« 網走は地の果て、海の果て(5) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(7) »

2007/08/18

網走は地の果て、海の果て(6)

2007年7月16日

昨日カメラを持たずに失敗したので、今日は朝から網走駅前に待機し、しっかりとDMVを待つ。レールと道路のどちらも走れるDMVは、以前より世界各国で研究されていたが、実用化になったものはない。P7160134a
北海道では現在試験運行、何とか実用化してもらいたいものだ。その試験運行の出発地なので停車時間があるかと思ったが、DMVは出発時刻のほんの数分前に現れた。生で見ても、単なる変な形のマイクロバスである。乗客はすべて予約、おそらく満席であろう乗客を乗せて、DMVは走り去った。P7160138a


網走9:30発の「オホーツク」4号で、北見に移動する。網走に着いたときは夜で、回りの景色が見えなかったので、ゆっくり眺める。まず網走湖にそって走るが、意外と大きい。女満別までずっと右側は網走湖とカラマツ林が続く。美幌の構内は広く、多数の測線の形跡がある。かつては農作物を出荷していたのだろう。美幌の先で、峠を一つ越える。行きには気がつかなかったが、結構な峠である。緑がきれいだ。「オホーツク」車内で、遠軽から積み込む弁当の予約を取り始める。今日は北見まで、残念である。P7160143a


北見は同東北部開発の拠点だった。鉄道が池田から開通し、それが網走まで延びて網走本線となった。小生の小学生の頃は、まだ網走本線だった。これが石北線の開通の後に池北線に格下げされ、やがて第三セクター化され、その後廃止に追い込まれる。跨線橋の上に立って眺めると、廃止されたふるさと銀河線が複線でまっすぐ延びており、かつての本線の威光を感じさせる。しかし現在の高速道路の進捗状況を見ると、石北本線ですら存続が危ない状態で、池北線の廃止は致し方なかったろう。北海道は、だんだん旅行しにくい土地になって行く。P7160154a


北見の名物は、ハッカである。やはりハッカ記念館に足を向ける。駅からハッカ記念館へ向かう途中、旧国鉄の車両を多数並べた場所があり、とりあえず写真だけ撮る。後で調べてみたら、勤労青少年センター、あの車両は何のために置いてあるのだろう。P7160155a

ハッカ記念館はかつてのホクレン北見薄荷工場の事務所で、なかなか風情がある。ハッカ記念館では驚くことだらけ、まずハッカとペパーミントは違う。ハッカからだけ、結晶メンソールが取れるという。用途は主に医薬品で、一時期は世界の70%を抑えていたという。しかし合成品に押され、1983年には工場も閉鎖された。今は北見のハッカはない。ここまで聞くと何やら富良野で聞いたラベンダーと同じであるが、ラベンダーは復活したのに、ハッカは復活の兆しはない。やはり香料としては、ハッカは刺激が強すぎるからだろうか。個人的には、細々とでも天然ハッカに復活してもらいたいのだが。P7160158a


なお現在の北見からの出荷の主力はタマネギのようで、シーズンにだけ石北本線に貨物列車が運転されている。北見は貨物列車の東北の限界点でもある。

(つづく)

« 網走は地の果て、海の果て(5) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(7) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ハイスピードでアップなさっていますね(^^)
網走や北見も、もう10年くらい前にツアーで行ったので、てんこ盛りでした。先日、その時泊まった十勝川温泉の宿からなぜか電話がかかってきてビックリでした。特産品いかがですが・・のお誘いでしたが、なぜに10年振りに?? 
そう言えば、玉葱が沢山生産されていましたねぇ。
DMV、レール上と道路上両方で乗ってみたいものです。

ハッカで思い出しました。22年前の新婚旅行で、バスツアーで少しばかりのお土産をツアー会社から頂いたのですが、その中に、「これを肩や頭に付けると気持ちが良くなります」の説明された可愛い小瓶に透明の液体に??でした。匂いが、ハッカでした!♪
なるほど、ハッカから結晶メンソールが取れるのですね。なので、スーッと付けて気持ちが良く、香り(ちょと強いかなと印象も)
があったのですね。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
はい。昨日(19日)まで実質夏休みだったようなもので(^_^;。10年ぶりの電話、白い恋人達がダメになったので、他の特産品に号令がかかっていたりして。玉葱の出荷、今日のNHKニュースでも取り上げていました。DMV、もう少し大型にして鉄道で高速が出せるようにすると、競争力が出るところはかなりあると思うのですが。なお構造上、道路の方が乗り心地はソフトだそうです。

>memoreさん
ハッカ記念館の中に、ハッカが使われていた医薬品、化粧品が沢山展示してありました。ヘアトニックや目薬など、すーっとするものには大抵入っていましたね。ラベンダーと逆に目をさます方ですから、それで需要がないのかな(現代は不眠症の方が多い??)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走は地の果て、海の果て(6):

« 網走は地の果て、海の果て(5) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(7) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ