« 今日から夏休み | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(3) »

2007/08/12

網走は地の果て、海の果て(2)

2007年7月14日

函館の天気は曇り、今日も寒い朝だ。今日乗る「スーパー北斗」3号の発車時刻は8:30なので、それまで少し散歩する。しかし寒い。函館の朝市は、初めて見た。これはすごい。これから先の旅が長くないのなら、ゆっくり見物し、買い込むところだ。函館駅に「SL大沼号」の補機(DL)と客車は止まっていたが、肝心の蒸気機関車はまだ連結されていない。蒸気全盛時代にはあまり見向きもされなかったC11だが、ここに来て人気者になっている。P7140048a


「スーパー北斗」はキハ281系、何回乗っても感動するくらい早い。今日の車両は試作車のキハ280-901であるが、量産車と変わりはない。大沼をゆっくり眺めるが、今日は曇っており、駒ヶ岳が見えない。長万部の構内は、広い。ここから別れる「山線」、本来の函館本線には乗ったことがない。沼ノ端で室蘭本線から千歳線が別れるが、千歳線の上り線はここで大きく離れている。沼ノ端は昔は本当に湿地帯だったようで、複線化の時に地盤の良いところを探したのだろう。小生は北海道旅行の帰りはいつも飛行機なので、この千歳線の上り線にも、乗ったことがない。昔仕事で白老に来たときは、千歳空港から車だった。P7140058a


千歳空港の回りは原野である。そのため千歳側から列車で札幌に近づくと、原野からいきなりビルの林立する都会になる。その都会の高架複々線を走り、札幌に定刻11:47に到着した。P7140056a


今日の札幌は乗り継ぎで、昼食時間を含め3時間半時間がある。そのため、ちさきバラ園に行くことにする。次の時間が決まっているので、往復タクシーだ。タクシーで約20分、しかもかなりの登り坂で、タクシーは入口のすぐ前まで行ってくれる。心臓に不安がある身としては、登り坂は出来るだけ少ない方が良い。P7140061a


ちさきバラ園は高いところにあるだけに、見晴らしがよい。函館と違って札幌は晴天、日に焼けそうだ。バラも見事である。これが元は個人の庭園だという話を聞き、驚く。「プリンセス・ミチコ」という品種があることは知っていたが、「エンプレス(皇后)・ミチコ」という花は初めて見た。気品の感じられるピンクだ。P7140057a


まず最初のおみやげを買い込み、少し早めに引き上げたが、帰りは交通渋滞に引っかかり、予定通りの時間に札幌駅に着いた。これから5時間半の列車の旅である。

(つづく)

« 今日から夏休み | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

上野発の夜行列車降りたときから~♪
函館の朝市、是非、一度行きたいですね。

旅行記お待ちしてました。
5月に函館に行った時、寒さに震え上がり、朝市で綿入れちゃんちゃんこを千円で買い込みました。スプリングコートの上に羽織っている面白い写真がありますが結構気に入ってます。

コメントありがとうございます。

>digiさん
阿久悠さん、亡くなりましたね。あの曲は名曲、名詞です。「上野発の夜行列車」は「みちのく」か、それとも「津軽」か。客車から漏れる暖房用の蒸気が見えるようです。函館の朝市、じっくり腰を落ち着けて楽しめそうです。小生もたまには逆回りで、函館を最後にするといろいろ買えそうです。

>meeさん
このところ何か忙しく、旅行記まで手が回りませんでした。夏休み中に、少しは先に行きます(^_^;。7月でもかなり寒かったのですから、5月は東京の感覚だとおそらく冬ですね。

は~るばる来たぜ函館~♪(←サブちゃん)
寝台車で、早朝の12月の寒い駅に降りて、
朝市を巡り、キーンとした空気と活気に包みこまれ、試食とは思えないほどの大きな蟹を頂き、たくさんある定食屋さんの中で、どこがいいのか悩み、入ったお店で食べたほっけのあまりの大きさに驚きながら、温かい蟹汁で体を温め、朝市は新鮮な空気と新鮮な海の幸がよいですよね~。

>memoreさん
最初に北海道に渡ったときは2月、夜行の青函連絡船でした。逆巻く波を乗り越えて函館に渡ったのは、あれが最初で最後でしたね。最も最近青函間に高速船が就航したので、最後ではないかもしれません。
函館の朝市、大きい!多い!ものすごいですが、先の旅が長い旅行者には、目の毒です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走は地の果て、海の果て(2):

« 今日から夏休み | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(3) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ