« 規格あれこれ | トップページ | シーケンサのはしご »

2007/05/14

新聞記事「免疫抑制剤からC型肝炎ウイルス増殖を抑える成分を抽出」

2007年5月14日

今日(5月14日)の朝日新聞に、「免疫抑制剤シクロスポリンを元に作った物質が、C型肝炎ウイルス(HCV)を押さえることを、東京都臨床医学総合研究所や昭和大学などのグループが見つけた。」という記事がありました。
かなり大雑把に要約しますと、
1)今まで免疫抑制剤+IFNで効果を上げてきた(昭和大学藤が丘病院与芝院長)。
2)だけど免疫抑制剤を使うと、いろいろな病気にかかりやすくなる。
3)免疫抑制剤シクロスポリンから免疫抑制効果を無くした物質(DEBIO025)に、肝細胞に害を与えずHCVの増殖を抑える効果があることがわかった。
4)DEBIO025はエイズウイルスも抑える効果があるので、エイズとC型肝炎との重複感染にも使用できる。

というものです。DEBIO025は飲み薬にできるそうなので、リバビリン同様、IFNとの併用で効果を上げることが、また副作用が少ないことが期待されています。DEBIO025を開発したのはスイスのベンチャー企業だそうですが、製品化するときには体重の少ない人向けに、少量の錠剤(またはカプセル)を作ることを、個人的には期待しています。

なおこの記事はまだアサヒコムには出ていません。アサヒコムのサイエンス記事は新聞に出てから少し時間がかかるようで、もう数日したら検索してみてください。

« 規格あれこれ | トップページ | シーケンサのはしご »

C型肝炎治療記」カテゴリの記事

コメント

どんどん出てこい新薬。まだ検索してもでてこないみたい。

免疫抑制剤を併用した治療の開発は複数あるらしいですが、朝日はいつもこちらを取り上げますね。数年前だから進捗があったと期待したいです。別の方は頓挫気味なのか、両手を挙げて成功という状況でもなさそう?なので、和尚先生(与芝先生は別名をお持ち)に期待したいです。

携帯からのコメントだと、反映されるのにタイムラグがあるようで、ダブりましたm(_ _)m ひとつ削除お願いします。

私もその記事読みました。私の飲んでいる免疫抑制剤は、プログラフですが、シクロスポリンの方が、C肝にはより効くのではないかと、以前から聞いてはいました。ただ、シクロスポリンは腎毒性など副作用もあり、どうなのかとは思っていました。DEBIO025はポーランドで臨床試験が始まり、成果が期待されますね。プロテアーゼ阻害剤にしろ、エイズの治療薬とC肝の治療薬は、重なるのかもしれません。

コメントありがとうございます。

>ばんばんさん
今日(15日)検索しても、ありませんでしたね。新薬に期待です。

>miyaさん
片方の記事を削除しました。検索すると、慶応なども出てきますね。今回は海外の雑誌に発表したというタイミングで記事にしたらしいです。和尚先生に、期待しています。
関係ない話ですが、朝日はうちの新製品はちっとも記事にしないのに、ライバル会社の新製品はすぐに記事にすると、担当者は思っています(笑)。

>yuriikaさん
どなたか記事にされるかな、としばらく見ていたのですが、誰も記事にされていなかったようなので書きました。本当はアサヒコムに出たあとの方が、詳細の紹介はしやすかったのですが。
ポーランドの臨床試験に期待ですね。日本でも治験が始まると本格的になってくるのですが、卒業してしまったため治験の情報が入らなくなりました。

度々お邪魔しますm(_ _)m
私は新聞で見ましたが、アサヒコムにまだ出ていないようなら、東京都臨床医学総合研究所
http://www.rinshoken.or.jp/
のこちらのサイトに画像で出ています。
http://www.rinshoken.or.jp/hotnews/070514/070514.jpg
最近は、公的研究所もニュースリリースとしてすぐアップする所が殆どです(^-^)

スミマセン、最近はブログ時間がとれず記事に書けませんでしたm(_ _)m
とここでフォローするぐらいなら書けましたね(大汗;)

>miyaさん
へへへ。miyaさんの所は2,3回確認しに行きました(^_^;。
東京臨床医学総合研究所、ああいう紹介の仕方もあるんですね。著作権に引っかかるので、新聞社の了解を取らなければいけませんが。
サイトへのリンクは、ココログベーシックではできないようです。追加料金を払っていないせいで、ご迷惑をおかけします。

新薬の開発が進んでいるのですね。心強いです。ペグリバより副作用が少なくて効果が高いものになるといいですね。
記事は全く知りませんでした。
紹介有難うございます。

>ブルさん
ペグリバと言えどもまだ完全ではないので、新薬の開発が進んでいるのは心強いです。本文にも書きましたが、少量の錠剤かカプセルが出ると良いですね。
アサヒコムには、結局出ていません。miyaさんの書かれたアドレスに生の記事があり、それが一番の生情報源です。

年令66才(男性)
C型肝炎1型b
治療前ウィールス量10600
現在36週目(ペグリバ)
8週目陰性化現在まで持続
いつもブログ拝見しております。
大いに参考になっています。
一度でもお礼を言いたく、ご連絡申し上げました。
今後ともよろしくお願い致します。

>ヒロさん
いらっしゃいませ!どうもありがとうございます。1bの高ウイルス量ですが、8週目で陰性化して継続ならば、期待できますね。これからが胸突き八丁ですが、無理せずに乗り越えて下さい。こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» タミフル 副作用 [タミフル 副作用]
タミフル 副作用について調べました。自分は介護の仕事をしており、そこでもインフルエンザになった方がいます。タミフル 副作用は予備知識として知っておく必要があります。 [続きを読む]

« 規格あれこれ | トップページ | シーケンサのはしご »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ