« 慢性肝炎治療、助成延長へ | トップページ | ホームページを更新しました »

2008/08/08

治療終了3年後の結果

2008年8月8日

半年ぶりの肝臓の検診に行ってきました。朝一だったのですがすでに暑く、しかも昨日の仕事の荷物をそのまま抱えて駅までの坂を上がったら、さすがにバテました。脈拍も早くなるし、荷物を抱えている時は、ペースを落とすべきでした。

先週採血を終えているので、今日は何もありません。待つこと30分、診察室に呼ばれました。Y先生、おなかは目立ちません。白衣の着方がうまいのかな。
さて結果ですが、肝心のウイルス検査がまだ出ていませんでした。
先生「一番聞きたいのが出ていませんねえ。このままだと半年後になるので、13日の夕方、私宛に電話をして下さい。結果をお知らせします。」
こういうところがY先生、頼りになります。言っちゃあナンですが、Y先生の前に担当だったK先生だとこうはいきません。
Y先生、てきぱきと次の診察予定を決めます。
「2月6日で良いですか。その時なら私出ていますので。」え~~っ、もう出てくるの!小生、口あんぐり。
「また1週間前採血ですが、今度みたいなこともあるので、2週間前にしましょう。その時エコーも撮りましょう。」
「先生、ずいぶん産休短いですね。」
「病棟復帰はまだですけど、外来だけなら短時間でできるので、始めるんです。」

女医さんだけではなく、こういう技術を持った方(つまり、なかなか抜けられない方)がどうやって子供を持つかは、あちこちの病院または企業で問題になっていると思います。以前なら「おめでた退職」だったのでしょうが、勤務医の人材確保が難しくなっている今日、フルタイムでなくとも活躍して欲しいと病院側も思っているでしょう。そういう意味で、このT病院はそれなりの配慮をしているようです。なお「医龍」単行本第18巻がこのテーマを扱っていますね。

さて、結果の出ている項目は、GOT=17、GPT=11、血小板数=184、その他の項目も、問題ありません。
「先生のお子さん、どっちかなあ。」とカマをかけたら、
「エコーでは男の子みたいなんですけどねえ。」という答え、やっぱりね。

今日はペグリバの心臓への負担がどの位(何年くらい)つづくのか聞こうと思ったのですが、大荷物でバテていたのと、「Y先生、目が大きくて、笑うとかわいいなあ。」など余計なことを考えていたので、頭の中からすっかり消えていました。まあ、良いか(^_^;。

« 慢性肝炎治療、助成延長へ | トップページ | ホームページを更新しました »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

またまた~、余計なことをお考えになるから、肝心のことをききそびれてしまいましたね
医療関係は、ブランクが長いと復帰後が別の意味で大変というのもあるので、短時間勤務ができればそれに越したことが無いですよね。
タックマンは、私も1週間では結果がでてないことがありました。
センターに至急連絡をとってくれて、病院の玄関をでる寸前にコールがかかり診察室に再度よばれたことがあります。
最近はもう、2週後に聞くことにしています。
月1回検査ですが、月5週ある月もあり、1週目の採血は混んでいるかもしれません。かなりの数らしいですから。

もう三年になりますか、肝臓は大丈夫そうですね、そう言う私も今月末2年半後の検診です。
産休って通常は産後8週?看護師さんとか医療職はそれでも確か1ヶ月多かったような気がします、昨今は育休とって一年休んじゃう人が多いですよね。医師不足の今は心情的にそれも許されないんでしょうね。
私の心臓の調子、最近テノーミン飲み忘れても外出しないときは大丈夫になってきました、たいした量でもないので高血圧とかの治療をしている方を思えば飲み続けてもどうってことないんですけどね、でも時間がかかっても元に戻ることを期待してます。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
昔から、美人に弱くて(^_^;。やっぱりタックマンは検査に時間がかかるんですね。Y先生、この日が産休前の最後の診察日だったので、かなりの方を繰り上げたみたいです。と言うことは、その1週間前も混んでいたんでしょう。

>sfnokosさん
IFNが終了したらすぐ目にかかりきりになっていたので、3年も経ったという実感がありません。うちの会社、産休が2年取れるようにもなったのですが、さすがに2年も休むと浦島太郎(浦島花子?)になり、かえって悪いそうです。
小生の心臓も今のワーファリン4錠と、走れないくらいで落ちついてくれれば良いんですが、なかなかそうも行かないでしょう。

ほっと♪♪ですね。肝臓君
私は3日すると浦島太郎にすぐなりそうです。産休約2ヶ月なんですね。

>enoki師匠
肝臓の方は、ほっとです。昔1年半休職したことがありましたが、特に浦島太郎にはなりませんでしたね。ただ最近は事務機器の変化が早いので、今1年半も休んだら全くわからなくなるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 治療終了3年後の結果:

« 慢性肝炎治療、助成延長へ | トップページ | ホームページを更新しました »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ