« 板谷峠撮影記(1) | トップページ | マイクロソフトオフィス2007 »

2007/10/10

板谷峠撮影記(2)

2007年10月6日(つづき)

撮影した場所は思いの外駅から遠く、20分はかかる。昼食は店に入るのをあきらめ、途中のコンビニでサンドイッチを買う。これを各駅停車の中で食べる予定だ。各駅停車は719系2両、ロングシートのE701系は、福島-米沢間には運用に就かないようだ。こちらとしては助かる。本数が少ないせいか、立っている人もいる混みようである。途中がすべて無人駅のせいか、ワンマンではなく車掌付きである。庭坂を過ぎてちょうど峠の登りにかかるあたり、黄金色の稲穂がきれいで、画になるような場所だ。071006e


板谷で下車、降りる人が結構いる。まず福島よりに開けた場所があったので、そこを狙う。板谷はかつては石材の切り出しで栄えたところで、この沿線としては大きい集落がある。しかし現在は人がどんどん少なくなっているようで、廃屋が目立つ。かつては社宅のような大きな廃屋もあったが、今はそれもなくなった。関根小学校板谷分校がかつてはあったが、現在は休校中、子供達はどこまで通っているのだろうか。071006g


列車の中から目星を付けたあたりは実際に見ると木が茂り、電車の足回りが全く見えない。その先まで行ってみたが、線路は全く見えなくなってしまう。地図で目星を付けると、木が見えないのでこうなることも多い。071006f
ニホンザルが数匹右往左往している。こちらを見たときに写真を撮ろうとすると、カメラの電源を入れた音で逃げてしまう。群でよってこられたら怖いが、まあクマよりは良い。少し手前の開けたところは駐車場、ここも写真にならない。結局踏切が一番良く、何となく正面気味の写真になってしまう。

今度は線路の上側に行ってみる。これは失敗で、駅の福島側も米沢側も、全く線路が見えない。駅のスノーシェッド沿いに細い道を見つけ、行ってみる。轍の跡があるので、車が通れる道のようだ。スノーシェッドの先に、保線区員が車を止める場所があった。ここは写真が撮れる。あとは駅の近くで38パーミルを登ってくるところを1枚、まあまあ撮れたが、写真展に出せるような写真があるかどうかは、疑問である。071006h


3時間に1本の各駅停車で米沢へ、次の停車駅は峠である。峠の名物「峠の力餅」は、この一日数本になった各駅停車にも、律儀に立ち売りを続けている。板谷から関根までは見晴らしの良いところはなく、米沢手前の関根あたりの平坦地の方が、かえって良い写真が撮れそうだ。蒸気機関車ではないので、何も坂道にこだわる必要はない。

久しぶりの米沢、2年ぶりである。その間に跨線橋が新しくなってエレベータ付きになり、駅の裏側がすっかり整備され東口となり、国道13号線沿いのホテルから便利になっている。最も駅の改札口は一つなので、一旦自由通路で西側に回ることになるが。米沢駅の裏側にはかつての蒸気機関車以来の機関区の建物があったが、2000年の大雪で倒壊し、取り壊されてしまった。その跡もすっかり無くなったわけである。2年来ないと変わるものだ。駅の表は、山形新幹線開業15周年と、2009年放映のNHK大河ドラマ「直江兼続」の幟がたくさん並んでいる。山形新幹線も、もう15年になるのだ。大河ドラマは、小生がいた頃から「直江兼続を大河ドラマに」という運動が行われていたが、やっと実現したわけだ。071006i


米沢牛の駅弁と缶ビールを買い込み、つばさへ乗り込む。運良く400系、ビールと一緒に数少なくなった間接照明と横引きカーテンの車内を味わう。今日は狙ったような写真は撮れなかったが、まあ充実した一日だった。帰ってみて大画面で写真を確認したところ、置きピンとシャッター優先AEはうまくいっていたが、アップのしすぎでもう少し引き気味の方が良かった。デジカメの慣れではなく、ズームレンズの慣れの問題だ。さて、次回はどこに行こうか。

(完)

« 板谷峠撮影記(1) | トップページ | マイクロソフトオフィス2007 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きょう、近所のスーパーで駅弁大会があり、「牛肉道場」を食べました。
米沢オフの焼肉には、はるかに及びませんでした(笑)。

コメントありがとうございます。

>楠の末裔さん
「牛肉道場」が来ましたか!まあ駅弁としてはうまい方に入りますが、所詮駅弁ですね。「霜降りのカルビ」には足元にも及びません。なお米沢駅で買ったビール、仙台工場の産かと思いましたが、取手工場製でした。

メールありがとう御座いました。
コバルトブルーのラインがきれいですね。
写真を撮るのにも色々ご苦労があるのですね。まったく素人考えですが、下の写真は架線(でしょうか)が白いネットみたいで手前のレールの影と列車の力強さが素敵だなと思いました。
米沢は一度行った事がありますが、ラーメンに唐辛子を入れるのが美味しかったです。勿論米沢牛弁当も食べましたよ。
箱根は2日間は雨だったので、当初の予定通りごろごろ温泉三昧。そして3日目は晴れ間が出たのでケーブル乗り継いで駒ヶ岳へ、海賊船は乗らず、湖尻からの船なので殆ど貸切状態でした。7年寿命が延びる黒ゆで卵も食べたので効き目が楽しみです。
帰りのロマンスカーは白い新車両、乗り心地はまあまあでした。

>meeさん
箱根は、3日目だけでも晴れて良かったですね。下の写真、お褒めいただきありがとうございます。架線を支えるトラスビームが重なって見えるのは、望遠レンズの効果ですね。これで200mm(35mm換算)くらいでしょうか。もう少し引くと、左の勾配票の38の文字(JRの最急勾配です)が見えたのに、と欲を出したわけです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板谷峠撮影記(2):

» アクロバティックな駐車 [さくっと解決 自動車保険比較]
アクロバティックな駐車方法です。 こんな駐車の仕方、見たことない! 途中までどんな風に、どこに駐車するのか? と見る物をひきつけて最後 [続きを読む]

« 板谷峠撮影記(1) | トップページ | マイクロソフトオフィス2007 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ