« 最後の早慶戦 | トップページ | 季節の変わり目 »

2008/09/07

地震雷火事親父

2008年9月7日

昨日(6日)、パソコンの録画してあったビデオを見ようとしたら、リモコンが動きません。このところMSから頻繁に修正ファイルが届き、しかもWindows-XPもSP3になったので、てっきりそれだろうと思いました。ところがいくらやっても、リモコンの受信機を認識しません。ふと思い立ってUSBハブを外して直接繋いだら、認識しました。どうやらUSBハブが壊れていたようです。

東京近郊の方は覚えていられるように、4日(木)夕方、すごい雷が鳴りました。小生はちょうど駅から自宅まで歩いているところだったのですが、雷が鳴る前に配電線からスパーク音が聞こえ、しかも雷は頭の上で「バリバリ」と音を立てるので、良い気持ちはしませんでした。駅から自宅までの道は小生がむき出しで一番高くなる部分はないので、直撃を受けることはなかろうと思って、傘を差したまま自宅まで歩きました。一応念のために傘はずっと右手に持っていましたが。この時自宅にはカミさんがいたのですが、パソコンを置いてある部屋から、物の落ちるようなすごい音が聞こえた、と言います。行ってみると物は落ちていない代わりに、パソコンの電源が入ってディスプレイが明るかったそうです。確かに小生が帰り着いた時も、パソコンは起動していました。

小生のパソコンはビデオ代わりにも使っているので、日頃電源は落とさず、スタンバイ状態にして止めています。ところがちょっとしたサージで起動するようで、部屋の明かりを消す時に時々起動します。今度も雷のサージで起動したのは間違いないのですが、ACアダプタから入ったサージで、USBハブを壊してしまったようです。パソコン本体は何事もなく(さすが富士通)、助かりました。

そこで心配になり、繋がっている周辺機器をチェックしました。USBハブが壊れているので、直接接続です。するとプリンタは問題なかった物の、外付けハードディスクが認識されません。ハードディスク自体は回転するのですが、USB認識エラーの状態です。プリンタも外付けハードディスクも電源は切ってあったのですが、電源からではなく、USBハブからサージが回り込んだようで、USBポート用のICがやられてしまったようです。

このハードディスク、主目的は本体内蔵のハードディスクのバックアップです。そのため大事なデータは本体内にあるので、大事には至りませんでした。ハードディスクでの弱点はベアリングで、昔本体内蔵のハードディスクを交換したこともあったのですが、今回初めて通信部分がやられ、もう一つ弱点があることに気がつきました。ハードディスクは壊れやすいので、サーバー用はミラーリングにしたりRAIDにしたり、いろいろなカバーする手があります。ところが今回のように繋がっている通信部分がやられると、仮に2台のハードディスクを使っていても、全滅したはずです。これは防ぎようがなく、別媒体、例えばDVDなどでバックアップを取るしかありません。一応思い出したようにCD-ROMのバックアップを取っていますが、もう少しまめにした方が良さそうです。なおハードディスクは一応修理に出し、自宅は新しいハードディスクを買い、OAタップも気休めですが「雷サージ対応」というものに変え、復旧しています。

地震と火事の怖さは十分にわかっていましたが、最近は温暖化の影響か雷もひどくなり、雷も侮れなくなってきたようです。なお「親父」だけは、会社でも頑固親父や「親父さん」と慕われる班長などが、めっきり少なくなりました。

« 最後の早慶戦 | トップページ | 季節の変わり目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

USB HDDインターフェイスとUSBハブの故障で済んでよかったですね。
幸いにも、小生は、落雷の被害を受けたことはありませんが、こんな故障もあるんだと参考になりました。
p.s.
自宅で流鉄の色えんぴつ発見しました。西武からの電車6編成分がセットになっていて電車が印刷されています。直方体の鉛筆で床部分側に電車の形式と説明が印刷されています。

コメントありがとうございます

>ひでほさん
その後新聞の投書に、「雷が通ったらコンセントからすすが出て、家電品が全滅した」という話が載っていました。ともかくパソコン本体が無事で、助かりました。
流鉄、これはどこかで探しに行かねば。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震雷火事親父:

« 最後の早慶戦 | トップページ | 季節の変わり目 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ