで!」と思ってしまいます。ハイドンはともかく、ベートーベンは当時の金管楽器の性能に不満を持っていた人ですから、現代楽器の現代の奏法で演奏しないと、ベートーベンはかえって怒ると思います。

演奏終了後はブラボーの嵐でしたが、小生は拍手をしませんでした。常任指揮者就任記念コンサートに「ブー」はあんまりなので、せめてもの抗議行動です。

« 心エコーと阿修羅展 | トップページ | ひかりONEギガ得プラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金聖響氏とピリオド奏法:

« 心エコーと阿修羅展 | トップページ | ひかりONEギガ得プラン »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ