« ワーファリンの量が増えました | トップページ | E-TAX事始め(1) »

2008/02/02

ワーファリンとPT

2008年2月2日

ワーファリンの効用と濃度について、自分なりに調べてみました。ベテランの方はご存じのことと思いますが、自分で理解するためのまとめです。

ワーファリンは血液凝固防止剤ですが、心房細動を持っている人の脳梗塞の予防に効果があります。この予防薬はアスピリンが有名ですが、アスピリンが脳梗塞の発生頻度を22%減少させるのに対し、ワーファリンは62%減少させたという報告もあります。

血液の固まりやすさ(または固まりにくさ)はプロトロンビン時間(略してPT)で表しますが単位は秒で、これが長いほど固まりにくいことになります。また秒ではなく標準試薬に対する%で表す方法もあります。肝臓の状態が悪く(ステージが進む)と血液は固まりにくくなりため、血小板の数で肝臓の状態(ステージ)がわかるのと同様、PTでも状態がわかります。あくまでもワーファリンを飲んでいない時です。小生のもらった検査結果には、PTの正常値は「75%以上」と書いてありました。小生は88.1%で、正常です。ただしこれはワーファリンを1.5mg飲んでいる時の値ですので、ワーファリンは全く効いていないことになります。ただし採血の時に緊張していると血は固まりやすいそうで、誤差も出そうです。PT-INRの測定誤差は、0.2~0.3程度とあります。

ワーファリンの効果を見る時はこのPTを試薬の差が出ないように補正したPT-INR(INRはInternational Normalized Ratio)が使われます。この値は、大きいほど血が固まりにくいことを表します。目標値は、脳梗塞の予防では2~3(別の資料では1.8~2.8)、人工弁では3~4.5とありますが、これは出血のしやすさなどその個人に合わせて調整することになるのでしょう。またトロンボ値(TT)というのもありますが、これはPT-INRと対応している(ただし逆数)ので、換算が出来ます。小生のPT-INRは1.07、まあはっきり言って、ワーファリン1.5mgでは効いていません(^_^;。なおPT-INRが上がりすぎた場合、出血を伴わなくても4を越えたら中止、5を越えたらビタミンKの投与になるようです。

ワーファリンの投与は「5mgから始める」と書いてある資料もあります。小生は1.5mgから始めましたが、肝臓病の患者は元々PT-INRが高い人が多いので、C型肝炎での通院歴15年の小生に対しては、投与が慎重になったのでしょう。また年齢ももう少し高ければ脳梗塞の危険度を優先してみたのでしょうが、60才未満だったことも影響しているようです。

何とか、理解できました。

« ワーファリンの量が増えました | トップページ | E-TAX事始め(1) »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

南海さん、こんばんは
勉強になりました。
AVR後の退院2W後の外来検査の値は

PT :24.5sec
正常対照:13.2sec
PT(%):35.0 L%
PTINR :2.27 H
PT(R) :1.85 H

でワーファリン中止となりました。
そういえば最近測定してもらっていないのいで、計ってもらおうかなと考え中です。

わあ~、これだけ詳細に調べられて凄いですね。勉強になります。不整脈(心房細動)による脳梗塞の予防に対してのワーファリン投与の効用と人工弁を入れると血栓ができやすいので、それを防ぐ効用ですね。生お仲間さんは、ワーファリンとバッファリン(市販の解熱鎮痛剤とは違うお薬)を服用されています。私は慢性心房細動持ちなので、先生にバッファリンも服用しないでよいのかとお聞きしたら、必要ないとの事でした。ワーファリンを服用していると肝臓の方を見る事では、ややっこしい感じですね。もう5年くらい前、腫瘍マーカーが高いと言われ、CTなどの検査をして、心臓のお薬(たぶんワーファリンかなと思います)が原因ですと言われたのを思いだします。

コメントありがとうございます。

>ひでほさん
ひでほさんは確か生体弁でしたよね。PT-INRが2.28だと脳梗塞の予防にはちょうど良い値ですが、生体弁の手術だと、そのくらいの値で中止になるんですね。勉強になります。肝臓のステージと血小板数の関係は本にも書いてあるのでつかんでいるのですが、PTとの関係はまだ調べ始めたばかりでつかんでいません。

>memoreさん
何とか一応ここまでは調べました。もう一つの脳梗塞予防薬として例に挙げた会うピリンですが、普通はワーファリンとアスピリンの併用はないのですが、人工弁の方は例外的にあるそうです。「あっても良い」という話なので、当然併用しなくても良いわけです。お仲間さんも人工弁ですか?ワーファリンを飲んでいると、見かけ上の肝臓のステージが悪くなりますね。腫瘍マーカーにも影響が出るんですかφ(.. )。
話は変わりますが、自由が丘の「モン・サン・クレール」のケーキを初めて食べました。いや、おいしい!

このところの心臓関係をを読んでいますと、不整脈の母の脈を探ってたのを思い出します。
きょうは久し振りの雪らしい雪、私はトド状態ですが、福田首相と同年齢の主人が張り切って雪かきしてます。転んで足を折ったりしたら困るんですがね~

>meeさん
お母上が不整脈だったんですか。不整脈は脈を取ろうとすると、場所がなかなかわからないことがあります。自分でも、手首の脈がなかなか取れません。
今日は何とか出られましたが、最近はJRが雪かきに不熱心なので、明日の朝の電車が心配です。

明日は雪の影響で、出勤も大変ですね。私も歯科で、お昼からなので、道が凍っていなければよいのですが・・南海さんも足元にお気をつけくださいね。私が滑るかも。(笑

お仲間さんは僧帽弁の人工弁が3人いらっしゃいます。2人がワーファリンとバッファリン併用されています。術後すぐではなくて、
だいぶ経ってからの併用です。

自由が丘の「モン・サン・クレール」のホームページを見たら、まるで春がきたように
色とりどりの美味しそうなケーキが!!♪
(^O^)♪甘い誘惑に負けそうで~~す。(笑
明日の歯科の帰り、たぶん、ケーキの箱を手にしているかもです。(笑 自由が丘のモン・サン・クレールもいつか行ってみたいです。♪

>memoreさん
米沢にいた時はそれなりの靴があったのですが履きつぶしてしまい、今日(日付が変わったので、昨日)はスニーカーで外出しました。革靴はまだ「スノータイヤ」みたいなのが生き残っているので、明日はその靴です。
小生は今まで心臓病の仲間がいなかったので、いろんな情報が有り難いです。その代わり、膠原病の知り合いが居ますが。
「モン・サン・クレール」、いわゆるカリスマパティシエの店で、そのたぐいはあまり好みではないのですがテレビで見たケーキがあまりにもおいしそうだったので行ってみました。脱帽です。駅から10分くらい歩きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/17930157

この記事へのトラックバック一覧です: ワーファリンとPT:

» 脳の病気 前兆・症状と治療 [脳の病気【脳梗塞・脳血栓・脳卒中】前兆・症状と治療・予防・食事,ワーファリンとPT]
脳の病気の前兆・症状と治療・予防・食事方法。脳梗塞・脳血栓・脳卒中をはじめ、脳の病気について解説します。色々と脳の病気がありますが、脳梗塞は血管の詰まり方により脳血栓症、脳塞栓症の2種類に分類できます。脳卒中や脳梗塞など脳の病気を予防する方法は、3段階あります。脳梗塞など脳の病気に、日頃から気をつける手軽で簡単な方法は、食事に気を付けることです。... [続きを読む]

« ワーファリンの量が増えました | トップページ | E-TAX事始め(1) »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ