« 頭をまんべんなく使うと、ボケ防止になる | トップページ | 入学式と桜と »

2009/03/29

ジェネラルルージュの凱旋

2009年3月29日

シニア料金を使っての映画鑑賞、2回目は「ジェネラルルージュの凱旋」です。
これは原作をすでに読んでいます。原作を読んだ後映画を見ると、大抵はイメージを壊されることが多いのであまり見ないようにしているのですが、「違う結末になっている」という話を聞き込んだため、見に行きました。

まず配役
○田口公平講師→田口公子医師:竹内結子
 「三丁目の夕日」同様、主役級を女性にするのは、ある意味映画化のお約束のようなものです。原作通りだったら、男だらけの話(女性は脇役だけ)になったでしょう。
○白鳥圭輔技官:阿部寛
 違和感なく、適役です。
○速水晃一救命救急センター部長:堺雅人
 新聞広告の写真を見たとき、ちょっとイメージが違うと思いました。外科医にしては繊細すぎると思ったのです。ところが映画の中では、沈着冷静な救急医が実にぴったり来ます。さすがはうまい役者さんです。

原作はミステリーの形を取っていますが、内容は救急医療と検死に対するエーアイの適用との二つの問題提起小説です。映画ではその半分をばっさり捨て、救急医療問題にだけ絞っています。おかげで猫田師長のような魅力的な登場人物が姿を消していますが、映画としてはこうして正解だったと思います。また原作にないエピソードも追加され話としては面白くなっていますが、その分「救急医療を真面目にやると、病院がつぶれる」という現在の医療制度の問題提起が薄くなっているように感じました。しかし、楽しめる映画です。
なおその他の配役としては、藤原選任看護師(元師長)が野際陽子で、実にぴったりでした。

行きつけの映画館(シネマコンプレックス)での「ジェネラルルージュの凱旋」は、とうとう上映回数が一日2回になってしまいました。それではがら空きかというと、かなり混んで6,7割は座席が埋まっていたようです。今までは「つ止まり」が珍しくなかっただけに、最近では珍しい混みようでした。ひょっとしたら映画館が映画配給会社に支払う料金が買い切りではなく1回上映いくらとなっておりその料金が高く、意識的に上映回数を減らしているのかもしれません。

« 頭をまんべんなく使うと、ボケ防止になる | トップページ | 入学式と桜と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チームバチスタとナイチンゲールの2冊を読んでストップしてました。
あまりにも生々しすぎるし、田口と白鳥の絡みがパターン化してるしと、躊躇してたのです。
先日バチスタの映画を見たら田口公子さんになっていて驚きました、竹内結子、阿部寛、野際陽子さんぴったり適役ですね。
手術室のシーンは映像化されたほうがリアルになりそうですが、実体験に勝るものはなしです。
ジェネラルルージュ、原作を先か、映画を先か、おすすめは?

ご覧になられたんですね(^^)
私は原作は読んでいないので何の抵抗もなく楽しめました。MMで観たのですが、その時は一日4回くらい上映だったかしら。今は2回上映みたいです。
阿部寛は、面白いですね。竹内結子の歩き方がピョコタンピョコタンという感じで笑ってしまいました。
堺雅人はほんとうに上手い俳優さんです。私はバチスタの方(TVドラマじゃなく映画の方も)はTVで見たせいか、ジェネラルルージュの方が面白かったですが、堺雅人による影響大かなぁ・・でした。

meeさん、ありがとうございます。
ナイチンゲールの沈黙とジェネラルルージュの凱旋は表裏一体の作品で、どちらかと言うとジェネラルが正当な第2部、ナイチンゲールは外伝的な作品です。とは言うものの、時間的にはナイチンゲールの途中からジェネラルは始まっていますので(そのあたりのいきさつは最新作「ジェネラルルージュの伝説」に詳しいです)、ナイチンゲールをすっ飛ばしてジェネラルを読むと、戸惑われるでしょう。
すでにナイチンゲールをお読みなら、原作を先にお読みになる方をお勧めします。ただ映画にはナイチンゲールのかけらも出てきませんので、映画が先でも平気ですよ。

miyaさん、ありがとうございます。
小生は原作は読んでいますが、バチスタのテレビ、映画とも見ていません。ただジェネラルの映画は、面白かったです。阿部寛はいろんな役ができる役者さんではないような気がしますが、こういう役ははまります。堺雅人、このシリーズに再登場してもらいたいところですが、速水医師がこの後(この後の作品ではなく、時間的なジェネラルルージュの後)出てこないので、再登場は無理ですね。

基本的に配給会社へは入場料金を特定の比率で劇場と分け合うので、上映回数は関係ありません。
ジェネラルルージュは初動があまりよくなかったので、
相次いで新作が公開されたので小さい劇場に移されたのでしょう。
この時期は子供向け作品が優先になり、繁忙期でもあるので、しょうがないですね。

最近、ダンナの観たい映画を優先にしているせいで、まだジェネラルルージュは、観ていなくて(^_^;)結構、面白いのですね。
阿部寛は、「結婚できない男」で、印象が強いです。今、再放送されています。
ジェネラル観たい気持ちが更に高まりました~、今月は、観れたらいいな、と思います。

まりっぺさん、ありがとうございます。
バイトとは言え、プロですね。春休み中なので、おっしゃるとおり子供向けが優先されているのでしょうね。ヤッターマンは子供向けとは、とても思えませんが(笑)。次はエヴァンゲリヲンを見に行きます。

memoreさん、ありがとうございます。
阿部寛の「結婚できない男」、見ていました。この印象が強いのですが、その他ではNHKの大河ドラマ「義経」での平知盛の役が印象に残っています。ジェネラルルージュの凱旋は、見て損はしないと思います。

原作読んでいないので、まずは本屋さん行って買わないと・・・そういえばバチスタ・・も南海さんに刺激されて購入しちゃったんでした。^_^;
p.s.
チームバチスタの栄光は原作も映画もドラマも観て、イメージがぐじゃぐじゃになっています。

やはり、「ジェネラル」原作から読もうと本屋にいったら、その前の難しい名前の本があり、買っちゃいました。順番に読みます。
今は「世界の中心で、愛をさけぶ」を読み返しているので、映画は終わってしまいそうです。

ひでほさん、ありがとうございます。
何やら小生はあちこちで海堂尊の宣伝をしているようですね(^_^;。チームバチスタは、小生は原作だけで、テレビドラマも映画も見ていません。やっぱり原作を読んで映画を見ると、イメージが変わるものが多いですか?

meeさん、ありがとうございます。
難しい題名というと、螺鈿迷宮ですか?これは時間的にはジェネラルルージュの後なので、ジェネラルルージュを先に読まれても、いっこうにかまいません。ジェネラルルージュの映画、意外と終了が早いかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェネラルルージュの凱旋:

« 頭をまんべんなく使うと、ボケ防止になる | トップページ | 入学式と桜と »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ