« みなとみらいホールの3階最前列 | トップページ | エコー検査とその後 »

2009/01/12

浅間から振り

2009年1月12日

群馬に出張する時、駅からタクシーで走っていると、正面に浅間山が見えます。これを鉄と組み合わせて写真にしたいと思っており、昨日が良い天気で予報では今日も天気は良さそうなので、ふらふらと出かけてきました。

多少早起きしましたが、大宮9時ですごく良い天気です。この天候だと下りの新幹線の大宮進入が「ギラリ」となるのですが、今日は先まで行くので見送りです。目的地の倉賀野に着いたら、いやな予感がしたとおり薄曇り、浅間は見えません。やはりもう2時間前に家を出るべきでした。ほとんど始発ですが(^_^;。せっかく来たので、一応場所の下見を兼ねて歩きます。倉賀野駅の裏にかつてはキリンビールと専売公社の工場があったのですが、今はなくなって更地になっています。そこが撮影に良いと聞いていたのですが、残念ながらもう次の工場用のフェンスが立っており、写真は撮れませんでした。

次の目的地は烏川の鉄橋。ここは地図で見ると、浅間をバックに列車が斜めに走ってきます。しかも上り線はトラスがあるのは中央部分だけです。倉賀野から40分歩いて着いてみたら、バックに木があり、ちょうど浅間を隠す位置です。せっかく来たので鉄橋を中心にいろいろ撮ってみましたが、東側は通路で足元が隠れ、西側は太いケーブルが横に走り、あまり良い場所ではないことがわかりました。浅間がらみも、高崎線のEHを撮るのも、別の場所を探しましょう。Img_0045a


着いたとたんに183系の「水上」が通過しました。連休の臨時でしょう。シャッターを切った後に見てみたら、レンズ交換の時に手がさわったらしく、手ぶれ補正がOFFになっていました。もったいないことをしました。伸ばすとアラが目立ちますが、PCの画面くらいなら何とかなります。

« みなとみらいホールの3階最前列 | トップページ | エコー検査とその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホント天候や景観には泣かされますね。特に平面地形図では予測不能な場景が多くて...やはりホットスポットは、足で稼ぐしかないですね。
電子マウントレンズになってやたらスイッチが多くなりました。
それにカメラより重いレンズも増えました。性能upは大歓迎ですが、機動性が問題ですね。
私は、出先では咄嗟の対応のために、シャッタ速度が稼げる明るい単焦点をはめっ放しにしてて、必要に応じズームレンズに交換しています。面倒ですけどね。少し荷物は増えますが、1脚を使うのも良いかもしれません。

コメントありがとうございます。

>digiさん
本当に現場に行かないと、わからないことだらけです。特に鉄道沿線は最近防護柵が増え、昔の写真を参考に行くと、とんでもない目に合います。
1脚は、先輩方で使っている方が多いですね。今度見てみます。

高崎線参りお疲れさまでした。
カマはテリトリー外ですが・・・週末横川までのEF55のおわかれ運転に行ってみたい気持ちが芽生えています。晴れると下りは逆光らしく、通な鉄友からの情報では・・・高崎より先に行かないといけないそうで、萎えてきました。安中の有名な鉄橋は人が多そうだし・・・都心から遠いし・・・

>ひでほさん
EF55(通称:ムーミン)のお別れ運転、大人気のようですね。ただ小生はEF55にはなじみがなく、人混みは嫌いなのでパスです。しかし高崎、結構遠いです(;_;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅間から振り:

« みなとみらいホールの3階最前列 | トップページ | エコー検査とその後 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ