« 【新聞記事】B型肝炎治療のガイドライン | トップページ | 疲労性腰痛? »

2007/12/19

一年ぶりの歯医者

2007年12月19日

一年ぶりに歯医者に行ってきました。実は去年入院前に通っていて、後一本のところで入院になったものです。その後一本は何ともないので放っておいたのですが、ほかの歯の金冠が取れてしまいました。そのはずれた金冠を持って行ったところ、しっかりしていたため、そのまま付け直して終わりになりました。

ワーファリンを飲んでいることを言ったのですが、歯を抜くとき以外大丈夫だそうです。抗生剤も、派手に削るときだけになりました。先生、少し情報を集めたようです。なお入院するとまた歯ががたがたになるので、手術が終わって落ち着いた頃、また通うことになります。

今日は仙台往復、今「こまち」の車内です。「はやて」より「こまち」の方が、ゆったりしています。

-----------------
sent from W-ZERO3

« 【新聞記事】B型肝炎治療のガイドライン | トップページ | 疲労性腰痛? »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

コメント

出張中ご苦労様です。
真冬に寒い地方の出張は辛いものがありますね。食べ物は美味いでしょうけど(笑)
歯科通院もご苦労様です。
私も歯も修復歯ばかりなんですが、歯茎もかなりボロボロになってきました。
8020なんて到底無理、6020も怪しそうな気配です(泣;

出張お疲れ様です。今日はこちらも気温がぐんとさがっています。ワーファリンは、抜歯、虫歯治療で血の出る治療は、止めるようになりますね。神経を使いますね。
今年の初めから欠けた歯を治療しても違和感が未だ取れずです。(^_^;)歯も大切ですね。

そうですね寒いところは食べ物がおいしいですから羨ましいですね。
私も年内に歯医者さんへ行かなくてはなりません、歯石の除去ですが。

コメントありがとうございます。

>digiさん
説明し損ないましたが、仙台の滞在はわずか1時間半、駅前の喫茶店でおいしい紅茶を飲んだのが収穫でした。
親が年取って産んだ子ほど歯が弱いと聞きますが、小生はまさにそうで、ほとんどの母何らかの手を入れています。それでもまめに通っているので、かろうじて全部持ちこたえています。

>memoreさん
前回の治療の時には、少し削る時にでも気にして抗生剤を出していたのですが、先生調べたみたいですね。もう少し量の多い出血が対象になりました。多分神経を抜くような削り方をする時はワーファリンを止めることになると思うのですが、もうかなりの歯の神経が無くなっています(^_^;。

>furiyadoさん
ご無沙汰しています。digiさんの所にも書きましたが、午後出発の滞在わずか1時間半のとんぼ返りでした。新幹線が速くなったのは良いのですが、こういう出張が増えてしまいます(;_;)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/17418894

この記事へのトラックバック一覧です: 一年ぶりの歯医者:

« 【新聞記事】B型肝炎治療のガイドライン | トップページ | 疲労性腰痛? »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ