« 眼科はほぼ卒業 | トップページ | レニベースと日光皮膚炎 »

2008/12/06

一眼デジカメ、試運転

2008年12月6日

久しぶりに何もない週末になり、天気も良かったので、やっと一眼デジカメの試運転を行いました。
まず当たり前のことですが、電源を入れずにファインダーが覗けます。これが普通のデジカメだと電源を入れないと何もできませんが、一眼デジカメだと、マニュアルに切り替えればピント合わせもできます。やはりデジカメと一眼デジカメは全く別のもので、例えDMC-FZ8でも一眼デジカメではないことがわかりました。Img_0012a
フォーカルプレーンのメカシャッターが付いているし、ミラーアップもするので、操作感や操作音は銀塩の一眼レフと同じで、連写ができるところはモードラを付けたような感じです。最もモードラ付きの銀塩カメラなど、さわったことはありませんが(^_^;。Img_0017a


動いているもの、例えば電車を撮る場合、電車が遅く感じます。DMC-FZ8はファインダーの画像はCCD経由で、動いているものがずいぶん速く感じました。やはり直接見るのと、CCD経由との差でしょうか?シャッターを切るとDMC-FZ8の映像は一瞬静止するので、その差はもっと大きくなります。Img_0017_1a


条件の悪い状態をRAWで撮り、補正して現像することもやってみました。3枚の写真のうち、1枚目と2枚目は普通のJPG、3枚目は2枚目の状態のRAWを補正してJPGにしたものです。補正の仕方はいろいろ技術があるようですが、初回としてはこんなものでしょう。なおブログに出すために写真は縮小してありますので、CCDの大きさの差はわからないと思います。

« 眼科はほぼ卒業 | トップページ | レニベースと日光皮膚炎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぎょえー使用レポートなんてアップされると、あたしも欲しくなっちゃいますですよ。
p.a.
横浜線100周年記念切符が横浜線沿線の郵便局で発売中とか・・・なぜか1シート(800円分切手)で1200円もします。

コメントありがとうございます。

>ひでほさん
いやあ、これは失礼しました。あちこちで、「一眼デジカメなど必要ない、DMC-8で十分」と触れ回っていたので、訂正をかねてです。
切手シート、最近はいろいろ出すぎるので、買わないようにしています。某大学の創立150年記念切手シートも、結局買いませんでした。

お久しぶり
またおもちゃが増えましたね?
小生のパソコンですと1枚目はきれいな写真、2枚目は真っ黒、3枚目はレトロ調です。
ご報告まで。

>凡太郎さん
そうなんです。またおもちゃが(^_^;。
2枚目は拡大すると、ヘッドライトだけは見えるはずです。その2枚目の元(RAW)をデジタル処理したのが3枚目の写真、「鉄道ファン」誌に連載中の夜間撮影記をまねして、やってみました。

なるほど!夜なのですね?
デジタルではこんなことができるのですか。銀塩で増感処理をした場合は何倍ぐらいに相当するのでしょうか?

とうとう一眼、手に入れられましたね。
35mm換算=375mmと言うことは、×1.5倍画角のAPS-CでVR手振れ250mmレンズで撮ったもの。もしやN社の一品ですか?
やっぱり撮る楽しみは、一眼レフですね。
1枚目のシーンは、明るい大口径単焦点レンズで高速シャッタで一発狙い。勿論、ISO感度はシャープに100で、F値もぐっと絞って迫りたいですね。うずうずしますね、この正月休みは楽しみですね。
さあ、底なしのレンズ沼はもうすぐそこに迫っていますよ(笑

>凡太郎さん
銀塩の増感処理はやったことがないので、聞かないでください。まっ暗はさすがにダメですが、薄暗いところだったらヘッドライトをまともに浴びないようにすれば、かなりのところまで撮れるようです。

>digiさん
残念ながら明るい大口径レンズを買うお金はないので、C社のキットのズームレンズです。F5.6でしたので、ISO100,1/250ではほとんど開放でしょう。これを抱えて山形へ行きたいのですが、少し雪が消えてからにしないと、マジに死にます。

ほうほう、C社のKDX2と見ました。
これは良いお買い物をされましたね。
内緒話ですが、X2は名前はKissの小型ボディですが、中身は相当な技術と手間、労力が注ぎ込まれています。発売された時、開発に関わった関係者一同、よくあの価格帯で出したもんだと口あんぐりでした。ホントの名機と呼べる一品だと思います。後に出た1クラス上の40、50Dもあそこまで魂は入っていないでしょう。そのすぐ後でより低価格のKissFを早々に出した事も、なんとなく想像がつくでしょ?(笑
これまたキットレンズの2本が、秀逸なんですよ。実は私もその2本のレンズを単品購入して使用しています。その値段価値以上はある一品です。流石、EFレンズの最新技術が、技術者魂と誇りが込められているなあ...と実感できます。あまりの出来の良さのお陰で少し古い型のリングUSM搭載のズームレンズの出番が無くなってしまいましたよ(笑
あと、EOS派所有率ダントツの超名機EF50mmF1.8Ⅱ(実売価格=9000円以下!)があれば、大抵のシーンは困らないでしょう。

>digiさん
なるほどなるほど。そこまで考えては買いませんでしたが、良い機に巡り会ったようですね。標準の50mmは35mm換算で75mmになり、ポートレートなどには最適のサイズになりますね。来年の写真展で半裁か全紙に引き延ばせれば実力発揮と言うところですが、腕の方が問題で、良い写真を撮れるかどうかです(^_^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一眼デジカメ、試運転:

« 眼科はほぼ卒業 | トップページ | レニベースと日光皮膚炎 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ