« コンタクトのマンスリークリーナーとC型肝炎ワクチン | トップページ | 血小板の減少の顛末 »

2007/09/20

久しぶりのサントリーホール

2007年9月20日

このタイトルは過去ログのどこかに出てくるはずですが、改修なったサントリーホールに行ってきました。N響のB定期です。ホール自体は。どこを改修したのか、まったくわかりません。ところが、トイレに入って驚きました。今までサントリーホールの売りの一つと(勝手に)思っていた広いトイレが、車いす用の大型トイレを増設した影響か、それとも女子トイレを拡大したのか、半分ほどの大きさに縮小されています。4つあった個室も、2つになっています。これから高齢化社会になってトイレはますます必要になってくるのに、どうしたことでしょう。おかげで15分の休憩時間の間では、行列がさばききれませんでした。小生は、地下にある小ホール用のトイレを使いましたが、体調の悪いときは要注意です。

小生は、今年からまた定期会員に復活しました。前回は2シーズン会員でしたが、山形転勤になる2001年でやめています。6年ぶりの復活ですが、来年継続できるかどうか、怪しくなってきています。

N響は最近演奏にむらがあり、良いときはいいのですが、時々すごく雑な演奏をします。言わば、「ブラボー」になるか「金かえせ!」になるか、聞いてみないとわからないわけです。今回は指揮者は同じプレヴィンで、「ブラボー」の方でした。さてこれから1年、どうなるでしょう。

« コンタクトのマンスリークリーナーとC型肝炎ワクチン | トップページ | 血小板の減少の顛末 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのサントリーホール:

« コンタクトのマンスリークリーナーとC型肝炎ワクチン | トップページ | 血小板の減少の顛末 »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ