« 網走は地の果て、海の果て(2) | トップページ | 大鉄道博覧会 »

2007/08/13

網走は地の果て、海の果て(3)

2007年7月14日(つづき)

札幌発網走行きの「オホーツク」は1日に4本あるが、朝2本午後2本で、札幌と網走とをそれぞれ出発した編成が往復するダイヤになっているので、3号と5号の間は5時間半の時間が空く。そのため札幌を朝早く出るか、網走に夜遅く着くかの2つしか選択肢がない。あとで調べてわかったことだが、札幌-網走間には高速道路経由のバスが夜行を含んで1日9往復しており、所要時間も5時間50分と、列車の5時間半と比べて遜色がない。ましてや沿線の最大都市北見までは4時間半と、列車と同じ所用時間である。どうやらこの区間はバスに主力を奪われた区間のようだ。個人的には、IFN以降長距離バスには乗らなく(乗れなく)なっている。P7140064a


15:16札幌発車。「オホーツク」用のキハ183系は旧型で、最高時速が110km/hである。東海道線と同じ最高速度なのだが、函館本線内は他の特急が130km/hですっ飛ばしているので、遅く感じる。席は最後尾の4号車であるが、今日は夏の3連休のせいか2両の増結があり、全体では6両編成だ。キハ183系の先頭車は電源エンジンを積んでおり、その音で走行エンジンの音が聞こえない。P8130009a


「オホーツク」には車内販売もあるが、16:00まではこれから先の長丁場に備えてか、待機中である。1時間40分で旭川へ、ここから石北本線にはいる。網走への旅はここからが本番である。やってきた車内販売にDMVのチョロQがあったので、早速購入する。この時点ではDMVの試験運行線はこれから行く釧網本線だということに、小生は気がついていない。

愛別の手前あたりで、登り坂が始まる。石北本線は生田原-金華間の常紋越えが有名であるが、上川-上白滝間の白滝越えも負けず劣らず険しい。キハ183系はトルコンの直結を切り、エンジン音も高く登っていくが、速度はやっと30km/hくらいだ。思っていたよりずっと厳しい峠だ。回りの地形が厳しすぎて写真に適した場所がないので、鉄道雑誌に紹介されていないだけだった。渓谷沿いに坂を登る。新緑というには遅くもう夏だが、北海道の緑は黄緑色に近く、新緑の感じだ。その山中に、高速道路の建設が進む。

石北トンネルを挟んだ上川-上白滝間には、かつては天幕、中越、奥白滝の3駅があったが2001年に廃止され、駅間距離が34kmとなり、日本2位の長さである。ちなみに日本一は、同じ北海道は石勝線の新夕張-占冠間で、34.3kmだ。奥白滝の駅前にさび付いた電話ボックスがあり、かつてはこのあたりに人の生活があったことを思い起こさせる。P7150069a


網走着は遅いので、夕食は札幌で仕入れてきた弁当である。逆コース(上り)なら遠軽で駅弁を積み込む(予約制)のだが、下りはそれもない。

遠軽到着は19:00、札幌から3時間45分だ。かつて小学生だった長男を「北海道自然の村」の遠軽キャンプに送り込んだが、「北斗星」で札幌に着き、同じ時間の「オホーツク」で遠軽に着いたはずだ。その遠さに、さぞびっくりしたことだろう。ここで進行方向が変わり、先頭車となる。遠軽を発車後しばらく平坦地が続いた後、常紋越えにかかる。ここは難工事だったところで、トンネルの壁の中から人柱にされたと思われる人骨が発見された、という記事を見たばかりだ。残念ながらもう真っ暗であったが、写真撮影の名所だった旧常紋信号所の場所は確認できた。

網走着20:48、札幌からの所要時間5時間32分。これで最短経路なのだから、まさに網走は地の果てである。

(つづく)

« 網走は地の果て、海の果て(2) | トップページ | 大鉄道博覧会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

チョロQ出ましたね。
札幌~網走は国鉄に乗ったはずですが、ほとんど覚えてないですね。
孫が毎日DVDを見てたのですが、JRはプラレールを使って訓練をしてるそうです。映像を見る限りでは遊んでるようにしか見えませんけどね。
♪トミカトミカプラレール♪って孫達が帰った後もつい口ずさんでいます。

コメントありがとうございます。

>meeさん
札幌-網走間は、見所はあるにはあるのですが壮大な景色はなく、ある意味退屈な路線かもしれませんね。プラレールで訓練ですか!Nゲージかと思っていました。まあ自衛隊も将棋盤みたいなもので作戦演習をやっていますから、プラレールでもできる訓練はあるでしょうね。プラレールは、うちの子供達も小さい頃よく遊んでいました。

陸路の網走は遠いですね~。しかしIFNで身心とも疲弊した私は、若い頃に旅した山陰本線の様な単線ローカル線に、蒼い海とキレイな景色を見て、ひたすら、のんびりと、ずっと乗っていたい気分です。駅弁食いながら(笑

電車の旅は、流れゆく景色を目に、日常から解放された時間を過ごすのもいいですね。実際に見せて頂いたチョロQ、後ろに動かすと前に進み、動かしながら童心に一瞬戻りました。旅に行くと童心に戻る私です。

>digiさん
小生は1年半のIFNが終わった後、まだ特急の走っていない宗谷本線をとことこと稚内まで行きました。なかなか良いですよ。ただ最近長距離をとことこ走る列車が少なくなりました。山陰本線を走る列車も、細切れですね。「ひたち」で仙台まで行けば、いわきより先でのんびりした気分が味わえます。

>memoreさん
列車は何も考えなくても目的地まで送り届けてくれるのが良いです。その間がゆっくり出来ます。手術の前にどこに行こうかと、今物色しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走は地の果て、海の果て(3):

« 網走は地の果て、海の果て(2) | トップページ | 大鉄道博覧会 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ