« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/30

ピッコロ四重奏曲

2007年6月30日

久しぶりにNHKホールに行ってきました。「のだめ」のあおりでチケットを取るのに苦労した、N響の定期演奏会です。開場前に着いたら、「本日は当日券の販売はありません」との張り紙、この当日券は指定席の残席を格安で売り出すのですが、今日はどうやら完売のようです。ところがそこへ当日券の常連らしき女性の一団、「えーっ、売ってないの?」「なんで?」係員を捕まえて聞いていましたが、どうやら残席販売のシステムをわかっていなかったようです。

NHKホールの定期演奏会の時は、開演前に室内楽の演奏があります。会場が2時、室内楽の開始が2時15分。会場と同時に入ってまず座席を確かめ、一息ついて室内楽の会場に行ったところ、椅子席はすでに満員、立ち見です。以前だったらとても30分の立ち見は耐えられなかったのですが、体調が良くなるとこういうことも平気になります。ただし片目でバランスが悪いため、壁に寄っかかれる場所を選びます。

曲目はフルート/ピッコロの菅原さんを主役とした、ピッコロ四重奏曲。ピッコロ四重奏曲を聴くのは初めてです。1曲目はモーツアルトのフルート四重奏曲をそのままピッコロで演奏するピッコロ四重奏曲。ピッコロがこんなに柔らかいメロディーを吹けるとは、初めて知りました。考えてみればピッコロの音域はフルートの「たった」1オクターブ上なので、フルートの中音域はピッコロの低音域としてそのまま吹けます。オーケストラの中ではあまり聞くことのないピッコロの低音域を楽しみました。2曲目のダマレの「白つむぎ」は編曲版でした。しかしこの時の司会者(女性)は、曲の構成から演奏者の経歴まで、原稿無しですらすら紹介しました。おそらく隣(NHK放送センター)から借りてきたプロでしょう。

本番はベートーベンの6番と7番の交響曲、土曜日のせいか、曲目がポピュラーなせいか、それとも「のだめ」の影響か、子供連れ(それも男の子!)が目に付きました。会場は超満員、やはり「のだめ」恐るべし。

ヘッドホンで聴くCDと生演奏の違いは、重低音にあるようです。やはり重低音は耳だけではなく、身体全部で聞いているのでしょうか。自宅に重低音の出るスピーカーを置いて鳴らしたら、集合住宅の場合は追い出されます。

今日の演奏、「田園」の初っぱなのオーボエソロで、名手茂木さんがとちる(音程がふらつく)という珍しいミスがありました。そのあおりを受けたのか、管楽器があちこちよたよた、名手揃いのN響では珍しくはらはらしました。さすがに休憩後の7番では立て直し、怒濤の弦に名手の管が挑む、N響らしい大迫力の演奏を聴かせてくれました。指揮のアシュケナージは、今日が音楽監督としては最後のステージだったようです。

2007/06/25

コンタクトが白内障?

2007年6月25日

久しぶりに、眼科の診察に行ってきました。2ヶ月間が開くと、久しぶりという気がします。いつもの視力検査ですが、見えません。視力は0.1未満なので、Cの字を書いた板を持って検査表より手前に立ってもらうのですが、いつもは真ん中よりちょっと後ろあたりです。今日は真ん中に立っても見えません。かなり手前に来ると見えるので、全く見えなくなったわけではありません。

1ヶ月くらい前からコンタクトの濁りがひどくなり、中心部の色が茶色になって、サングラスみたいになっていました。これが自分の水晶体なら、色は違いますが白内障です。ちょうどいつもの眼鏡屋さん(から派遣された、検眼技師さん)がいたので、コンタクトを見てもらいました。半年でここまで色が着くのは、異常だとのこと。有料とのことですが、検査に出しました。診察でS先生が、眼底がきれいなのに急に視力が落ちたのを不思議がっていたので、コンタクトの着色の件を話しました。S先生も聞いたことがないとのこと、やはり何か異常があるようです。

検査には1ヶ月かかるので、帰宅後予備に買っていたコンタクトをおろしました。ソフトコンタクトの未使用のものは、まるで注射薬のようなバイアルに入っており、生理食塩水の中で全く見えません。見えないものを出すのですから、出すのにも一苦労。少しずつ食塩水を取り除き、手のひらに開けて手触りでやっとわかりました。装着すると、今まで見えなかったものが良く見えます。やはりコンタクトの透明度は、大事です。

次の診察は3ヶ月後の9月、そろそろ収束です。

2007/06/23

野球体育博物館

2007年6月23日

珍しくカミさんと二人で出かけました。行き先は野球体育博物館、新聞のサービスで、招待券が手に入ったものです。野球体育博物館は野球殿堂と併設で、東京ドームの一角にあります。入ってみると一角にあったのは入口だけで、実際の展示スペースは地下で、ちょうど観客席の下にあることになります。07062308a


収蔵品が多いので時々展示替えをしているようで、今回の企画展は名選手が使った用具です。年配の方は「川上の赤バット」、「大下の青バット」という話を聞かれたこともあると思いますが、その赤バットと青バットを実物で、と言うより今までカラー写真でも見たことがなかったので、色を初めて見ました。青バットは何と、緑色でした。日本語の「青」はずっと現在の緑色で、それがブルーを指すようになったのはおそらく戦後になってからだと思いますが、展示されていたバットには「1947年頃」と解説がありましたので、まだまだ「青」と言えば緑色の時代だったのでしょう。

野球殿堂の部分は毎年追加されていきますが、野球体育博物館の方は毎年大幅に展示替えを行っているようです。ひいきのチームがあったら、そのチームが優勝した翌年に行けば、そのチーム関係の展示がたくさんあります。

話は変わりますが、先日北海道旅行の周遊券が届いたのですが間違っており、昨日変更にJ○Bまで行ってきました。今回は網走まで行くので札幌・道東周遊券が必要なのですが、送られてきたのは札幌・道北周遊券、帰りの飛行機は女満別発ですから、道北では周遊券として成立しません。まあ、道東の方が高いので、J○Bとしても文句はないでしょう。差額は6千円と思ったら、5千数百円です。果てと思って調べてもらったら、先にもらった周遊券の帰り券が小樽回りになっていました。北斗星ですから、正しくは室蘭線回りです。J○Bの担当者はひたすら平身低頭、帰りに手みやげでもらいました(^^)v。

帰ってからじっくり見てみたら、東京から南千歳までの乗車券は、新幹線経由の方が約20%安いです。これは盛岡から八戸までの在来線が第三セクターになったせいで、その分だけ地元の人には高運賃を強いていることになります。やはり小生は、これ以上の新幹線の延長は不要と思います。

2007/06/18

心エコー

2007年6月18日

午後から会社を休み、心エコーを撮りに行ってきました。前回は2006年2月、その前は2005年5月頃ですので、一応毎年検査をやっています。2005年はちょうどペグリバの真っ最中だったので心臓に負担がかかり、LVDs(収縮時の左心室内径)が40近くになり、大騒ぎになりました。40と言えば、手術適用の数値です。次の2006年ではLVDsが27(ほぼ正常値!)まで改善し、あっけにとられたものでした。今回はまだ検査だけですが、話は何やら聞こえてきます。どうやら32というのがLVDsらしいです。とすれば、まあまあですね。その他EFという数値があり、車で言えば圧縮比なのですが、これについては前回はっきりは聞いていません。次の診察で聞いてきます。逆流度は二人の先生(技師さん)が「2かなあ」「巻き込みを入れると3ですね」とか言っていたので、3にしても2に近い3のようです。手術をいつしたが良いのか、それとも手術をしないで逃げ切れるのか、いろいろ聞くことが多そうです。

小生は今僧帽弁が逸脱しているので心臓が感染しやすく、歯科治療の時には抗生剤を飲むように言われています。これは人工弁にしたら関係なくなるのかと思っていましたが、心臓病の会議室「たけしの部屋」を久しぶりに覗いたところ、「生体弁は感染しやすい」「いや人工弁も感染しやすいので、歯科治療に抗生剤は必須だ」というような書き込みがありました。どうやら一度心臓弁膜症になると、弁の手術をしようがしまいが、歯科治療の時の感染防止の抗生剤は、一生ついて回るようです。

昨日J○Bから帰りの北斗星のB個室が取れたと電話があり、7月の北海道行きの指定席は全部取れました。そのため今日切符を取りにJ○Bまで行ったのですが、周遊切符の発売に時間がかかり、切符は後日送ってもらうことになりました。その時小生が「行き帰りの特急券も割引になるのでは?」(帰って調べて見たところ、割引になるのは乗車券だけ)と余計なことを言ったため、係の女性は大混乱をしていました。申し訳ありません。まあ北海道乗り継ぎ割引を見逃していたんですから、おあいこですね。ただ周遊切符の発売は駅の旅行センターが早く、その場であっという間に作ってくれます。

2007/06/16

特許調査は腰痛の元

2007年6月16日

小生の職場はR&Dで、やっていることが新規事業となれば、特許調査は避けて通れません。このところずっとサボって先送りしていたのですが、とうとうやらざるを得なくなりました。なぜ今までサボっていたかというと、ともかく特許の資料は重いのです。厚さ10cmのパイプファイルが2冊、それにもう少し薄いのがぞろぞろ。会議室など広い机で店開きすればよいのですが、最近は始末の悪いことに特許庁の電子図書館で経過情報(特許として成立したか、却下されたかなど)が簡単に手にはいるのです。おかげで自分の机(と言うより、パソコン)から離れられず、床に置いた厚いファイルを上げたり降ろしたりの作業になります。

椅子に座っていてその姿勢で床から重いものを持ち上げるのは、一番腰痛の起こりやすい作業です。おまけにその作業をやる前に(場所を空けるため)、厚さ15cm分のマニュアルを書棚の、それも一番上に片付けたのもいけませんでした。やっぱり腰痛が起きました。

小生の腰痛は、山形で腰を痛めて以来、起こるのは左側なのですが、今回は右側です。これは一過性の疲労性の腰痛なので、寐る前に腰痛体操(腰のストレッチ)をしっかりやったところ、一晩で治りました。07061610a


ところが今日(土曜日)、カミさんの「紫陽花も見頃は一週間」との声についふらふらとカメラを持って出かけました。井の頭線値沿線を歩き回りましたが、昨日の今日で慣れないことをやったため、また少し腰痛が再発したようです。明日はしっかり休みます。箱根登山鉄道が「あじさい電車」として有名ですが、井の頭線の沿線にも結構ありますね。本当は雨上がりの曇り空の方が、紫陽花の色はきれいです。

2007/06/13

これ捨てろーる

2007年6月13日

先日の会社の健康診断の結果が帰ってきました。今回は不整脈と心雑音以外は、何もないはずです。まずBMI=22.3、優秀。GOT=19,GPT=14、どうやらC肝虫は完全にいなくなったようです。その他白組紅組とも正常値。去年は入院中で受けられず、一昨年はIFN中だったため、前回の血液検査結果はGOT/GPTは正常値に入ってはいるものの、その他はメタメタでした。そこは終了後1年半以上経っていますので、すっかり回復しています。

今回胸部X線所見で初めて「左上野胸膜肥厚」という記載がありました。元々若い頃の胸膜炎で左肺は癒着しており、毎回「左下野胸膜癒着」とは書かれていたのですが、上野は初めてです。今日行きつけの内科医にいって聞いてみたところ、そこのカルテには以前から左上野も記載がありました。逆に、何で今頃初めて書かれたのか、という感じです。これも若い頃からのもので、特に問題なしです。集団検診は見落としが多いのですが、やっと今頃引っかかったのでしょう。しかし小生の心雑音は会社の検診で最初に見つかったので、集団検診と言えども侮れません。

そのほかでは、それこそ生まれて初めてコレステロールが基準値をオーバーしました。ごくわずかで、それこそかすったくらいなのですが、総コレステロールとLDLコレステロールが上限を超えています。2年前にはHDLコレステロールが逆に下限値を切っていたのに、えらい変わりようです。体調が良くなって食が進むようになったのに、心臓のことを考えて運動を控えているのが原因でしょう。行きつけの内科医も、「多少の運動は良いんじゃないですか」と言っていますので、これから少し動き回るようにします。前回の続きになりますが、本の積ん読がまたまた増えます。おまけに、miyaさんのブログにあった「孤高のメス」、とりあえず1巻だけ買ってきました。いつ読むんだろう(^_^;。

2007/06/10

撮りだめと積ん読

2007年6月10日

体調が良くなり出歩くことが増えると、撮りためていたビデオがはけなくなります。それ以上に、本が「積ん読」状態になっています。ビデオはカミさんの方も同様で、ハードディスクビデオにしてたっぷり、しかもVHSを併用すれば2つ同時に録画できるようになったため、ますます撮りだめが増えています。

今日はたまたま午後二人揃って家にいたため、長い番組を消化しようということになり、5月4日にNHKで放映された、歌舞伎のパリオペラ座公演のビデオを見ました。演目は勧進帳と紅葉狩りで、間に口上が入ります。この模様は実はバレエ雑誌に紹介されていたのですが、あらためて見てみると歌舞伎とクラシックバレエの共通点に気がつき、バレエ雑誌で紹介されたわけもわかります。びっくりしたのは口上で、全員フランス語、それも團十郎丈はかなりの長台詞です。いやあ、感心しました。

そんなこんなで、今週小生が撮りだめした中で消化したのは30分だけ、1時間番組2本が先送りになりました。おまけに本がまた1冊増えました。最近病院に行く回数が減ったので、本がはけません(何のこっちゃ)。

2007/06/07

新幹線の乗り心地

2007年6月7日

刈谷まで日帰りで往復し、今帰ってきました。行きは一日に数本しかない豊橋停車の「ひかり」で、そこから快速に乗り継ぎ、帰りは名古屋に一旦出て「のぞみ」で帰ってきました。

一日に乗り比べると、300系と700系の乗り心地の違いがよくわかります。小生は元々「めまい」の持病がある上に、目が悪くなってバランスが悪くなり揺れに弱くなったこともあって、車両の乗り心地(揺れ)に非常に敏感になっています。JRは旧国鉄時代から揺れ防止のため高速車両には車体間上ダンパを付けていますが、700系は(500系から)この上側のダンパに加えて下側にも左右2つのダンパを追加しています。この3つのダンパが乗り心地の向上に大きな効果を出しており、300系と比較した700系の乗り心地の良さに繋がっているようです。

逆にJR東のE2系は、この旧国鉄151系から始まった車体間ダンパをなぜか省略しています。八戸延長時に増備された1000番台では下側ダンパが追加されたのでずいぶん乗り心地は改善されたようですが、長野新幹線に走っている旧型はそのままで、はっきり言って乗り心地は悪いです。乗り心地に関しての対策はJR東日本よりJR東海の方が一日の長があるようで、帰りに名古屋まで乗った在来線313系5000番台は車体間下ダンパを装備しており、良い乗り心地でした。

帰りに名古屋駅で試運転中のN700系を見ました。N700系は強制振り子装置(車体傾斜装置)を装備しているため、700系でも強いと感じる横Gが改善されるようです。近く営業運転が始まるようで、これも楽しみです。700系の欠点であるトンネル突入時の蛇行動も改善されると良いのですが。

2007/06/03

純正品の購入先

2007年6月3日

小生のコンタクトは東レ製ですが、前にも書いたように、洗浄剤はやはり純正品の方が汚れがきちんと落ちるようなので、今はまた純正品に戻して使っています。ところがこの純正品の洗浄剤は、まず普通のドラッグストアには置いてありません。今までは病院に月1回行っていたので、病院に定期的に来ている眼鏡屋さんに頼んでおくと翌月には手に入ったのですが、最近は通院が2ヶ月に1回になったのでその手が使えなくなりました。コンタクトを作った眼鏡屋さんの本店は都心も都心の内幸町で、そこまで出かけていく用事はありません。調べてみると小田急の沿線に支店ができたようなので、そこに行ってきました。

小さな駅なのに駅から5分ほど歩いたところに総合病院が2つ並んで立っており(何なのだ!ここは)、その病院の前にありました。小さな、店長さんが1人だけの店です。聞いてみたら、東レの純正品は取り寄せになるとのこと、「うちにあるのはこれだけですが。」と言って出してきたのが、何と東レ製でした。「申し訳ございません。不勉強で。」と店長さんは謝っていましたが、ともかく純正品が近くで手に入るルートが見つかりました。それでも在庫は1本だけだったので、行く前に確認した方が良さそうです。

順序は逆になりますが、眼鏡屋さんに行く前にJ○Bで7月の北海道旅行の周遊切符の手配をしてきました。帰りの北斗星の切符の発売が17日なので、それが取れたら連絡をもらうことになっています。ところが帰りに張り紙を見たら、この支店は7月から土日の営業が休止になります。J○Bは元々法人需要が多いので平日営業だけでもやっていけるのでしょうが、危ないところでした。帰りに近くの本屋の一角にある、これも同じJ○Bの支店を見たら、ここは5月で事前予約(小生のように、発売日前に依頼するもの)を中止していました。周遊切符は発行に時間がかかるため今までJ○Bで手配してきましたが、どうやらJ○Bの利用は今回が最後になりそうです。

旅行ネタ続きですが、カミさんが押し入れの片付けをしたとき、1991年の英国出張の時の写真が出てきました。スキャナでスキャンし、何枚かをホームページの「インターフェロンに挑戦」の英国出張の所に貼り付けてあります。やはりネガからスキャンした方がきれいに取れますね。今回はまだネガが出てこなかったので、サービスサイズの印画紙のスキャンです。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ