« 疲労性腰痛? | トップページ | 薬害C型肝炎は、氷山の一角だ »

2007/12/24

クリスマス恒例、くるみ割り人形

2007年12月24日

暮れの第9(ベートーベンの交響曲第9番)と新年のニューイヤーコンサートはすっかりおなじみになっていますが、バレエの「くるみ割り人形」も舞台がクリスマスということもあり、おもにこの時期に演じられます。このところ第9とくるみ割り人形が隔年になっており、今年はくるみ割り人形の方に行ってきました。夫婦二人ともコンサートに行くことが多い(カミさん>小生×3)のですが、珍しくペア券で一緒に行きました。

松山バレエ団(主演は森下洋子と清水哲太郎)で、チケットがバレエ団任せだったら何と一番前でした。会場によっては一番前の席は足が見えないこともあるのですが、ゆうぽうとは舞台が目線より下で、全部見えます。オーケストラピットのすぐ前で、中央よりやや右だったため金管セクションの正面、目の前がチューバという位置でした。

普通のコンサートの時は舞台左に第一ヴァイオリン右にヴィオラかチェロ、あるいは右に第二ヴァイオリンで、後ろに木管群、その後ろが金管というのが一般的です。ところがオーケストラピットの中では左手に弦全部、右に木管金管、そのまた右に打楽器という配置になります。知識としては知っていたのですが、こう近くで聞くと管楽器はパートによって音の出てくる場所が違い、知っている曲でも驚くことだらけです。ホルンの和音と思っていたところがトロンボーンだったり、新しい発見がありました。

実は一番前の席は、カミさんも心配していたのです。というのも森下洋子さんは我ら夫婦と同じ歳(同学年)です。近くで見ると「老い」が見えるのではないかと思ったのですが、そんな心配は無用でした。一番の見せ場「グラン・パドゥ・ドゥ」は目の前で金管が高らかに歌い上げ(トランペットソロも見事=ニューシティフィルハーモニック)、実際の目は舞台上の二人と、大迫力でした。

アンコールは松山バレエ団恒例のクリスマスメドレー。ジングルベルのようなテンポの良い曲になると、チューバが大活躍していました。終わって席を立った時にホルンの人と目が合い、拍手をしたらぺこりと一礼、ホルンさん「花のワルツ」は「ブラボー」でしたよ。

« 疲労性腰痛? | トップページ | 薬害C型肝炎は、氷山の一角だ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

羨ましくも、嬉しい今日のお話。
バレエとオーケストラ同時にお楽しみになれて良かったですね。
以前松山バレエ団観にいって以来、公演の案内が来ます。次は捨てないでしっかり見てみましょう。
森下洋子さんはTVで見るとしわしわで見るに忍びないですが、姿勢はさすがですね。
友達のお嬢さんがドイツで踊っています、たぶん年賀状で近況のお知らせがあると思います。
年内のご予定はもう終わりですか。

コメントありがとうございます。

>meeさん
小生はバレエを見に行っても、カミさんから「聞きに」行っていると言われてしまいます(^_^;。本文には書き損ないましたが、第二幕のコーヒーやお茶などのいろいろな踊りの時目の前に「壁」の人がいたのですが、いや壁でも実に複雑な踊りを踊っているんですね。
年内はこれで終わりです。年明けもニューイヤーコンサートを入れていないので、次は1月中旬です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス恒例、くるみ割り人形:

» エグザエル [エグザエル]
エグザエル [続きを読む]

« 疲労性腰痛? | トップページ | 薬害C型肝炎は、氷山の一角だ »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ