« 治療薬としての目薬、完全に終了 | トップページ | メモリーカードアダプタの容量オーバー »

2009/01/31

コンタクトのドライアイ

2009年1月31日

前回、目の「痛みや違和感は全くありません。」と書きましたが、細かい不具合はしょっちゅうあり、そのほとんどがコンタクトがらみです。その一番が瞬きした時に突然はずれることで、これはどういう時に起こるか、最近はほとんどわかっています。まず起こりやすいのが群馬出張の帰りで、渋谷の湘南新宿ラインからの長い通路か駅から自宅まで歩いている時で、その次が会社からサントリーホールに直行する時です。人混みの中で外れると、まずなくさないように確保し、それから人通りの少ないところに行ってコンタクトケースを鞄から出してその中に入れてと、結構大変です。

そのサントリーホールで目に違和感があったのでコンタクトがずれたのだと思い、トイレで直そうとコンタクトにさわってみました。するとコンタクトの表面がからからに乾いています。これではまぶたとの間で滑りが悪くなり、瞬きした時に引っかけて外れるはずです。その時は仕方なしに指先を舐めてちょいちょいと修正し、無事はずれずにすみました。いつもの通勤経路ではまずはずれないところを見ると、渋谷や溜池山王など人の多いところを通る時は目が普段より活発に動くのか、あるいは精神状態で目が乾きやすくなっているのでしょう。

こうなると対策は簡単で、コンタクトを装着中にさせる目薬を探してくればいいのです。ドラッグストアに行くといっぱい並んでおり、刺激の強いすっきりするタイプから刺激のほとんど無いものまで、小生はできるだけ刺激のないものを買いました。ただ1時間くらいしか効果は続かないので、群馬の帰りは途中で2回さす必要がありました。それでも外れた時の手間を考えると、楽です。

実は治療の目薬が全部終わった後、もし目薬を差したくなるようなことがあったらどうすればいいかと先生に聞いたら、ドライアイの目薬の処方箋をくれました。しかしこれは原則コンタクトを外した後と言われており、今回のような時には使えません。本当にコンタクトの上からはダメなのか、今度薬剤師のナオコ先生に聞いてみようと思っています。

« 治療薬としての目薬、完全に終了 | トップページ | メモリーカードアダプタの容量オーバー »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

あの渋谷の通路は、何だかちょっと空気が違うように感じていました。
あと湘南新宿ラインも、車両タイプにより空調具合が違うって感じてましたが気のせいかしら?

miyaさん、ありがとうぎおざいます。

渋谷の通路、やっぱりそうですか!なぜかあそこで、コンタクトが乾くんです。
湘南新宿ライン、同じE231系でも東北線方面は小山、高崎線方面は国府津と所属が違って、編成も微妙に違っています。しかし、それだけではない違いを何か感じますね。上野行きの211系とは、またかなり違いますが。
なお湘南新宿ラインのグリーン車は夏も冬も寒く、何か羽織るものが必ず必要です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトのドライアイ:

« 治療薬としての目薬、完全に終了 | トップページ | メモリーカードアダプタの容量オーバー »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ