« 網走は地の果て、海の果て(6) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(8) »

2007/08/19

網走は地の果て、海の果て(7)

2007年7月16日(つづき)

北見の街はさほど大きくないので、駅のコインロッカーに荷物を預け、あちこち動き回れる。と言うより、ここは普通の観光コースから外れており、ピンポイントに訪ねるしかない。P7160161a


市内バスで、野付牛公園の中にある北網圏北見文化センターを訪ねる。そう言えば、北見は昔野付牛と言ったが、野付牛とはアイヌ語で「地の果て」という意味だそうである。ここはプラネタリウムを備えた科学館と美術館があるが、目的は美術館である。展示は「天使がいた時代」と題したヨーロッパ絵画展、地元の新聞では話題になっていた。どちらかというとカミさんの趣味であるが、これが個人コレクションの展示であるから、驚く。科学館の方はこれといったものは無さそうだったので、パスする。P7160163a


次にピアソン記念館へ移動、駅前までバスに乗りそこから街中を歩くが、街中の小さな通りまで、やたらと信号が多い。赤信号で待っていても、ほとんど車は来ない。北見の街も道路が碁盤の目に区切られ整然としているが、その碁盤が45度曲がったものとの2枚重ねになっている。車で走ったら、大変だろう。P7160164a北見文化センターもそうだったが、ピアソン記念館は建っている場所がきれいである。芝生ではないだろうが、緑がきれいだ。北海道ならではで、九州ならあっという間に草が背丈ほどになってしまうだろう。P7160165b

ピアソン記念館、旧ピアソン邸の設計者はW.M.ヴォーリズで、近江兄弟社を創設した人物でもある。展示内容について、小生はキリスト教より北海道開拓の歴史の方に興味がある。やはり船で宗谷岬を回り、網走に上陸している。ここは雰囲気の良い、落ちつく場所だ。P7160167a


北見には東急百貨店がある。今日の夕食は、その地下でそろえた。デパ地下だ。明日の夜は東京である。

(つづく)

« 網走は地の果て、海の果て(6) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(8) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一番下の写真のキャプション、笑いました~。

北見市は野付半島ですか?逆かな?
北見市だとイマイチ分かりづらいですけど、野付半島と言われると、北海道のどの位置にあるかがイメージがわきます。
良い季節に行かれましたよね。8月8日ころから家族で、キャンプしながら北海道を回ってくるというダンナの会社の人がいました。
その頃は雨続きのようでしたので、きっと大変だったと思います。

コメントありがとうございます。

>miyaさん
公園の中にきれいな建物が、、、と思ってよく見たら、でした。

>スマイルさん
野付半島は根室と知床半島の間、野付牛(北見)は網走から内陸に入ったところで、釧路から北北西、ちょうど雄阿寒岳を挟んで反対側になりますね。紛らわしい名前ですが、野付半島と野付牛は、かなり離れています。「道東」とくくってしまえば、道東ですが(^_^;。
北海道もやはり梅雨があり、前の2回は後半雨に降られました。今回は1週間前に持っていったら、それが正解でした。

写真一杯の北海道旅行記楽しかったです。
有難う御座いました。
本州の台風をうまくかわせて晴天続きだったのですね。
空がきれい、緑がきれい、建物もきれい、そう風景が美しいでした。

>meeさん
会社が始まってアップする暇がないのですが、最終回がもう1回あります(^_^;。ともかく晴天続きで、その時の日焼けの跡がまだ残っています。

ピアソン記念館の解説の写真の、ポップアップする部分が画面からはみ出していたので、高さを1200から900に小さくしました。ホームページは高さ基準で"100%"のコマンドを入れて自動調整にしているのですが、ココログにはその機能はないようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走は地の果て、海の果て(7):

« 網走は地の果て、海の果て(6) | トップページ | 網走は地の果て、海の果て(8) »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ