« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 一眼デジカメ、試運転 »

2008/11/30

眼科はほぼ卒業

2008年11月30日

木曜日(27日)に眼科の検診に行ってきました。視力は残念ながら0.08、やはりほんのちょっとコンタクトがずれると見えなくなるのと、目標よりやや左上を見るのが、今回はうまくいきませんでした。しかし全体的には問題なく、目薬(クラビットとフルメトロン)は終了しました。しかし目薬が全くないと目にゴミが入ったときなど困るので、「市販の目薬で良いですか?」と聞いたところ、「じゃあ、これを出しておきます」と言われて出てきたのは、ドライアイ用の目薬でした。「今の時点の記録を取っておきますから」と言われて、久しぶりに眼底の写真を撮りました。じっくり見ている時間はありませんでしたが、膜が白い雲のように張り付き、ごくわずかの隙間の網膜で見ているようです。通常眼底写真を撮るとまぶしくてしばらくは何も見えなくなりますが、小生の右目は平気です。平気ということは感度が悪いことですので、残念ではあります。次の診察は半年後、目薬もなくなって眼科はほぼ卒業です。

ここF病院の眼科には2005年から特に去年までは通いつめでした。しかし3年の間に先生方はかなり替わり、教授、助教授(現在は准教授)は変わりないもののN講師が辞められてN助手が昇格、若手だったS先生が助手(現在は助教)に昇格したものの、それ以下の先生達は誰も残っていません。大きい病院の若手先生は、回転が早いですね。

その日はそれから柏に行く用事があり、北千住で降りて昼食にしました。最近は顔を動かしたり目の位置をずらしたりして距離確認ができるようになり、階段も平気になりました。以前はセルフサービスのコーヒー屋でコップに水を入れるときによくこぼしていたのですが、最近はうまくなりました。と思っていたら、久しぶりに昼食中にコップに手を引っかけてひっくり返しました。手を伸ばしたとき、思っていたより手前にあって、突き倒した形になったのです。幸い何もない方向に倒れたので隣の人にも、小生の荷物にも被害はなかったのですが、後片付けで○ニーズ北千住店の方々には、ご迷惑をおかけしました。

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 一眼デジカメ、試運転 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

眼科の通院の期間が空くようになったのですね。私は歯科がなかなか卒業できないですね(^_^;)

眼の治療が落ち着いてこられたとのこと、おめでとうございます。
小生の弟も連絡がないので順調??みたいです。
小生の親戚や家族には、網膜はく離が多いので、何か変な兆候があったら・・ただちに眼科を受診するスタンスでいます。

コメントありがとうございます。

>memoreさん
眼科も肝臓も半年に1回で、終了後の観察ですね。歯科は実は小生もあと1本残っています。心臓の手術の予定で、「じゃあ手術が終わって落ちついてからにしましょう」ということになっているのですが、手術が延期で、行きにくくなりました(^_^;。

>ひでほさん
網膜は一旦壊れると回復しないので、これ以上壊れないところまで落ちつくと、そこで終了ですね。
網膜剥離を起こしやすい方は両目に出るので、要注意です。眼科に行くとき、頭を揺すらないようにした方が良いそうです。

良かったです。あれから三年でしょうか。かなり厳しい状況と伺っていたのですが、うまくいってなによりです。

>Wちゃん
ありがとうございます。その3年前は、いろいろお世話になりました。視力は0.1まで行かないので確保しているうちには入りませんが、一応見えます。落ちついてくれたのが、一番有り難いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼科はほぼ卒業:

« まぼろしの邪馬台国 | トップページ | 一眼デジカメ、試運転 »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ