« 還暦は本籍地で | トップページ | ムジークレーベンの破産 »

2009/03/01

SUICAVIEW定期

2009年3月1日

小生は通勤区間がJRのみで、SUICA定期を使っています。PASMOと両方持っていることになりますが、定期券区間からの乗り越しがあるので、やはり定期券にもSUICA機能を付けておいた方が便利です。しかしオートチャージは使えませんでした。と言うのも、SUICAのオートチャージはPASMOと違ってVIEWカードと一体のもの(つまり、SUICAVIEWカード)に限られ、それに定期券を加えたSUICAVIEW定期はなかったからです。

先月ルミネカードから案内が来て、新しいルミネVIEWカードはSUICAVIEW定期が可能なことがわかり、早速申し込みました。最近定期入れの中がカードだらけになり、少し整理したかったからです。これでSUICA定期とルミネVIEWカードが1枚になり、1枚減ります。もっとも定期が減るだけなので、年間会員料金は減りませんが。

カードのデザインは普通のルミネカードと同じようなものです。定期情報の印刷はどこにするのかと思っていたら、裏でした。駅の定期券自動販売機に、気がついたら「発行替え」というボタンが増えており、そこを押して今までの定期、新しいルミネVIEWSUICA定期(長い!)を入れたら、定期券情報とSUICAの残金がそっくり移動し、500円戻ってきました。SUICAを1枚解約した形になるからです。普通SUICAをSUICA定期に変える時、中の残金を移動させると手数料を取られますが、これは手数料無しです。ただし古いSUICA定期は自動的に回収されますので、コレクションにしたい方にはお勧めできません。このルミネVIEWSUICA定期、どちら向きに定期入れの中に入れるのか、迷うところです。

その後駅のVIEW ALTTEでオートチャージの設定(小生の場合は設定変更)をして、できあがりです。デフォルトではチャージのトリガ金額が1000円になっているので、3000円に変更です。小生は1回2000円以上の乗車区間が多いので、SUICAの残額は高めにしておかないと、改札から出られなくなります。ルミネVIEWSUICA定期の案内に、しつこいくらいに「定期券の発行替えを先にやれ!」と書いてありました。なおPASMOにはこの設定変更機能が無く、関係者から「そのうち作らねば」という話は聞いていたのですが、未だにできていおらず、その関係者も転属になってしまいました。岡山ではSUICAは使えるもののPASMOは使えず、だんだんPASMOの出番が無くなります。

« 還暦は本籍地で | トップページ | ムジークレーベンの破産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スイカを持ち忘れると切符を買いますが、スイカ専用改札口が又増えました。
これが結構不便なんです。
チョキチョキ名人芸さんが懐かしいですね。

meeさん、ありがとうございます。
磁気券も使える改札機とSUICA線用改札機を比べると、SUICA線用改札機の方がメンテナンス箇所が少ないため、鉄道会社は増やしたがりますね。
チョキチョキの名人芸、あの音で視覚障害者の方も改札の場所がわかっていた、と盲学校の先生に聞いたことがあります。

岡山近辺でもスイカが使えるらしいですが、宇野など現在盲腸線と化した区間とか、ちょっと岡山から出ると使用がNGらしいです。宇野駅でNGとは・・・時代は変わるものですね。

ひでほさん、ありがとうございます。
岡山は、市内電車でSUICA使えます。ただこういう外部との連携ができるのはSUICAだけで、PASUMOは使えないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SUICAVIEW定期:

« 還暦は本籍地で | トップページ | ムジークレーベンの破産 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ