« 撮りだめと積ん読 | トップページ | 特許調査は腰痛の元 »

2007/06/13

これ捨てろーる

2007年6月13日

先日の会社の健康診断の結果が帰ってきました。今回は不整脈と心雑音以外は、何もないはずです。まずBMI=22.3、優秀。GOT=19,GPT=14、どうやらC肝虫は完全にいなくなったようです。その他白組紅組とも正常値。去年は入院中で受けられず、一昨年はIFN中だったため、前回の血液検査結果はGOT/GPTは正常値に入ってはいるものの、その他はメタメタでした。そこは終了後1年半以上経っていますので、すっかり回復しています。

今回胸部X線所見で初めて「左上野胸膜肥厚」という記載がありました。元々若い頃の胸膜炎で左肺は癒着しており、毎回「左下野胸膜癒着」とは書かれていたのですが、上野は初めてです。今日行きつけの内科医にいって聞いてみたところ、そこのカルテには以前から左上野も記載がありました。逆に、何で今頃初めて書かれたのか、という感じです。これも若い頃からのもので、特に問題なしです。集団検診は見落としが多いのですが、やっと今頃引っかかったのでしょう。しかし小生の心雑音は会社の検診で最初に見つかったので、集団検診と言えども侮れません。

そのほかでは、それこそ生まれて初めてコレステロールが基準値をオーバーしました。ごくわずかで、それこそかすったくらいなのですが、総コレステロールとLDLコレステロールが上限を超えています。2年前にはHDLコレステロールが逆に下限値を切っていたのに、えらい変わりようです。体調が良くなって食が進むようになったのに、心臓のことを考えて運動を控えているのが原因でしょう。行きつけの内科医も、「多少の運動は良いんじゃないですか」と言っていますので、これから少し動き回るようにします。前回の続きになりますが、本の積ん読がまたまた増えます。おまけに、miyaさんのブログにあった「孤高のメス」、とりあえず1巻だけ買ってきました。いつ読むんだろう(^_^;。

« 撮りだめと積ん読 | トップページ | 特許調査は腰痛の元 »

心臓弁膜症治療記」カテゴリの記事

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

検査で大きな問題が無かったのは何よりです。釈迦に説法だとは思いましたが、運動もご無理なさらぬ様。溜まった本を読む。う~ん、難題ですね。今週末は、雨の予報みたいなので、プチ読書週間ってのはどうでしょう?地味なコメントですみません。

優が多くて良かったですね。
レントゲンは侮れませんね、父が90才の時結核の痕があると言われましたが、18才の頃肺浸潤に掛かったそうです。70年以上たっても残ってるのに驚きました。
私のようなグウタラ専業主婦ですと、一日15時間位は本を読んで暮らせます。
高齢おばさんの日常が明らかになってきたでしょ。
主人はこれが普通の生活だと思ってるはずです。たぶん。

コメントありがとうございます。

>digiさん
小生は毎朝10分かけて駅まで歩き、それから30分電車に揺られ、また歩いて会社に行っています。まあ、これだけでも結構な運動量になっているので、あとはそこそこ付け足しですね。
今週末は天気が悪そうですが、井の頭線沿線の紫陽花がきれいだと誘惑する悪いのが家に若干1名います。カメラも新しいのを買ったし、、、。

>meeさん
結核は死んでも跡が残っているそうで、小生の母親もお骨になってもはっきり跡が残っていました。
一日15時間の読書時間とは、とてもグウタラとは言えないんじゃないでしょうか。

南海さんも心雑音があるのですか。私も心雑音があります。それをきっかけに心臓病がわかるのでしょうね。手術したので、もう消えたと思っていたのですが・・心臓の音を聴く聴診器はいまのは優れているらしいですね。
どういうふうに優れているのか知らないのですが、生お仲間さんの中では、OO先生は聴診器を当てるのに、1秒当てていないと聞き、私もやはり1秒も当てていないパッパッとしているのに、最初はえ!?こんな超速効でわかるの?と思っていますが・・でも聴診器が優れているので、わかるのかな・・ってなことないですよね。梅雨は読書三昧です~。(^^ゞ

フッフッ、1巻目買っちゃいましたか。私は今週は余り読んでません。文庫は持ち歩くには便利ですが。
私は仕事に行くだけで6000歩です。外勤の日はもっと多いはずですが、10分で千歩加算というのがアバウトな計算です。小柄なので回転がはやい?だけで距離は稼げません(笑)。

>memoreさん
小生はまず会社の検診で、心雑音を指摘されました。かなりのおじいさん先生だったのですが、さすがですね。行きつけの内科では風邪を引いたときしか聴診器を当てていなかったので、呼吸音に紛れて聞き取れなかったようです。呼吸器系だと、聴診器の当て方が結構長いです。
数年前、やはり会社の検診で「僧帽弁が閉塞不全だ」と言ったら、首筋に聴診器を当て、「あ、そうですね」と、今度は中年の先生が言っていました。僧帽弁は大静脈が逆流するので、首筋だと良く聞こえるらしいです。

>miyaさん
買ってきて、数ページ読んだだけです(^_^;。さて今度の土日に、どの位はけるか。紫陽花が盛りなんですよねえ。
小生も現場に行き来している頃、通勤+現場2往復で1万歩を越えていました。最近は現場に行かなくなったので、おそらく8000歩くらいでしょう。

南海さんのブログを読んで・・、 死ぬ事ばかりを考えていた自分に腹が・・・・・(赤)   僕も、 出来るだけ頑張ってみようと思います・・・。

>坂本亭さん
いらっしゃいませ。どういうご事情かはわかりませんが、小生ののブログがお力になれたのなら、幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/15418434

この記事へのトラックバック一覧です: これ捨てろーる:

« 撮りだめと積ん読 | トップページ | 特許調査は腰痛の元 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ