« エコー検査とその後 | トップページ | 治療薬としての目薬、完全に終了 »

2009/01/18

出世と引き替えに手に入れた著効

2009年1月18日

昨日は土曜日なのに出勤日、しかも午後から本社で「全社方針説明会」なるものがありました。これは管理職全員と関連会社の幹部が出席するもので、「一応管理職」である小生も出席です。しかし来年は再雇用されても管理職ではなくなるので、これが最後の出席となります。不景気ですけど影響の少ない業界のせいか元気は良く、積極的な方針でした。説明会終了後は場所を変えての懇親会、これも出席するのは最後になります。今年が最後と言っていたら、珍しく2次会に流れました。

2次会では結構本音が出ますが、「南海さん、部長になるもんだとばっかり思っていたけど。」と言われました。そうなんです。小生もかつては部長候補だったんですが、出世をあきらめて肝臓の治療を選んだのです。まあその結果、かなりの幸運もありますが著効を手に入れ、今では大吟醸なども口にしています。心臓に負担がかかってはいけないので舐める位の量に制限していますが、それよりも肝硬変への心配をしなくても良くなったのが、一番大きいです。どっちが良いかと言われると、小生は部長の椅子より今の方が良いです。

その前日には、古くからつきあいのある取引先の方が年始の挨拶に来ました。その方は小生がC型肝炎であることを知っており、1回目の入院の時には病院までお見舞いに来られた方なのですが、13年かけて著効まで持っていったことを話すと、驚いていました。「よく13年間も治そうという意志を持ち続けられましたね。私なんかとっくにあきらめてしまいます。」ということだったのですが、小生は別に13年間戦い続けたわけでもなく、単に悪くならないように気をつけ、忘れた頃にIFNを打っていただけなので、そんなにたいしたことではありません。

« エコー検査とその後 | トップページ | 治療薬としての目薬、完全に終了 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、いよいよ定年が近くなられましたね
私の元同僚は、再雇用でお給料はへったけれど、お気楽仕事になって趣味を楽しみ、思ったより元気そうでした。
南海さんはサラッと書かれていますが、やっぱりいろいろおありになったと思います。ただ肝臓へのIFN効果については私の知る中ではピカイチですね。
私も本当は今4回目です。1回目(15年近くも前!)は家族を選び直前に取りやめましたが、5回目になるか6回目になるか、はたまたそれ以上かわかりませんが、いつかシミジミとこんな記事が書ける日がくるまで(え~? それまでブログ書いてるの?(笑))凌ぎます。あっ、私に「出世」はないですけれど
三剤併用はペガコペとの海外と違って、まずペグレベと併用みたいです。また、レベトール飲むのかと思ったら力が抜けました~

miyaさん、ありがとうございます。

定年まであと半年ですが、すでに4月以降の業務報告発表者リストから外れているとか、徐々に影響は出てきています。2次会は「7月以降、うちの仕事をやってくれ」という担当者ベースのオファーだったので、まあ7月以降も似たような仕事をやっているでしょう。

>南海さんはサラッと書かれていますが、やっぱりいろいろおありになったと思います。
まあ、色々ありました。そのあたりは、小生のホームページにいろいろ書いています。それでも結果オーライです。IFNの効き方は、心臓病モードでペグレベ両方とも減薬しての著効ですので、おっしゃるとおりよく効く身体だと、今になって思っています。他の方から見ると、たった13年ですものね。

>それまでブログ書いてるの?(笑)
小生はパソコン通信時代から書いていましたから、miyaさんも手段は変わっても、何か書かれていますよ(笑)。

帰ってまいりました。
出世なんて大した問題じゃないですよ、元気が一番。
結局娘のPCは復活せずでした。
販売店では、きちんと修理できた、きっと回線との相性が悪いのだと言ってるそうです。
返品交換を求めても、それはメーカーの責任である。で、婿殿は英語の問答に疲れ果て、買い換えました。これは特別な事ではなくて、家電や日常生活品では頻繁におこります。
なにしろ寒い所で、弱った私の筋肉が寒暖差に付いていけず、左足を痛めてしまいました。足を引き摺りながら、ラスベガスやニューオーリンズにも行って来ました。
帰ってきて、整形外科と整体に通っています。整形ではどんなに寒いかが分かってもらえず、加齢が原因なんて云われて、だけど水を60cc抜きました。整体では筋肉がバンバンになってる良く我慢したねと、優しくもみほぐしてくれました。
かってなご報告書き綴りましたが、今年もどうかよろしくお願いいたします。

meeさん、おかえりなさい。お疲れ様でした。

結構大変でしたね。水がたまっていたというと、膝ですか?寒いと筋肉が固くなるので自由が利かなくなり、小生も冬の山形で膝の剥離骨折をやっています。
日本も一番寒い頃ですが、東京は暖かいです。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出世と引き替えに手に入れた著効:

« エコー検査とその後 | トップページ | 治療薬としての目薬、完全に終了 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ