« 暑いと体調が悪くなる? | トップページ | 日傘が欲しい! »

2007/08/05

網走は地の果て、海の果て(1)

2007年7月13日

今日から4泊5日の予定で北海道に出かける。行き先は網走、北見。小生は仕事と遊びで何回か北海道に行っているが、カミさんと一緒に行くのは3回目だ。カミさんと二人で最初に北海道に行ったのは1999年で、2回目のIFNが終わったあとだった。次は2003年で単身赴任から帰ってきたあと、今回は3回目のIFNのあとおまけのぶどう膜炎が一段落し、やっと旅行らしい旅行が出来るようになったときである。北海道に行くのは、どうやらこういうタイミングになっているようだ。

東京の天気は曇り、駅に着くまでに小雨が降り出したが、傘を差すまでもない。駅に着いてしまえば今日の夜まで列車の中なので、ここで傘を広げたくはない。
東京発12:56の「はやて」19号、前日まで仕事だったので、遅い出発だ。山形から東京に帰ってきたあと仕事の関係で山形がすっかりご無沙汰になり、東北新幹線にも全く乗らなくなってしまった。日頃は上越新幹線のMAXばかりなので、E2系は新鮮に感じる。6号車E226-1304。編成全車1000番台の新製編成、全車1000番台の編成は編成全部に車体間下ダンパが通るので、揺れが少ないはずである。今日は珍しく3人がけのAB席だ。

「はやて」は大宮-仙台間無停車だが、宇都宮を過ぎると飛ばし始める。やはり1000番台編成は揺れない。ただしトンネルにはいると蛇行動がある。旧型のE2系は300系に似た(はっきり言って、悪い)乗り心地であったが、1000番台編成はトンネル内の蛇行動も含め700系に似た感じで、旧型に比べるとずいぶん改善されている。しかし盛岡-八戸間はトンネルだらけで、おもしろくない。

八戸着16:03、寒い!今日の函館着が19時過ぎるので、駅弁を買い込む。地方都市は店の閉まるのが早く、19時すぎたら食事は出来ないと思った方が良い。八戸名物ウニとアワビの炊き込みご飯「いちご煮」と、缶ビール。カミさんと一緒の旅行はそれこそ学生時代からだが、旅行中缶ビールを買うのはおそらく初めてだろう。ちなみに、結婚34年である。P7130045a

八戸からは789系「スーパー白鳥」、JR北海道の所属車なので、もう乗ったときから北海道気分だ。ほぼ満席で発車。八戸を出るとすぐ右手に八戸臨海鉄道の広いターミナルが見える。DD13タイプのDLが待機している。小生は安全、大気汚染、省エネルギーのすべての観点から鉄道貨物輸送をもっと活用すべきだと思っているので、貨物ターミナルが活気があるのはうれしい。逆に八戸から先へ、新幹線の路盤がずっと延びているが、小生はこれ以上の新幹線の延長には反対である。

789系には初めて乗るが、びっくりするくらい防音性能が良い。また車内の作りが良く、かちゃかちゃという異音が全くしない。シートも良い。これは485系3000番台の「白鳥」より789系の「スーパー白鳥」の方が、断然お得である。野辺地で「きらきらみちのく」らしいリゾート気動車とすれ違う。窓が大きい!青森で進行方向変更、乗客もかなり入れ替わるが、まだ満席の状態が続く。この列車は札幌行きの「北斗」の最終に接続しているので、その乗客も多いのかもしれない。

789系の車内には、停車駅間のどのあたりにいるかを電車のイラストで表した表示がある。電車緑のLED表示なので、芋虫のようにも見えるが。青函トンネルが近づくとこの「芋虫」の前方にトンネルが現れ、青函トンネル内では「芋虫」もしっかりとトンネルの中に入った。実に芸が細かい。車内が静かなので、ブレーキをゆるめるときにブレーキ弁の排気音が聞こえる。P7140051a

「スーパー白鳥」は快調な走りで定刻19:20、どんよりと曇った函館に滑り込んだ。函館はともかく寒い。天気も悪いので、山登り(夜景の見物)は止める。今日は最高気温が16℃だったそうだ。

(つづく)

« 暑いと体調が悪くなる? | トップページ | 日傘が欲しい! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今の列車ってお顔はこういうふうなのですか~。
北海道へは飛行機以外で行ったことがないのですが、南海さんの記事を読んでいたら列車で行きたくなりました(^^)

コメントありがとうございます。

>miyaさん
今の列車の顔というより、最近のJR北海道の特急の顔です。だから気動車(青色のキハ281系)も電車(黄緑の789系)も同じ顔をしています。中央の貫通扉には窓があり、乗客がそこまで行けるそうですが、まだ確かめてはいません。北海道へ列車で行くと、北海道の広さが感じられます。次々回には、山越えの話が出てきます。

綺麗な色合いの電車ですね。スミマセン、
電車の事、詳しくないので、単純な感想で。m(__)m 学生時代からこんにちまで、奥様と楽しい旅の想い出を作られていたのですね。これからも、素敵な旅を重ねてくださいね。私も南海さんをお手本にさせて貰い、旦那と来年あたり、少し遠めの旅行をと、今から、旦那に葉っぱをかけます。(笑)

>memoreさん
いや、電車の色は大事ですよ。特に観光地を走る電車は、景色の一部ですから。まあカミさんとは、つきあいが長いもんで(^_^;。最初の一緒の長距離は大学4年の大阪での演奏会の帰りなのですが、小生は徹夜明けで、京都から東京まで、ずっと寐ていました(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走は地の果て、海の果て(1):

» プラレール車両 S-03 300系新幹線【トミー】 [おもちゃ インターネットショップ]
300系 新幹線 つながり [続きを読む]

« 暑いと体調が悪くなる? | トップページ | 日傘が欲しい! »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ