« 純正品の購入先 | トップページ | 撮りだめと積ん読 »

2007/06/07

新幹線の乗り心地

2007年6月7日

刈谷まで日帰りで往復し、今帰ってきました。行きは一日に数本しかない豊橋停車の「ひかり」で、そこから快速に乗り継ぎ、帰りは名古屋に一旦出て「のぞみ」で帰ってきました。

一日に乗り比べると、300系と700系の乗り心地の違いがよくわかります。小生は元々「めまい」の持病がある上に、目が悪くなってバランスが悪くなり揺れに弱くなったこともあって、車両の乗り心地(揺れ)に非常に敏感になっています。JRは旧国鉄時代から揺れ防止のため高速車両には車体間上ダンパを付けていますが、700系は(500系から)この上側のダンパに加えて下側にも左右2つのダンパを追加しています。この3つのダンパが乗り心地の向上に大きな効果を出しており、300系と比較した700系の乗り心地の良さに繋がっているようです。

逆にJR東のE2系は、この旧国鉄151系から始まった車体間ダンパをなぜか省略しています。八戸延長時に増備された1000番台では下側ダンパが追加されたのでずいぶん乗り心地は改善されたようですが、長野新幹線に走っている旧型はそのままで、はっきり言って乗り心地は悪いです。乗り心地に関しての対策はJR東日本よりJR東海の方が一日の長があるようで、帰りに名古屋まで乗った在来線313系5000番台は車体間下ダンパを装備しており、良い乗り心地でした。

帰りに名古屋駅で試運転中のN700系を見ました。N700系は強制振り子装置(車体傾斜装置)を装備しているため、700系でも強いと感じる横Gが改善されるようです。近く営業運転が始まるようで、これも楽しみです。700系の欠点であるトンネル突入時の蛇行動も改善されると良いのですが。

« 純正品の購入先 | トップページ | 撮りだめと積ん読 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は鉄分100%ですね。
大阪の実家に通ってた頃は新幹線に乗っても「ああ今日は富士山が見えるな」と思う位で、かなり乗り飽きていました。だけどN700には乗ってみたいです。前評判はいいですね。
この頃は娘の所に行くのに東北新幹線に毎月乗ってますが、あの二階建ての階段がいやでいつも平屋の席を頼むのですが、「平屋」って言うと怪訝な顔をされる時があります。
私は鉄道マニアでは無いのですが、森博嗣さんのフアンなのでひょっとすると鉄好きかもしれません。今日も中央線新車両の運転席をしげしげと眺めてきました。
刈谷には娘婿の勤め先の本社が有ります。彼も新幹線乗り継いで日帰り出張するそうです。便利にはなってもサラリーマンは大変です。

コメントありがとうございます。

>meeさん
はい。今回は鉄分たっぷりです(笑)。N700系は窓が700系より小さいため、窓間隔が広く見えます。
二階建て新幹線(新幹線に限らず、二階建てグリーン車もそうですが)の平屋部分は車両の端にあるため揺れが大きく、小生は避けています。まあ、階段を取るか揺れを取るかですが。日頃乗る電車でも、小生は車両の端が嫌いですぐ中央部分に行くのですが、カミさんは端が好きで、小生と一緒に乗るとカミさんは不満そうです。
中央線の新車E233系の運転席をしげしげと眺められるようでは、かなり鉄がお好きですね。E233系は通勤電車なのに近郊型と同じ大きな運転席がついており、T急の人が、うちであんな広い運転席を取ったら、お客さんが怒り出す、と言っていました。
小生の今日の行き先、ひょっとしたらその会社かもしれません。

鉄記事、大変楽しませて頂きました。
そうなんですか、乗り心地の違いですか。そういや東海道を走る新幹線は、いつも何やらやってますもんね。振り子車両はどうでしょう?好みが分かれる所ですよね。

①乗り心地、スムーズな走行感なら振り子
②これぞ列車ぞ!を求めるならダンパ無し、カーブは減速の自然法則の遠心力走行

仕事がらみなら①を選択、のんびり個人旅なら②ですね。

>digiさん
振り子車は日本でいろいろ走っていますが強制振り子車はまだ無く、N700系が初めてですね。果たしてどんな乗り心地なんでしょう。制御付きも含めて自然振り子車はSカーブに弱く、線路の改善が進んでいないとかえって乗り心地が悪くなります。中央線の「スーパーあずさ」がその悪い例です。良いのはJR四国で、あそこの乗り心地はすばらしいですね。

鉄分の多い私から補足
振り子と車体傾斜はかなり異なり、後者は私鉄初の名鉄2000系が実用化中です。
中央西線での振り子は茶筒をコロに乗せた感じで曲線で安定、逆に直線時の共振がすごいです。車体傾斜は空気ばねにエアーを出し入れするより精密制御で欠点が少ないです。
700系の横G私も感じます。もともと東海道は210km/h設計の曲線が多く、最高270km/h出すのだから、目一杯の速度で旋回していると思います。N700はR2500の曲線を270km/hで旋回するとの事。以上C肝+の患者より

>よしさん
コメントありがとうございます。あえて反論しますが、車体傾斜は「強制振り子装置」で、広義の振り子に入ります。最近は振り子=自然振り子(制御付きも含む)で、強制振り子というのは、忘れ去られていますが。自然振り子が実用化する前、小田急が強制振り子(車体傾斜)の試験をやっていましたが、実用化せずそのままになっています。
中央西線は乗ったことがありませんが、中央東線はポイントでのSカーブが多く、振り子車はかえって揺れる結果になっていました。その点JR四国は一線スルー化をやった後に振り子車を導入したので、乗り心地が良いです。中央西線は381系から383系に変わって、乗り心地が良くなったと聞きましたが、実際はどうなのでしょう。
東海道新幹線も「のぞみ」が走り始める頃あちこち改良したようですが、元々210km/hの設計で、しかもカントを増加できないところや線路を移動できないところが多々あり、限界があると聞いています。

納得いたしました。
N700系乗ってみたいです

>よしさん
JR四国の2000系は内子線の大カーブを、車体を傾けて高速で旋回していましたが、車体を傾けているせいか横Gは感じませんでした。N700系はどんな旋回を見せてくれるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/15347167

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線の乗り心地:

« 純正品の購入先 | トップページ | 撮りだめと積ん読 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ