« E-TAX事始め(1) | トップページ | オペラ「夕鶴」 »

2008/02/07

E-TAX事始め(2)-結局始めなかった

2008年2月7日

会社の帰りにヨ○バシカメラに寄り、ICカードリーダーを見てきました。サイトにはいろんな機種が書いてあったのですが、実際にはシャープ製と日立製の2種類しか置いてありません。どちらも接触型です。一応型番だけ控えて、調べてみました。だんだんとんでもないことがわかってきました。

1)住基カード用のICカードリーダーは、住基カード以外は使い道が無いこと。
フェリカと兼用できるものがないかと思っていたのですが、今のところ無さそうです。そうすると1年のうちにほんの数分しか使用しない、ものすごく稼働率の悪いハードになります。

2)住基カードは接触型と非接触型の2種類があるが、非接触型は駆逐されつつあること。
自分が住んでいるところ、その周りと見てみましたが、全部接触型でした。非接触型のところは(例えば飯塚市)「○年○月以前に発行されたもの」と限定付きで非接触型が使われていますが、新しいものは接触型のようです。そのため接触型を買って引っ越しても、無駄になることは無さそうです。

E-TAXの総費用は、住基カードが1,000円、ICカードリーダーが3,000円で、計4,000円になります。E-TAXの初回(ただし来年まで)の5,000円控除追加は、「設備投資の金額は、面倒見ます」という金額のようです。

もっと大事なことがありました。小生のようなサラリーマン(給与所得者)は、その他の収入が20万円以下だったら、確定申告をする必要がないのです。詳しくはこちらをご覧ください。今日の新聞に、このサラリーマンの特例が全く知らされていない、という投書がありましたが、全くそうです。小生もこの投書を見なければ、調べてみようと思いませんでした。

最終結論。E-TAXは来年からです。

« E-TAX事始め(1) | トップページ | オペラ「夕鶴」 »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

さてどうなるのかしら・・と期待していましたら、がっかりしました(笑)
設定がちょっと面倒という話を聞きましたし、時間もあるし用紙は送ってきたしで、私は、今年も手書きで出します。給与以外の収入もあるので・・。
住基カードは、そのうちもっと使い甲斐があるものになるのかもしれませんが、パスワード忘れないようにしなくてはいけないですね。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
「第2部、乞ご期待!」と書いておきながらの肩すかし、詐欺ですね(笑)。
住基カードをもらった時、設定用のCD-ROMが付いてきました。会社で仲間と話した時、これで1,000円なら安い、と変な話になりました。来年E-TAXを使ったとして、ひょっとしたら1回限りになるかもしれません。あ、定年になるから、その年はまた必要ですね。パスワードを専用にしてしまったから、覚えているうちにどこかに書いておかないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E-TAX事始め(2)-結局始めなかった:

« E-TAX事始め(1) | トップページ | オペラ「夕鶴」 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ