« 心エコー・スクリーニング | トップページ | 池上線 »

2008/04/17

コンタクトを変えたら視力が上がった

2008年4月17日

眼科の診察に行ってきました。最近は3ヶ月おきになったので、行く度に様子が変わっています。昨年N講師が辞められ、後任にはどこからか別の先生が来るという噂だったのですが、結局N助手が昇格しました。N助手が(新)N講師になられたので、すごくわかりにくくなりますが、略さなくてもにた名前です。N助手は入院中に接して良い方だと思っていたので、講師昇格は何よりです。

コンタクトを東レのものからメニコンに取り替えて、初めての診察です。先生はコンタクトを入れた状態を見るわけではありませんが、診察前の視力検査に影響が出ます。メニコンに変えて、感覚的には良く見えると思っていたのですが、やはり数字も良く、0.09になりました。東レの時は0.07が最高でほとんど0.05だったので、ずいぶん良くなった感じです。0.1が見えないかじたばたしてみたのですが、ちょっと無理でした。

実際のところ、0.1が見えるか見えないかは、特に小生は水晶体が入る部分が癒着して眼内レンズが使えないので、小生にとってはなんの影響もありません。しかし先生方にとっては0.1が境界で「成功」の方に入るので、大問題のようです。

小生の右目は水晶体がないため角膜がきれいなカーブを描いておらず、コンタクトがどうしてもきちんと収まりません。そして17度という小生のコンタクトは、ちょっと(0.1mm単位で)ずれると、それだけで見え方が変わってしまいます。以前の東レのコンタクトは、茶目の上をコンタクトが適当に(適切にではなく、いい加減に)動いていました。そのため、レンズが瞳の中心に来てくれれば見えたものが、見えなかったのだと思います。メニコンのものは、外径を一回り大きく作ってもらったせいか、レンズ中心がほぼぴったり瞳の中心に来ます。それがこの数字に表れていると思います。

このあたりをきちんと病院が見てくれると有り難いのですが、現在の主力は眼内レンズに移ってしまい、水晶体代用のコンタクトは作るメーカーも少なくなり、置いてけぼりのようです。

« 心エコー・スクリーニング | トップページ | 池上線 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

今はホームに入っている主人の母が両目水晶体ハードコンタクトを入れてました。
たぶん60才頃からなので慣れてはいましたが、しょっちゅう無くなったり動いたりで、meeさ~んと呼ばれては探し廻りました。とんでもない所に入ってたり、両目に2枚とか、襖を開けたらバリッと割れたり、母は大変だったでしょう。今は牛乳瓶の様な眼鏡ですがTVも見えるし、週刊誌も読めてます。

コメントありがとうございます。

>meeさん
小生は片方だけなのですが、コンタクトを外した後の手入れは、しっかり眼鏡をかけてやっています。それだけ見ないと大変なのですが、これが両目だったらさぞ大変だろうと思っています。姉もコンタクト(普通の近視用)をよくなくしていましたが、なくすのは決まって後に外す方でした。
なお小生も右目は眼鏡にするとすれば牛乳瓶になるのですが、片方だけ牛乳瓶の眼鏡は重量のバランスが悪くかけられないそうで、当分コンタクトです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトを変えたら視力が上がった:

« 心エコー・スクリーニング | トップページ | 池上線 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ