« 野球体育博物館 | トップページ | ピッコロ四重奏曲 »

2007/06/25

コンタクトが白内障?

2007年6月25日

久しぶりに、眼科の診察に行ってきました。2ヶ月間が開くと、久しぶりという気がします。いつもの視力検査ですが、見えません。視力は0.1未満なので、Cの字を書いた板を持って検査表より手前に立ってもらうのですが、いつもは真ん中よりちょっと後ろあたりです。今日は真ん中に立っても見えません。かなり手前に来ると見えるので、全く見えなくなったわけではありません。

1ヶ月くらい前からコンタクトの濁りがひどくなり、中心部の色が茶色になって、サングラスみたいになっていました。これが自分の水晶体なら、色は違いますが白内障です。ちょうどいつもの眼鏡屋さん(から派遣された、検眼技師さん)がいたので、コンタクトを見てもらいました。半年でここまで色が着くのは、異常だとのこと。有料とのことですが、検査に出しました。診察でS先生が、眼底がきれいなのに急に視力が落ちたのを不思議がっていたので、コンタクトの着色の件を話しました。S先生も聞いたことがないとのこと、やはり何か異常があるようです。

検査には1ヶ月かかるので、帰宅後予備に買っていたコンタクトをおろしました。ソフトコンタクトの未使用のものは、まるで注射薬のようなバイアルに入っており、生理食塩水の中で全く見えません。見えないものを出すのですから、出すのにも一苦労。少しずつ食塩水を取り除き、手のひらに開けて手触りでやっとわかりました。装着すると、今まで見えなかったものが良く見えます。やはりコンタクトの透明度は、大事です。

次の診察は3ヶ月後の9月、そろそろ収束です。

« 野球体育博物館 | トップページ | ピッコロ四重奏曲 »

ぶどう膜炎治療記」カテゴリの記事

コメント

コンタクトもレンズですから、メンテナンスも繊細さが要求されますね。見る見えないに直結するので、ご苦労が忍ばれます。異常な着色は何なのでしょうね?気になりますね。まるでカメラのレンズ焼けみたいです。

心臓の記事を読んで、知り合いに訪ねてからコメントをと思って、今日また訪問したらもう話題はこんなに先に進んでいました(^_^;)。その方は20年近く前に生体弁から機械弁への手術を受けたのですが、その後歯医者では必ず抗生剤が出たそうですが、数年前に歯医者を変えてからは出ないそうです。抜歯などの治療時には数日前からワーファリンを中止するそうです。薬との兼ね合いでカリウムを制限されているようです。風邪の時にも弁の感染防止に必ず抗生剤を出す医師もいれば、出さない医師もいるとかで、対応もまちまちだそうです。年齢は今60歳だから、40歳位での手術でしたが、今はすっかり孫が一番のおばあちゃんをやっています。と一所懸命勉強してきましたが、もう一度南海さんの記事を読むと、やはり南海さんの方が詳しそうですね。
コンタクトは私も直ぐに茶色く汚れが付き(と言っても一年は持ちましたが)、こんな事なら使い捨ての方が経済的だと思ってわんでーに変えたのですが、治療用には使い捨ては無かったのですよね。原因がはっきりしてくれるといいですね。
北海道の旅、現地だけではなく列車まで楽しんでしまうんですね。羨ましい…
長いばかりのコメントで失礼致しました。
あっ、そうそう、ホルステイン美味しかったです。ありがとう。

コメントありがとうございます。

>digiさん
コンタクトは長いこと使っていると色が着いてくる、というのは聞いていたのですが、あまりにも早く、濃い色でした。いやあ、新しいコンタクトに変えたら、良く見えること!ただ半年しか持たなくても1年に4万円強ですから、毎日の使い捨てよりは安いです。

>chokoさん
長文、ありがとうございます。普通は月曜日は更新しないのですが(^_^;。
心臓弁の感染防止の抗生剤は、実は保険が利かないのです。保健は「治療」に限定され、「予防」は対象外なのです。本当は予防にお金を使った方が、トータルの医療費は安いんですけどね。そんなこんなで歯科医師の判断が分かれ、理由を付けて保健で薬を出すところと、よっぽど要求されないと出さないところと、小生が通っている歯医者のように、自費と保健と一回おきの所とがあります。感染するとかなり大事になるそうで、自己防衛しないとダメだ、と心臓病の会議室に書いてありました。
機械弁はワーファリンが必須ですね。抜歯などの時には止めなければいけませんが、その間は血栓が起きやすくなるそうです。このあたりは、memoreさんがお詳しいです。

なにやら私を呼ぶ声が・・って、誰も呼んでいませんよね。(笑)勝手に来てしまいました。(^^;)chokoさんのお知り合いの方と同じ私も19年前に生体弁から機械弁に入れ替えたのですが、その頃から生お仲間さんにしっかりと歯科で抜歯や虫歯治療で、血の出る治療は、ワーファリンを数日前から止める事や抗生剤を服用の事も教えて頂き、余り、歯医者に縁がなかったお陰で、すごい昔に、歯科治療で、もしかしたらワーファリンを止めた事があるかもです。記憶が曖昧なのですが。(^_^;)生お仲間さんも現在もきちんとワーファリンを止めて、抗生剤を服用して歯科治療をされています。やはり、出血やバイ菌が怖いですからね。風邪の時も熱がある時はやはり抗生剤を飲んでいます。でも、風邪の時だけは、先生により、抗生剤を出したり出さなかったりがありました。私も来月にもしかしたら、ワーファリンを数日間止めるかもです。ただ、生お仲間さんと違って、不整脈があり、更に、血栓弁で倒れた事が、ワーファリンを数日間止める事に、怖さがあります。心臓の先生におまかせするしかないのですが、歯も大切ですし・・今回は、深い所の歯石取りでということです。抜歯、虫歯治療なら、肝も座りそうですが、?(^_^;)歯石取りで切開でワーファリンを止めるとなると、堂々廻りしてしまい・・(^_^;)でも、なによりも人工弁や私の身体を知りぬいている先生が、止めても大丈夫だと言われたら、安心して治療ができると思います。ごめんなさい。長々と・・。カリウムの制限もあるのですか。勉強になります。chokoさんありがとうございます。(^^ゞ予防での抗生剤が保険が効かないのは初めて知りました。私の方では効いています。私も近視なので、コンタクトをしたかったのですが、ドライアイなので、しない方がいいと言われ、たまにメガネです。コンタクトの色が変わるのですか。南海さんのメガネ姿は知っていますが、コンタクトとなると、また感じが違うのかな。(^^ゞ長々とごめんなさい。

>memoreさん
密かに呼んだのですが、聞こえましたか!さすがです。歯石を取るときでも、ワーファリンを止めるんですね。確かに結構血が出ますからね。
memoreさんのように、すでに弁を取り替えられた方は保険が利くのでしょうが、小生のように「逸脱している弁は、感染しやすいから気をつけろ」と言われている段階では、保険適用にならないようです。そのあと、「感染すると弁修復ができなくなり、生体弁か人工弁に交換になるよ」と言われると、自費で払ってでも抗生剤をもらいます。感染が弁だけに止まらなくて内膜まで行けば、まさに大事になりますね。
実は小生のコンタクトは水晶体の代わりなので、コンタクトを付けて、その上から眼鏡をかけているんです。残念ながら(?)見た目は同じです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97180/15556258

この記事へのトラックバック一覧です: コンタクトが白内障?:

« 野球体育博物館 | トップページ | ピッコロ四重奏曲 »

フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ