« 遅刻の夢 | トップページ | N響/プレヴィン/モーツアルト »

2007/09/07

台風一過

2007年9月7日

昨日は管理課から早く帰るように指令が出て、部長の代理で小生が全員に6時までに帰るよう指示を出しました。こういうとき指示を出した方は最後まで居残るか率先して帰るかですが、小生は率先して早く帰りました(^_^;。それでも家に帰り着く直前で風雨が激しくなり、ズボンはずぶ濡れでした。

そして今日、フッレックスで1時間遅く出社するようにしていたので、風雨の一番激しい時期は越したようでした。それでも横浜線は間引きの徐行運転、かなり混んでいます。そうしたら、長津田から正常の速度に戻りました。どうやら北の方が雨がひどいようです。これなら順調に着くと思っていたら、多摩川が増水して警戒水位を超えたとかで、東海道線と京浜東北線が運転見合わせです。京急は運転していたようですから、JRの鉄橋がちょっと低いのでしょう。よそ事と思っていたら、そのあおりで途中駅で止まってしまいました。京浜東北線に行くはずの乗客が東横線に流れたため、菊名が大混雑になり、横浜線も動けなくなったようです。結局20分停車し、フレックスの出社予定時刻よりも遅れて会社に着きました。まあ今日の仕事は主としては午後からなので、影響はありません。会社では京葉線で通勤している男が来ていませんでした。

午後からの会議の冒頭だけ出席し、すぐに南武線の沿線へ。横浜線は相変わらず間引き運転でしたが、東横線は平常通り、南武線も定時運行でした。すっかり晴れましたが風が強く、それも蒸し暑い風です。訪問先の会社の守衛所に温湿度計がありましたが、湿度は何と95%を指していました。

予定より早く終わりましたが、会社に戻らずに直帰です。そしてビールを飲みながら撮り溜めていたビデオをゆっくり見ました。おそらく来年の春には禁酒でしょうから、ビールを飲めるのも今のうちです。

« 遅刻の夢 | トップページ | N響/プレヴィン/モーツアルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大きな被害も無く何よりでした。
京浜地帯は、人工的な埋め立て地にしては河川の治水対策は無いに等しいと思います。地下街、地下鉄が冠水しなかったから良かったものの、九州並みの台風が来るときっと壊滅状態でしょうね。私鉄、JRは安全基準(やる気?)が違うのでしょうか?本来、相互乗り入れの多く延長線の長い私鉄の方が、混乱に弱そうだと思ってましたが、結果は逆でした。随分と臨機応変な対応力に差がある様に感じました。

コメントありがとうございます。

>digiさん
小生は九州のつもりでつい、「このくらいの雨なら平気」と思ってしまいますが、東京は脆弱ですからね。大きな被害が無くて何よりでした。それと多摩川は大田区が増水するのは雨が降ってずいぶん経ってからなので、怖いです。
その多摩川の増水の時、珍しく東海道線が横浜で下り方向の折り返し運転をやっていました。仲間内では渡り線のポイントはさび付いて使えないだろうと噂していたのですが、やれば出来るものです。JRは設備にいろいろお金をかけていますが、人がやる気を出さない限り、何をやってもダメですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過:

« 遅刻の夢 | トップページ | N響/プレヴィン/モーツアルト »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ