« 無事帰ってきました | トップページ | キハ20に会いたい!(1) »

2008/03/20

コンタクトの世代交代

2008年3月20日

今年の1月、新しいコンタクトを発注しました。今までのメーカーは○レですが、今度のはメ○コンです。○レのブレスオーは含水率(酸素透過率もほぼ比例)が78%と最高なのですが、メーカーか指定の眼鏡店かわかりませんが対応が悪いので、行きつけの眼鏡屋さんで新しいものを作りました。

小生のコンタクトは水晶体の代わりをするもので、それを病院で処方してもらったので、当然保険は利くと思っていました。また保険は利かないまでも医療器具として医療費控除が認められると思っていたところ、これはどちらもダメということでした。ならば病院に出入りする眼鏡屋さんにこだわることもないので、行きつけの眼鏡屋さんに頼んだものです。

最初に作ったコンタクトはだんだん汚れが落ちなくなって半年くらいでレンズが白内障状態になり、メーカーに調査を頼みました。原因は不明でしたが、調査費を取られました。その時に作ったスペアのコンタクトは半年もしないうちに壊れ、メーカーで洗浄してもらった初代のコンタクトを使っていました。しかし古くなってコシが弱くなり、時々勝手に外れるようになったので、新しいものを買うことにしたのです。

新しいコンタクトは薄いブルーに着色されています。会社で、アクリル樹脂は黄変しやすいのでブルーに着色して防ぐ(ごまかす?)ことがあるというのは聞いていたのですが、主成分がジメチルアクリルアミドですから、同じ考えなのかもしれません。製造番号が打ってありそこが濃いブルーなので、そこだけ汚れが落ちていないようにも見えます。含水率は72%とやや落ちるものの、装着感に差はありません。逆に中心部分がやや大きいようで、少し良く見えるような気がします。これは新しいコンタクトで視力を計っていませんから、感覚的なものです。また半年で壊れるようなことがあれば、無償で補償してくれるそうです。

さて新しいコンタクトをしばらく着けてみて大丈夫ということを確認し、古いコンタクトに戻しました。○レ専用のたんぱく除去剤が、2ヶ月分くらい残っていたからです。また古いコンタクトはメーカーから帰ってきた時にはまだ取り切れない汚れが残っていたのですが、毎日の洗浄剤を過酸化水素系に変え、週1回のたんぱく除去をメーカー純正と過酸化水素系とを隔週で使うようにしたら、すっかりきれいになりました。汚れがひどい原因は、○レ純正の洗浄剤の洗浄力が足りなかったのです。

そうこうして1ヶ月半ほど使っていたところ、コンタクトが行方不明になりました。どうやら洗浄してケースに移す時、また指にくっついて戻ってしまい、そのままどこかに落ちてしまったようです。○レのコンタクトは無色透明でしかも最近すっかりきれいになったので、保存液に入れると全く見えなくなります。それがかえってあだになり、ケースに入っていないのに気がつかなかったようです。

そこで新しいコンタクトが本格的にデビューしました。新しくて弾力性があるので、今までの感覚でつかんでいると、取り落とします。こういう時にブルー着色は有り難いです。ケースも白にし、あるかないかが一目でわかるようにしました。とは言うもののこれも寿命のあるもの、近いうちにスペアを頼まなければなりません。九州まで旅行したし、小型パソコンは遠くなります。

« 無事帰ってきました | トップページ | キハ20に会いたい!(1) »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

眼鏡・コンタクト、補聴器など無いと困るものは保険効いてほしいですね。
孫娘はアメリカに引っ越したらブルーアイになると思っています。
南海さんは半分外人ですね。

コメントありがとうございます。

>meeさん
しかも小生はコンタクト+眼鏡ですから、保健効いて欲しいですね。
半分だけ、青い眼ですね(^_^;。紫外線カットの効果があるかどうかは、聞き漏らしました。

保険の件や医療費控除は勿論そう思いますが、○レの「調査費」はひどいですね。私ならクレーム言いますが、一時的に純正品を用いなかったとかで、遠慮されましたか?
がっかりだなぁ…、○レ。

>miyaさん
一時的に純正品を使わなかった時期もあるのですが、関係無しに、「調査は有償です」と言われていました。行きつけの眼鏡屋さんも、「他のメーカーなら、無償ですよ。」と言っていました。
小生はクレームを付けるより、そのメーカーは使わない、という方です。ただその頃は17度という特殊なコンタクトを作っているメーカーが見あたらなかったのでじっとしていましたが、もうサヨナラです。

南海さん、ご無沙汰しています。コンタクトも保険が効いてほしいです。私と子供のものを一度に買うと万札が何枚も飛んでいきます。
色つきのコンタクトは誤って捨てたりする心配が少なくなりますから助かりますよね。
しかし、「調査費」はひどいです!

>うめさん
こちらこそ、ご無沙汰しています。小生のは度数が高くて特殊なのであまり安くならず、それでも寿命は一年弱ですね。まあ説明書には、人によって汚れ方は違う云々と書いて、逃げを打ってはありますが。コンタクトレンズは使い捨てと眼内レンズに集約され始め、洗浄して長く使う市場はどんどん減っているようです。新規に開発する気もないから、クレームを開発データとして取る気もないんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトの世代交代:

« 無事帰ってきました | トップページ | キハ20に会いたい!(1) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ