« 背広と鞄、どっちにお金をかける? | トップページ | 小田原詣で »

2009/02/06

治療終了3年半後の結果、「検出せず」

2009年2月6日

半年に1回の肝臓の検診に行ってきました。治療終了から約3年半になります。結果は、
GOT=26,GPT=22と順調です。ウイルスも「検出せず」でした。
その他の数値は、血小板数=21.4万、AFP=2と、きわめて順調です。

産休明けのY先生、いつも通りてきぱきと進めます。エコー検査の結果も問題なく、ただ大動脈が「石灰化」と書かれていました。歳は争えず、動脈硬化が起こっているようです。なお肝臓のエコーの時に見える大動脈は、肋骨の下から骨盤のあたりまでだそうです。

前回からの懸案になっていたレベトールと心臓病の関係を聞いてみました。(なおそのあおりで、先生の子供が本当に男の子だったかどうかは、聞き漏らしました(^_^;。)レベトールの心臓に対する影響は貧血に起因するものなので、止めればすぐに回復するものだそうです。ただしこれから先はY先生の推理も入っていますが、レベトールの影響が貧血から心肥大にまで及んでいると、貧血が回復する→心肥大が元に戻る→逆流が改善する、のにはタイムラグが出るだろうとのことです。確かに納得です。

産休明けのY先生、以前より笑顔が増えたように思えるのは、気のせいでしょうか?

« 背広と鞄、どっちにお金をかける? | トップページ | 小田原詣で »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

治療終了3年半後 検出せず・・・おめでとうございます。レベトールの貧血が心臓に影響があるとは・・・貧血もあなどれませんね。

私も検診行ってきました。
いったい終了後何年になるかと見直したら、2年半でした。
多少のHLは有りますが、問題なしでした。
不満は中性脂肪が2オーバでHなのです。
先日整形外科で膝の診察の時に、痩せているから負担が少なくて良かったと言われたし、
かなり期待していたので残念です。
今月からプールも再開したので、節制しつつ社会復帰したいと思います。
通いなれた病院ですが、待合室の椅子が増え患者があふれていました。

ひでほさん、ありがとうございます。
元々レベトールは心臓に良くない薬で、「心臓病モード」の減薬処方(小生もこれでした)があるのですが、その原因が貧血由来とは知りませんでした。やはり「劇薬」ですね。

meeさん、ありがとうございます。
meeさんは2年半ですか。中性脂肪の2オーバーなら誤差の範囲です。やはり少し運動をしないと高めになるようですね。小生も総コレステロール値が上限に近くなってきており、間食を減らさなければなりません(^_^;。

検診ご苦労様でした。
「3年半後経過問題なし」改めておめでとうございます。
やはりリバビリンの貧血は、心臓に影響がありますか。長期間ですもんね...
私も投薬中の職場検診の心電図では、期間外収縮でひっかかりました。

Y先生元気でしたか。そろそろ主治医さん戻そうかなぁ。それにして、検出せずいいかんじですね。それにしても、副作用がこんな期間まで引きずるなんて、あなどれませんね。

digiさん、ありがとうございます。
終了直後からステロイドの大量投与で言わば「培養試験」をやったので、まず出ないとは思っていますが、「検出せず」はやはりうれしいです。レベトールはかなり心臓に影響が出るようで、ちょっとそのけがある人は皆その症状を拡大するようですね。

ばんばん隊長、ありがとうございます。
Y先生、お元気です。前にも増してと言った方が良いくらいです(笑)。副作用が他の臓器に影響を与えてしまうと、その臓器が元に戻るのには、時間がかかるようですね。

南海さん、検出せず ホッとしますね(^_^)v
患者も先生も元気で笑顔が増えるのが一番です。
先だって胸苦しさが出た時一番心配したのは心臓でした。まあ大丈夫なようなのですが、私も前の治療で心臓ではないですが2年間色々残りましたから、結果が無理だと判明した今の治療ではほどほどにして何も残したく無いので、効果と退避のタイミングに迷う時が多いです。リバは本当に曲者だと思います。
またペグは普通のIFNに比べて神経精神系統に来ますね。私は今回は時間的余裕があり、うまく?昇華発散の対応が出来たと思いますが、増量時は不思議な体感でした。仕事して増量は潰れていたと思います。ま、仕事してないからドクターも増量試そうと言われたのですが(^_^;)

お久しぶりです。「検出せず」良かったですね。肝生検の傷などある筈もないのに、ごくたまに肝臓あたりが痛む事があります。ドライアイにも悩まされているし、脈拍も治療前には戻らないけど、これらも治療の影響でしょうか?後遺症に加齢も手伝ってやれやれです。
「浅間山と鉄」残念でしたが、ニュースを聞いて驚かれたのではありませんか?

miyaさん,ありがとうございます。
まあ卒業するまでに2留しましたが、卒業生の中では比較的成績の良い方ですので、先生も気楽でしょう。笑顔は余裕なのかもしれません。
レベも劇薬ですが、PEGはポリエチレングリコールで劇物と言うより毒物ですから、ペグの影響というのも出るでしょうね。小生は80にしないと身体が受け付けませんでした。退避のタイミングは、小生は考えませんでしたが、難しいと思います。

chokoさん、ありがとうございます。お久しぶりです。
肝生検の後、傷跡はありませんが中に出血の後の癒着があるのかもしれませんね。肋膜炎の後、雨の前の痛みが無くなるまで数年かかりましたから。chokoさんは延長投与だったので、心臓系の回復には小生より時間がかかるかもしれませんね。
浅間山、まさか噴火するとは思いませんでした。

ぽんさん、皆様、御聞きして想うのは、「夏草や 兵どもが 夢の跡」
治る治らないは別にして良くぞ戦いました我々は。
治らない私は いまだに肝生検の注射あとが、低気圧が近づくと うづきます、、、小さな悩み。
ぽんさん、今だから言える、あの時お会いして、あなたの凄すぎる経過を御聞きした時の率直な感想をば。
「よく生きてるなー」と、ロボットを見るような印象でした(すんません)。
でも今もあなたは生きていて体も心も”前向き”な御様子。
アンパンマンのエキスを頂いた子供の話を思い出し、自らを重ね合わせ、免疫力を高めて治すんだ!などと思っております。

前向きさん、ありがとうございます。
小生は肝生検は2回目までで3回目の時にはやらなかったので、もう12年経っており、さすがに痛まないですね。
いやいや小生なぞまだまだ。何せ全身麻酔の経験がありませんから。しかも最近通院間隔が開き、ブログもだんだん「遊びネタ」が増えてきています(^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/43974084

この記事へのトラックバック一覧です: 治療終了3年半後の結果、「検出せず」:

« 背広と鞄、どっちにお金をかける? | トップページ | 小田原詣で »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ