« コンタクトケースの洗浄 | トップページ | 今度は山形 »

2008/10/25

またまた、24時間ホルター心電図

2008年10月25日

昨日から今日にかけて、24時間ホルター心電図を貼り付けていました。T病院のものは古いカセットレコーダー式で、腰に弁当箱みたいなものを下げます。やっと予算が付き、来年には新型のメモリーカードタイプに置き換わるそうです。

会社では今12月中旬の大仕事に備えてプログラムの作成中。座りっぱなしで動きません。マイコンでパリティ付きのUSART通信をアセンブラで組むと、パリティの計算もソフトを組まなければならず、結構手間です。パリティ付きの通信も「パリティ無し」の設定で受信できる(エラーにならない)ことがわかるまで、無駄な作業がかなりありました。完成したところで仕事終了、心臓に負担はかかっていません。

ちょっと夜更かしして1時頃寝て翌朝は9時過ぎまで寝ていようと思ったのですが、なぜか寝苦しく、7時頃に目が醒めました。そのまま8時過ぎまで寝てはいましたが、あまり気分が良くありません。土曜の朝というのは一週間分のストレスから解放されるためか心房細動が出やすく、またぞろ出たのかもしれません。ひょっとすると、良いデータが取れたのかもしれません。

9時すぎに自分で測定端子を外し、お昼前に病院の守衛所に届けました。あとは診察ですが、診察は12月です。

外出したついでに大きな本屋に寄り、海堂尊の「螺鈿迷宮」を買ってきました。実は「ナイチンゲールの沈黙」の文庫本のあとに「ジェネラルルージュの凱旋」のハードカバーを買ってしまっており、またまたハードカバーを買って置き場所が大変です。執筆順から言うとこの螺鈿迷宮が第3作で、ジェネラルルージュが第4作だそうです。当然「ジェネラルルージュの凱旋」は読み終わっているのですが、その後に「ナイチンゲールの沈黙」を読み返してみると、ちゃんと伏線が張られています。第2作を書いている時には、すでに第4作の構想はできていたんですね。すごい作家です。

« コンタクトケースの洗浄 | トップページ | 今度は山形 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

24時間ホルター心電図お疲れ様です。
私の所も、今だ、お弁当箱です。(T_T)
不快な不整脈が出現したら、オOロンの携帯型心電計で測定していますが、24時間ホルターは、自分では測定できない就寝中も測定ができますね。ホルターを付けた時に限って、不快な脈が出ない事もあります。(T_T)
心房細動は直接に命に別条はない不整脈だと
わかってはいても、あの不快感が慣れないですね。普段の脈自体は、普通のリズムではないので、症状が出るか、出ないか、なのです。「ナイチンゲール下」まだ途中です。
「螺鈿迷宮」も面白そうですね。(^^)

コメントありがとうございます。

>memoreさん
24時間の心電計は読み取る側のシステムが大きい(=高い)ので、なかなか更新ができないみたいですね。オ○ロンの携帯型心電計ですか、他のところでも聞いて、探してみると言ったような記憶が(^_^;。
螺鈿迷宮、発表順からは第3作目ですが、作品の中の時間経過は、チームバチスタ→ナイチンゲール→ジェネラルルージュ→螺鈿迷宮のようです。

行ってきま~す。
「チームバチスタ、ナイチンゲール」もスーツケースに入れました。

>meeさん
いっていらっしゃ~~~~い!お気を付けて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/42899214

この記事へのトラックバック一覧です: またまた、24時間ホルター心電図:

« コンタクトケースの洗浄 | トップページ | 今度は山形 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ